駅弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR九州肥薩線人吉駅の「栗めし」

駅弁(えきべん)とは鉄道駅列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当のことで、明治18年(1885年)に栃木県宇都宮駅で販売されたおにぎりが初例である[1][2]

起源[編集]

1902年の駅弁販売光景

日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説あるが、1885年7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」がこの日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだものを発売したのが最初とされる(→駅弁記念日[1][2][3]

起源説についてはこのほか以下の例がある。

現在のような折詰に入った駅弁は、1890年姫路駅まねき食品が発売したものが最初との説がある[10]。また農文協(社団法人 農山漁村文化協会)刊行の「日本の食生活全集 28 聞き書 兵庫の食事(1991)」にも「元祖・駅弁--姫路の『まねき』」と題する記述があり、そこでは1889年に姫路駅で発売された物を駅弁の元祖とし以下のように述べている。

…日本初の駅弁は、明治十八年に日本鉄道会社宇都宮駅で売り出されたものというが、これはにぎり飯二個を竹の皮で包んだだけであった。折り箱に入った幕の内風で、その後の駅弁の形をつくり出したのは、この姫路の駅弁が元祖といえる。

この弁当の中身は「たいの塩焼き、伊達巻き、焼きかまぼこ、だし巻き卵、大豆こんぶ煮付け、栗きんとん、ごぼう煮つけ、少し甘みをつけて炊いたゆり根、薄味で煮つけたふき、香の物は奈良漬と梅干し、黒ごまをふった白飯」とされる(同書)。

駅弁記念日と駅弁の日[編集]

宇都宮説による駅弁発売日である7月16日は「駅弁記念日」となっており、数多くの文献・Webが駅弁記念日を紹介する際に宇都宮説を紹介している。

販売形態[編集]

鎌倉駅ホーム上の駅弁販売スタンド
駅弁の立ち売り

最も一般的な販売形態は改札外やホーム上にある駅弁調製業者の売店で、店頭に置いて販売している形である。調製業者が経営する駅構内の立ち食いそば・うどん店キヨスク等調製業者以外が経営する売店などが扱っている場合もある。

このほか、駅構内では駅弁の多く売れる食事時間帯前後に臨時にホーム上にキャスターつきのカートまたは台を置いてその上に駅弁やを陳列して売り子が販売する形態や、かつての駅弁売りの典型的スタイルであった、売り子がたすき)のついた長方形状か高さの低い状の容器に駅弁や茶を入れ、容器を前方に出す形で首から下げホーム上を歩いて掛け声を発しながら販売する「立売」(たちうり)がある。しかしいずれも減少傾向にある。

駅構内のほか、古くから列車(主に優等列車)内の車内販売でも沿線の駅の駅弁が取り扱われている。

後述のように、駅弁とされながら業者が駅構内の販売を取りやめて駅近くの自社店舗等で販売している例もある。

業者によっては電話等で予約し、予約時に乗車する列車と車両を通知すれば当該列車・車両の乗降口まで駅弁を届けて販売するサービスも行なっている。また、そのような予約による販売のみで完全予約制の会席料理と同様の惣菜重箱に詰めた高価な駅弁も金沢駅などにある。

近年では、インターネット等による駅弁の通信販売を取り扱っている業者もある(低温で配送できるクール宅配便の登場による)。

現状[編集]

概要[編集]

かつては停車中に立売りの売り子を窓近くへ呼んで窓越しに購入する方法が主流であったが、現在は窓が開閉できない鉄道車両が増えたために窓越しの受け渡しができなくなったことに加え列車の高速化による停車時間の短縮、目的地への移動時間の短縮、コンビニエンスストアならびにキヨスク(キオスク)の廉価な弁当との競合、駅構内での飲食店の充実(いわゆる「駅ナカ」)、優等列車での車内販売の縮小・廃止などによって駅構内や車内販売での駅弁の売上は減少する傾向にあり、業者の撤退も珍しくない。

なお2005年6月現在、一つの駅で最も多くの種類の駅弁を販売している駅は仙台駅である。

地方の名物とする試み、イベント商品としての拡販[編集]

駅構内で販売される実用的な食事という枠を飛び越え地域の特産品などを盛り込んだ郷土色溢れる弁当としての発展を目指すという方向性が駅弁のひとつの流れとなっている。それらはドライブインサービスエリアデパート、インターネット等による通信販売などでの販売などに販路を広げている。また、駅弁業者が駅弁と同一の商品を近隣の空港空弁(そらべん)として販売する例もある。

