日光交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日光交通株式会社
Nikko-koutsu co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:321-1413
栃木県日光市相生町8-1
設立 1955年5月25日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
タクシー事業他
代表者 代表取締役社長 斑目武忠
資本金 1423万円
従業員数 100名
主要株主 東武鉄道
外部リンク http://www.nikko-kotsu.co.jp/
テンプレートを表示

日光交通株式会社(にっこうこうつう)は、東武グループバス事業者で、栃木県日光市内にて路線バスロープウェイ、貸切観光バスなどを運営している。

東武グループにおけるバスおよびタクシー事業者として、朝日自動車によって朝日自動車グループとして統括されている。

概要・事業所[編集]

  • 商号 : 日光交通株式会社
  • 所在地 : 栃木県日光市相生町8番1号

現在の営業所[編集]

日光営業所
  • 本社併設
ダイヤル営業所
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060

以下の営業所は、公式サイトにも記載が無く、電話帳からも削除されているため、閉鎖されている可能性がある。

鬼怒川営業所
  • 栃木県日光市藤原19
今市営業所
  • 栃木県日光市今市1118
高徳営業所
  • 栃木県日光市高徳465
湯西川営業所
  • 栃木県日光市湯西川666

以前あった営業所[編集]

宇都宮営業所
  • 栃木県宇都宮市上横田町819-3

旧陽南タクシー株式会社を日光交通が吸収合併して宇都宮営業所としていた。以前は小山地区にも営業所があり、タクシー事業を展開していた。

沿革[編集]

事業内容[編集]

定期観光バス[編集]

日光定期観光バス
低公害バス「わたすげ」
タクシー

東武日光駅および鬼怒川温泉駅より発着する日光の社寺華厳滝などをめぐる定期観光路線。

低公害バス(路線バス)[編集]

低公害バスは奥日光戦場ヶ原の赤沼から中禅寺湖畔の千手ヶ浜までの一般車通行禁止区間を往復しており、車両は「わたすげ」「しらかば」「のあざみ」という愛称のハイブリッドバスを使用[1]栃木県立日光自然博物館からの委託により運行されている。

明智平ロープウェイ(日光普通索道)[編集]

  • 明智平 - 展望台(0.3km)

もともとは、「明智平」といろは坂の下にある「馬返」を結んでいた日光鋼索鉄道線ケーブルカー。1970年(昭和45)4月1日廃止)やパノラマレストハウス(ドライブイン)などと共に東武鉄道が所有・運営していたが、1985年(昭和60)4月1日に譲渡された。

ダイヤルバス(鬼怒川地区一般路線バス他)[編集]

2008年に鬼怒川地区を営業拠点としていた東武ダイヤルバス株式会社(東武グループ)を日光交通が吸収合併した。現在はダイヤル営業所として貸切バスのほか、一般乗合路線も運行する。なお、ダイヤルバスとは鬼怒川温泉一帯のホテル旅館の共同送迎バスが本業で、ブランド名の「ダイヤル」はタクシーのように電話で配車を依頼することから名づけられた。

ダイヤル営業所の一般路線[編集]

タクシー[編集]

5人乗りのセダンタイプと9人乗りのバンタイプで運行されている。観光モデルコースも存在する。

車両[編集]

特にダイヤルバス営業所の車両は東武ダイヤルバスの車両を引き継いで営業している。「TDB」の表記変更も行っておらず、車体の社名表記部分(左側面後部等)には「日光交通ダイヤルバス」と書かれ、日光交通本体と差別化されている。

日野自動車いすゞ自動車が大半を占め、塗装は6種類が混在する。略記は"TDB"(Tobu Dial Bus、合併前)/"NIKKO"(合併後)。

  • オリジナル:白と朱色、腰部に朱色の帯。ホテル送迎バスは波状の帯が入る。
  • 朝日自動車標準色(路線車):白に赤と青の帯。東武ダイヤルバス時代及び日光交通合併後も導入されている。
  • 東武バス標準色
    • 路線車:クリーム色にオレンジとワインレッドの帯。東武ダイヤルバス時代のみ。
    • 観光格下げ車:白地にワインレッドからオレンジのグラデーション。東北急行バス国際十王交通両毛観光バス朝日自動車からの中古車もある。
    • 観光格下げ車(旧塗装):白地に紺と藤色の帯。東武ダイヤルバス時代のみ。
  • 阪東自動車標準色(路線車):白地に青の風船状のデザインと緑の木の葉状のデザイン。合併後に導入。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]