千住大橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千住大橋駅
駅入口。画像奥が改札口(2008年2月7日)。
駅入口。画像奥が改札口(2008年2月7日)。
せんじゅおおはし - Senjuōhashi
KS04 町屋 (1.6km)
(1.4km) 京成関屋 KS06
所在地 東京都足立区千住橋戸町11番地1
駅番号 KS05
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 5.9km(京成上野起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
10,134人/日
-2011年-
開業年月日 1931年昭和6年)12月19日
ホームを上野寄りから望む
(2008年2月7日)
駅前を国道4号線が通る
(2008年2月7日)

千住大橋駅(せんじゅおおはしえき)は、東京都足立区千住橋戸町にある、京成電鉄本線である。駅番号KS05

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線で、待避設備(1・4番線)を有する高架駅。成田空港への乗り入れ開始に合わせて改良工事が行われ、現在の形態となった。ホームの有効長は8両分ある。改札階とホームを結ぶエレベーターが設置されている。

かつては急行も停車し、一部の急行列車は緩急接続を行っていたが、2002年10月12日に行われたダイヤ改正より普通列車のみの停車となっていた。その後は朝夕時間帯において優等列車の通過待避が行われていたが、2010年7月17日のダイヤ改正からは快速が当駅に停車し、再び緩急接続が図られている(ただし昼間時は京成上野発着の快速は運行されないため、普通しか停車しない)。

2003年までは行灯式の接近表示器が使われていた[1]が、以降はLED発車標が稼動している。

上野方に下り→上りの渡り線があり、3・4番線からも上野方面へ発車できるように信号が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 京成本線 上り 日暮里上野方面
3・4 京成本線 下り 船橋千葉成田空港京成金町北総線方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。また、現地の案内では、2010年7月5日以降直通列車のない「金町」も表記されている。

利用状況[編集]

2011年度の一日平均乗降人員は10,134人[2]で、京成線内69駅中第36位であった。近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 京成電鉄 出典
1990年 7,663 [3]
1991年 7,680 [4]
1992年 7,600 [5]
1993年 7,479 [6]
1994年 7,159 [7]
1995年 6,951 [8]
1996年 6,745 [9]
1997年 6,542 [10]
1998年 6,356 [11]
1999年 6,142 [12]
2000年 6,019 [13]
2001年 5,921 [14]
2002年 5,921 [15]
2003年 5,858 [16]
2004年 5,718 [17]
2005年 5,636 [18]
2006年 5,225 [19]
2007年 5,273 [20]
2008年 5,436 [21]
2009年 5,408 [22]

駅周辺[編集]

駅前にあるニッピ本社敷地を中心に大規模な都市再開発を事業中である。2014年春に駅南側に交通広場と大規模商業施設が設置される予定である[23]

  • 千住大橋さくら公園

バス路線[編集]

最寄りの停留所は、「京成中組」「千住大橋駅(駅前広場)」である。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局新日本観光自動車東武バスセントラル京浜急行バスにより運行されている。
京成中組

千住大橋駅(駅前広場)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

京成電鉄
本線
快速特急・アクセス特急・特急・通勤特急
通過
快速
日暮里駅 (KS02) - 千住大橋駅 (KS05) - 青砥駅 (KS09)
普通
町屋駅 (KS04) - 千住大橋駅 (KS05) - 京成関屋駅 (KS06)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]