この流れで、駅での販売よりも、駅以外の場所での販売が主力になった駅弁もあり、代表例として、ドライブイン・サービスエリアでの販売に重点を移したJR東日本信越本線横川駅の「峠の釜めし」、デパートなどでの販売に重点を移したものとしてJR北海道函館本線森駅の「いかめし」の例が挙げられる。

デパート・スーパーマーケットなどで全国の有名駅弁を集めて販売するイベント、いわゆる「駅弁大会」は人気が高く入荷してから短時間に売り切れることが多い。 鉄道会社がイベントの客寄せに使う例もある。博多駅のように周辺地域(博多駅の場合は九州内全域)の人気駅弁を取り寄せて販売する売店があり、周囲の駅のイベントの際はその場所まで出張販売する例もある。

この手の駅弁大会の元祖は1953年高島屋大阪店が初めで、その後1966年京王百貨店新宿店で開催された「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」で大きく花開くこととなる。全国各地の有名駅弁業者を新宿に集め、その当地でしか食べられない駅弁が一同に集うというこのイベントは、当時としては非常に斬新であり、大盛況となった。現在では京王百貨店新宿店の正月恒例の一大イベントとして定着しており、異様なまでの盛り上がりを見せている。駅弁が旅先での一介の食事から、全国的知名度を持つ名物へと認知されるきっかけともなったイベントであった。

新機軸の導入[編集]

特殊な装置のある弁当の例としては、1988年神戸市の「淡路屋」が化学メーカーと組んで開発した生石灰と水の反応熱を使用した加熱装置を組み込み、食べる前に紐を引いて加熱する駅弁を売り出した例がある。この加熱装置付き駅弁は淡路屋だけでも現在6種類が発売されており、また駅弁業者のグループを通じて利用を呼びかけた事から淡路屋以外にも追随した業者がある[11]

コストダウンの試み - NREの「O-bento」[編集]

弁当そのものを製造原価の安い日本国外で調製し、日本まで冷凍して運び解凍して販売することで、コンビニ弁当などと対抗することを目指した駅弁が開発されたことがある。JR東日本関連会社の日本レストランエンタプライズが販売した「O-bento」がそれで、販売当初は売上げを伸ばしたがBSE問題により牛肉関連弁当の製造、輸入中止に追い込まれてから売上げが激減したため2007年10月までに在庫切れ分で販売を終了している。ただしこの「O-bento」は既存の駅弁とは大きくスタイルの異なる商品であり、一般的な駅弁のイメージに合致するものではなかった。

駅弁調製業者の現況[編集]

駅弁調製業者は、大きく2分極化している。

一方に、駅弁専業あるいは駅近隣の旅館などの内職として作られ続けてきた駅弁がある。それらの調製元は小規模零細の業者がほとんどであり、衰退傾向にある。近年に駅弁から撤退した業者、あるいは廃業した業者のほとんどは、こちらのカテゴリーに属する。2010年、大都市である大阪駅などで営業していた水了軒が事業停止・破産に追い込まれているほか、九州新幹線全線開業前の2010年12月31日で駅弁の駅売りを終了して事業停止・破産した博多駅寿軒や2009年に事業停止した水戸駅の鈴木屋(2010年に廃業)などがこれに該当する。ただ、駅構内からは撤退したものの、その後も駅の外(本店)では弁当店や飲食店として営業を継続しているケースとして、日立駅の海華軒、木更津駅の浜屋、亀山駅のいとう弁当店などがある(ただ、これらのケースでは時刻表に弁当マークや弁当案内などの記載などはない)。

もう一方に、駅弁業者を発端として発展を遂げ、現在ではそれぞれの地域で最大級の食品製造企業となっている調製元がある。たとえば千葉駅万葉軒高崎駅高崎弁当横浜駅崎陽軒静岡駅東海軒敦賀駅塩荘神戸駅淡路屋広島駅広島駅弁当などである。これらの調製元は出自として駅弁を守ってはいるものの、売上げ規模などの実態としてはすでに第一義に駅弁調製業者というのは不適切であり、地域の中核食品企業(外食産業)とでも呼ぶべき存在になっている。たとえば塩荘は日産25000食の供給能力を持つとしており、広島駅弁当に至ってはイベントの際に日産48000食を供給したという実績を持っているほどである。これらの業者は駅弁だけではなく、高速道路のサービスエリアの弁当や空港の弁当(空弁)、デパートの地下食品フロアなどにも進出しているほか、その地域のコンビニ弁当・スーパーマーケットの弁当などの製造、レストランや飲食店まで手がけている場合がある。

駅弁の定義について[編集]

