鬼怒川温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼怒川温泉駅
駅舎・駅前広場(2008年10月)
駅舎・駅前広場(2008年10月)
きぬがわおんせん - Kinugawa-onsen
TN 54 小佐越 (2.5km)
(2.1km) 鬼怒川公園 TN 56
所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390
駅番号 TN 55
所属事業者 東武鉄道
所属路線 鬼怒川線
キロ程 12.4km(下今市起点)
電報略号 キヌ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
3,048人/日
-2012年-
開業年月日 1919年大正8年)3月17日
改札口・自動券売機コーナー(2008年10月)
小佐越側から見たホーム全景(2008年10月)
停車中の「AIZUマウントエクスプレス」(2006年3月)
駅前広場中央に立つ「鬼怒太」像(2008年10月)
駅前広場の足湯(2006年3月)

鬼怒川温泉駅(きぬがわおんせんえき)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある東武鉄道鬼怒川線である。駅番号はTN 55

駅周辺には鬼怒川温泉街が広がっている。浅草方面からの特急きぬ」、新宿方面からの特急「(スペーシア)きぬがわ」や、会津若松方面からの快速AIZUマウントエクスプレス」等の始発・終着駅となっている運用上の主要駅である。

歴史[編集]

  • 1919年大正8年)3月17日 - 下野軌道下滝駅として開業。
  • 1921年(大正10年)6月6日 - 下野軌道が下野電気鉄道に改称、下野電気軌道の駅となる。
  • 1922年(大正11年)3月19日 - 移転し、大滝駅に改称。
  • 1927年昭和2年)2月19日 - 鬼怒川温泉駅に改称。
  • 1943年(昭和18年)5月1日 - 東武鉄道が下野電気鉄道を買収。東武鉄道の駅となる。
  • 1964年(昭和39年)10月8日 - それまでの位置(旧藤原町役場付近)から下今市駅方に1.2km移転した現在地に当駅を新設、この日より営業を開始[1]
  • 1991年平成3年)頃 - 1・2番線の上り列車限定で発車メロディを導入[2]
  • 2006年(平成18年)3月18日 - JR線直通「(スペーシア)きぬがわ」の運行を開始。駅舎・駅前も改修される。
  • 2014年(平成26年)3月16日 - 発車メロディを「東武ワールドスクウェアテーマソング」をアレンジしたメロディに変更[3]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅。駅舎は線路の西側にある。駅舎側の1番線ホームは行き止まり式で、下今市方面のみ発着可能。1番線の車止めの先に駅舎と1・2番線ホームを連絡するスロープがあり、3・4番線ホームとは跨線橋により連絡している。

また、鬼怒立岩信号場と当駅の間は、複線となっている。

野岩鉄道会津鬼怒川線会津鉄道会津線直通の「AIZUマウントエクスプレス」と特急は、原則として同一ホーム上で対面接続するようにダイヤが設定されている。

自動改札機設置駅。

1991年頃に1・2番線限定で発車メロディを導入した。東武日光駅と同じ「夜のストレンジャー」であったが、音程の高さが異なっていた。なお、東武野田線大宮駅1番線でも同じ曲を使用しているが、こちらは短縮バージョンである。2014年3月16日より、1番線・2番線の上り特急列車限定で東武ワールドスクウェアのテーマソングをアレンジした曲に変更された[4]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 鬼怒川線 上り 下今市東武スカイツリーライン 春日部北千住
とうきょうスカイツリー浅草JR新宿方面
当駅始発のみ
2 鬼怒川線 上り 下今市・東武スカイツリーライン 春日部・北千住・
とうきょうスカイツリー・浅草方面
 
下り 新藤原野岩鉄道線 会津高原尾瀬口
会津鉄道線 会津田島方面
 
3 鬼怒川線 下り 新藤原・野岩鉄道線 会津高原尾瀬口・
会津鉄道線 会津田島方面
 
4 鬼怒川線 上り 下今市・東武スカイツリーライン 春日部・北千住・
とうきょうスカイツリー・浅草方面
 
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(「東武スカイツリーライン」は愛称)で表記している。
  • 特急列車は1・2番線に発着する。また、「AIZUマウントエクスプレス」は2番線を使用する。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員3,048人である[5]。鬼怒川線の駅では第1位である。

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均乗降人員
2001年(平成13年) 3,684
2002年(平成14年) 3,471
2003年(平成15年) 3,257
2004年(平成16年) 3,122
2005年(平成17年) 2,890
2006年(平成18年) 3,318
2007年(平成19年) 3,220
2008年(平成20年) 3,172
2009年(平成21年) 3,018
2010年(平成22年) 2,972
2011年(平成23年) 2,633
2012年(平成24年) 3,048
  • 2011年度は東日本大震災の影響で、大幅に乗降客数が減少している。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
1 鬼怒川温泉女夫渕線 藤原総合支所前、鬼怒川公園駅川治温泉駅川俣温泉 女夫淵 日光市営バス
2 湯西川線 藤原総合支所前、鬼怒川公園駅、川治温泉駅、湯西川温泉駅 湯西川温泉 日光交通
仲町線 仲町 鬼怒川公園駅
3 日光江戸村線 東武ワールドスクエア園内、小佐越駅 日光江戸村 日光交通
東武ワールドスクエア園内、小佐越駅、新高徳駅おさるの学校 日光江戸村
4 鬼怒川線 東武ワールドスクエア園内、小佐越駅、新高徳駅、JR今市駅 下今市駅 日光交通
藤原総合支所前 鬼怒川公園駅
5 ダイヤルバス   鬼怒川温泉旅館回り 日光交通
6 日光定期観光バス     東武バス日光 事前予約制
10 日光・鬼怒川エクスプレス号 東武日光駅 西参道 日光交通 事前予約制

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東武鉄道
鬼怒川線
  • 特急「きぬ」 停車駅・特急「(スペーシア)きぬがわ」始発・終着駅
快速(「AIZUマウントエクスプレス」も含む)・区間快速・普通
小佐越駅 (TN 54) - (鬼怒立岩信号場) - 鬼怒川温泉駅 (TN 55) - 鬼怒川公園駅 (TN 56)

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション23「東武鉄道 1950~60」より。
  2. ^ 曲名は「夜のストレンジャー」であった。
  3. ^ 東武鉄道、鬼怒川温泉の発車メロディ変更 - セレモニーに尾崎真実さん登場 - マイナビニュース 2014年3月3日
  4. ^ 鬼怒川温泉駅の発車案内メロディが「東武ワールドスクウェアテーマソング」をアレンジした曲に変わります♪ 2014年3月10日 東武鉄道株式会社、東武ワールドスクウェア株式会社
  5. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道

外部リンク[編集]


関連項目[編集]