横浜駅で売られている崎陽軒の特製シウマイ、醤油さしは陶器

駅弁は、広義には「駅構内で販売される弁当」を意味する。しかし最近では駅構内にコンビニエンスストアが出店し「コンビニ弁当」を販売したり、駅弁業者でない企業がいわゆる「駅ナカ」店舗で弁当を発売していることがあり、それらが駅弁にあてはまるかどうかについては議論がある。旧来からの駅弁業者が伝統的な駅弁のほかにコンビニ弁当に類似した比較的安価な弁当を販売している場合もあるため、厳密な定義は困難である(駅弁業者が出自であっても、その後大規模な食品会社に発展したところではその地域のコンビニ弁当やお惣菜商品の調理を一手に引き受けているところも少なからず存在する)。

狭義の意味では、「駅弁」とは社団法人日本鉄道構内営業中央会(以下「中央会」と略す)に加盟している業者が調製し駅構内で販売しておりなおかつ米飯が入っている弁当のみを指すこともある。

日本国有鉄道(国鉄)時代には白飯と焼き魚・肉料理・フライ・卵焼き・蒲鉾などの一般的な惣菜を使用した、いわゆる幕の内弁当の系列のものを普通弁当と称しそれ以外の弁当を特殊弁当と称して制度上の区分がなされていた。ごはんおかずというセットになっていないもの、たとえば「押し寿司」などは「特殊弁当」に分類される。さらに国鉄が「米飯がはいっていないものは駅弁ではない」としたために、長万部駅の「そば弁当」や大船駅の「サンドウィチ」などは国鉄末期まで駅弁として認められなかった。[12]

この「中央会加盟業者が調製である」「米を使っている」という条件に該当する弁当は包装紙に共通デザインの「駅弁マーク」と呼ばれる商標を入れ、交通新聞社発行のJR時刻表(大型版のみ)欄外に販売駅弁の記載があるのが特徴である。

この「駅弁マーク」を有する弁当のみが「駅弁」であるという定義づけは当の中央会や一部の人々の間で行われているが、この定義は下記のような事情から現実的とはいえない。

かつての国鉄では、駅改札内での弁当の販売は中央会加盟業者に対してしか認めていなかった。しかし国鉄が分割民営化されJRとなって以降、中央会非加盟の業者にも駅構内での販売を認めるようになったことから「駅構内で販売される弁当」と「中央会」とが必ずしも結びつかなくなった。新規業者の参入のほか既存の業者が中央会を脱退した上で引き続き駅構内での販売を行っている例もあり、「中央会に所属」「駅弁マークがついていること」は条件とはできなくなった。これは駅弁は調製から購入・消費までにタイムラグがあるため、食中毒の防止などを目的として調製方法などにさまざまな厳しい要求があったこととも関係する。製造から4時間以内で売り切らねばならないという規制はO-bentoの登場とともに廃止された。また、もともと私鉄の駅構内で販売される弁当については中央会は(JR駅でも販売している業者を除いて)関係ない。そして、もっぱら私鉄の駅でのみ販売されている駅弁も存在する。

中央会に加盟している業者でも駅構内での販売を取りやめ駅前の自社店舗での販売のみとしながら引き続き駅弁マーク入りの駅弁を販売する例もある一方、駅前に店舗を構える中央会非加盟の弁当業者が独自の弁当を作り「駅弁」を名乗る例もある。後者の例は観光客誘致の手段として、地方においてよく見られる。

中央会加盟業者がJRの駅構内で販売している場合でも、横浜駅や鳥栖駅で売られている焼売や大船駅で売られているサンドイッチ弁当のように米飯が入っておらず「駅弁マーク」を付けることができなかったが一般には駅弁と見なされている商品もある。大船駅の「サンドウィッチ」は駅弁マークこそついていないが、包装紙には「SINCE 1898/日本デ最初ノ駅弁サンドウィッチ」と明記されている(ただし本当にこれより前にサンドイッチ駅弁が存在しなかったとは断言できない。たとえば、東海軒は1889年にサンドイッチ弁当を販売したと述べている)。

以上のような事情から、駅構内や駅前の弁当業者の店舗で販売される弁当を総合して「駅弁」と呼ぶ場合が多い。デパートで催される駅弁大会に出品されたり旅情報を扱ったテレビ番組で取り上げられたりする「駅弁」もこのような広義の条件に該当する弁当であり、中央会加盟業者が調製する弁当とは限らない。

車内販売の行なわれる列車では駅弁のほか、列車内限定の弁当が販売されていることもある。イベント列車などにおいては、そのイベント限定の弁当が販売されることもある。これらも一般的には「駅弁」に含まれるものと解されている。

駅弁と茶[編集]

多くの販売店では、駅弁を食べる際の飲み物として煎茶が販売されている。販売店によっては街の持ち帰り弁当店と同様に即席みそ汁やスープも販売しお湯を供するケースもある。

汽車土瓶時代[編集]

かつては湯呑兼用の蓋が付いた汽車土瓶と呼ばれる陶器の小瓶入りの茶が売られた。1889年に静岡駅信楽焼土瓶にお茶を入れて販売したのが嚆矢と言われている。

1922年鉄道省は衛生上の理由により土瓶を禁止したためガラス製のものが登場した。しかし煎茶が丸見えのため、煎茶が尿のように見えて飲む気にならないなどの理由でわずか数年で製造が中止された。

汽車土瓶は重量があり破損しやすいために後にポリ容器入りにとって代わる事となるが、現在も汽車土瓶入りの煎茶は小淵沢駅など一部で販売されているほか、近年でも復刻の形で駅弁とともに期間限定で販売されることもある。

ポリ茶瓶時代[編集]

札幌駅で売られていた緑茶、容器のふたが湯飲みになる。2008年6月撮影

昭和30年代から汽車土瓶に代わって半透明の厚いビニールやポリプロピレンなどで出来たポリ茶瓶が一般的となる。基本的には黄緑色のプラスチックのスクリューキャップ(ネジ式の蓋。汽車土瓶の蓋同様湯呑機能も持つ)の付いた小瓶に売るその場でポットなどからお茶を注いで販売されたが、利便性や機能性の面から複数の種類が登場する事となる。前述の容器に既に淹れたお茶を入れるだけの物や、容器に湯を注いで購入者が飲む際に淹れられるようティーバッグを添えて売られる物、ティーバッグタイプも紐のついたティーバッグを容器の中へ吊るしたものや紐無しの物を直接投入するだけの物、画像にあるような弾力のあるビニールの小瓶にティーバッグ専用のスペースを設けて購買者が瓶の上からティーバッグを揉むことで濃さを調節できるもの、容器に茶漉しを付けて粉茶を直接投入するものなどバラエティに富んでいた。

しかしビニール容器入りの煎茶も1980年代末期以降、販売時にお湯を用意する必要のない入りやペットボトル烏龍茶緑茶が普及したため少なくなり2000年代現在ではあまり見られなくなった。現在では駅弁とともに売られるお茶は、ビニール容器入りから大手メーカーのペットボトルや缶入りのお茶にほぼ取って代わられたといえる。

日本以外の国・地域における駅弁類似の食事セット[編集]

台湾の駅弁の例(台東駅で売られている弁当)

台湾では「鐵路便當」と呼ばれる各地の鉄道駅や列車の車内販売で販売される弁当があり、スペアリブ(骨付きの豚ばら肉)の料理が白飯の上に載ったもの(排骨飯)に料理を添えたものなど飯と肉料理、卵料理による弁当が一般的でありほかには日本の食文化の影響で稲荷寿司や海苔巻といった寿司による弁当も販売されている。このような弁当は駅により多少の違いはあるがどの駅でも大きな差異はなく比較的画一的で、日本の駅弁ほどには多種多様ではない。しかしながら、東部幹線の主要駅を中心に立ち売りも見られることは特徴的と言えよう。

モンゴルではウランバートル、サインシャッドなどの主要駅及び列車での販売による。サインシャッド駅の駅弁はゴビ特有のハーブ牧草の香りがしみこんだ羊肉を使用した地域色あるものだが、ウランバートル駅やほかの主要駅、車内販売では「サンドウィッチ」弁当が供される。食堂車があるのは、国際列車を中心とした優等列車だが、スフバートル~ザミンウード間の縦貫本線の場合、各駅停車でも昼行ダイヤなら、駅弁が販売される。

韓国でも駅構内や車内販売で飯にプルコギを主体とする惣菜を合わせた幕の内弁当のような弁当、その他の飯と数種の惣菜による幕の内弁当のような弁当、海苔巻の弁当が販売されているが日本の駅弁ほどの多様性はない。 朝鮮民主主義人民共和国では、首都ピョンヤン駅に駅弁があると、北朝鮮鉄道本「将軍様の鉄道」に著されている。

日本を中心に、東北アジア諸国で駅弁が販売されているが、サハリンでは1945年まで、旧日本領・南樺太の鉄道沿線で営業されていたが、ロシア領になってからは廃止されている。

中国では食堂車の営業する列車の車内販売で飯の上に料理など惣菜の載った弁当が食堂車で調製され、熱いままの状態で販売される。

東南アジア南アジアの鉄道駅構内や車内販売ではタイでは飯の上に肉料理と目玉焼きの載ったもの、混ぜご飯などの弁当が小さなちりれんげを付けて販売され、ベトナムでもちまきなどが販売されインドでもカレーに飯やナンなどのパン類を合わせた食事セットが鉄道駅で販売されるがいずれの国でも日本のようにこれらを「駅弁」として特別視する文化・意識は特にないようである。

ヨーロッパではイタリア北部・中部の各地で、肉料理に野菜パスタ、パンかサンドウィッチ、小瓶のワインを合わせた食事セットが販売される鉄道駅があるが食事セットはどの駅でも大きな差異はなく、販売される駅も日本の駅弁販売駅ほど多くはない。そもそも、ヨーロッパの路線は乗車時間が長く食事が2回以上必要な場合が多かった。そのため、調理された食料を持ち込んでも2度目の食事には食べられない。その上、大抵の長距離路線では日本よりはメニューが豊かで味がいい料理が出るビュフェが連結されているか軽食を途中駅で買ったり食べたり出来る時間が有るため日本のように駅弁の概念が発達しなかったと言われる。

駅構内等で販売され販売駅等に限定とされる弁当を「駅弁」と定義する文化・意識はほとんど日本固有[13]のものであり、台湾と韓国には多少そのような文化・意識があるとはいえ日本ほどには確立されていない。

各地の駅弁[編集]

社団法人日本鉄道構内営業中央会の加盟業者以外の弁当も含む。

北海道[編集]

かきめし(厚岸駅) 
やまべ鮭ずし(札幌駅) 

東北地方[編集]

青森味づくし(青森駅) 
鶏めし(大館駅) 
牛肉どまん中(米沢駅) 

関東地方[編集]

峠の釜めし(横川駅) 
深川めし(東京駅 - NRE) 
横濱チャーハン(横浜駅) 

甲信越地方[編集]

とりそぽろ弁当(長岡駅) 
高原野菜とカツの弁当(小淵沢駅) 

中部地方[編集]

ますのすし(富山駅) 
鯛めし(静岡駅) 
港あじ鮨(沼津駅・三島駅) 
慶喜弁当…けいきべんとう(静岡駅) 
汽車べんとう(大井川鐵道新金谷駅) 
ひつまぶし(浜松駅)※浜松駅でのうなぎをメインに据えた駅弁のひとつ 
びっくりみそカツ(名古屋駅) 
だるまのみそ丼(名古屋駅) 
稲荷寿し(豊橋駅・伊東駅)※画像は豊橋駅のもの…3色稲荷寿し 

近畿地方[編集]

湖北のおはなし(米原駅) 

中国地方[編集]

桃太郎の祭りずし(岡山駅) 

四国地方[編集]

  • あなごめし(高松駅)株式会社高松駅弁
  • 活鯛の押寿司/瀬戸の押寿司(今治駅)株式会社二葉
  • 醤油めし(松山駅)有限会社鈴木弁当店

九州地方[編集]

かしわめし(東筑軒) 
百年の旅物語かれい川(嘉例川駅) 

沖縄地方[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 角川書店発行 大辞泉
  2. ^ a b c 小学館発行 日本大百科全書
  3. ^ 日本国有鉄道中央会/会員の家業とその沿革 1958年6月
  4. ^ 高崎弁当社史には「高崎駅の開業にあわせ」と記されている。高崎駅の開業日は1884年5月1日
  5. ^ 1999年「さいたまの鉄道」さきたま出版会
  6. ^ ダイヤモンド社/旅窓に学ぶ 1934年7月6日
  7. ^ 現在神戸駅を拠点とする駅弁調製業者の淡路屋の自説
  8. ^ 現在の敦賀駅の駅弁調製業者である塩荘による「敦賀駅に先行駅弁業者があった」との自説
  9. ^ 日本鉄道/改正日本鉄道規則及び諸賃金明細独案内 1883年12月
  10. ^ 姫路駅の駅弁調製業者「まねき食品」の社史における「日本最初の幕の内駅弁を発売」との自説
  11. ^ 一例として、株式会社こばやしが販売している仙台駅の「極撰 炭火焼き牛たん弁当 1300円」がある。
  12. ^ 原ノ町駅の「いなり天ざる弁当」や出雲市駅の「出雲そば弁当」は、寿司を添えていたことで古くから駅弁として認められていた。
  13. ^ 米質の違いなどもあり、調製した冷飯を食するという食文化が日本以外のアジア各国ではあまり見られないという事も大きい。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]