出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
缶の一例

(かん)とは、金属製の容器である。材料により、ブリキ缶、スチール缶アルミ缶などに分かれる。

概念[編集]

調理済み米飯の缶詰

一般に水分の多い食品を金属缶に詰めた上で密封・加熱・殺菌したものを缶詰という[1](後述の単なる「缶入り」とは区別される[1])。金属の高い密封性を生かして、酸素水分菌類などから遮断し、密封後に加熱殺菌などをすることで、高い保存性が得られる。缶詰には類(コンビーフなど)、魚介類(「ツナ」など)、野菜類(水煮、ホールトマトなど)、果物(シロップ漬け)、その他加工食品(サンマ蒲焼など)、油脂類(食用油ラードなど)、調味料(主に業務用の調味料)など様々な製品がある。人間用の食品以外にも、などペット用の飼料、特にウエットフードを入れたものがある(猫缶など)。

缶に詰めた飲料、特に1人で1回で飲める程度の少量のものは缶飲料と呼ばれ、中身に応じて缶ジュース・缶コーヒー・缶ビールなどと呼ばれる。

乾燥食品などの製品を単に金属缶に詰めて密封したものは「缶入り」として通常は缶詰とは区別される[1]海苔菓子などによく使われ、普通のによる開閉になっている。菓子類では煎餅クッキーチョコレートなど贈答用のものも多い。茶や海苔など特に乾燥状態を保ちたい食品を入れる缶には中蓋の付属するものがある。

金属缶は食品以外には、石油製品化学薬品などに使われる。スプレー缶は医薬部外品殺虫剤などが多い。多くが円柱形であるが、一斗缶のような直方体など、様々な形の缶が作られている。食用油、石油製品など液体用の缶では、ネジなどで再び密閉できる注ぎ口がついているものが多い。

一斗缶やドラム缶再使用が可能であり、JISなどで形や大きさが規格化されている。再使用不可能でも、250ml缶や350ml缶など、事実上の標準となっているサイズもある。中身が空(から)の缶のうち、中身を詰める前の未使用の缶は空缶(くうかん)、使用済みの缶は空缶(あきかん)と呼ばれる。

「カン」は本来は「罐」の音である。「缶」は日本特有の略字であり、本来は「フ、フウ、ほとぎ」と読む別字で、を入れたり打楽器に使ったりする素焼きを意味した。「罐」(あるいは略字の「缶」)は本来は水を入れる容器を意味し、水を沸かす容器の意味に広がった。この意味での言葉には「薬缶(やかん)」などがある。現在のような金属容器の意味は、明治期にオランダ語「kan」、英語「can」 の音に通じ、かつ円筒形の瓶(かめ)の意から音訳字として本字を当てるようになって生まれた。字体から分かるように、「かん」の音は旁にある(「觀(観)」「勸(勧)」などと同様)。これに「缶」の文字を当てるのは、戦後国語改革当用漢字から「罐」が外され、代字として偏の「缶」を慣習的に用い、定着したところ、常用漢字として採用されたことによる。しかし、上述のように「缶」は本来別字であり、文字の伝統をあまりに無視したものとして批判されることがある。同様の文字に、「芸」(ウン)と「藝」(ゲイ)の関係などがある。

なお、ボイラーのことを「汽缶」略して「缶」と呼ぶこともある(清缶剤など)。また、船舶のエンジンも「罐」と呼ばれる。これは20世紀半ば位まで、船舶の機関はタービン機関が主流であった名残である。これらの意味では音読みの「カン」の他に訓読みで「かま」と読むこともある。建築物やプラントに設置する金属製のタンクも缶と呼ぶことがあるが、これは密閉、開放を問わない。

用途[編集]

飲料缶[編集]

2012年5月現在、中国・深圳市ではプルタブ式とステイオンタブ式両方の飲料缶が併売されている

初期の飲料の缶は、缶切りやピックなどで円形の面に2ヶ所穴(注ぎ口、空気穴)を開け、中の飲み物を注いだ。飲料用の缶は、その後(1970年頃)プルタブと呼ばれる缶切りを必要としない蓋(口をつける個所に切り込みが入っている)が発明され、ガラス瓶からの移行が進んだ。

初期のプルタブは、現在食品関係で使われるイージーオープン缶の小型版で、缶から切り口の部分が外れるが、プルタブの散乱が問題になったことから、1980年代から缶から外れないステイ・オン・タブ(SOT)が採用された。日本国内においては、プルタブ式の缶は1990年代初頭頃にはほとんど製造されなくなり[2]、現在その方式を採用している缶飲料は流通していない。中国では2012年現在も両方のタイプが売られている。

飲料用の缶では、加温性や強度あるいは開封済みを見分けるなどの機能性を狙って、缶の一部をへこませたりダイヤ状の模様をつけたりと様々な加工が施されることがある。

発売当初は、缶そのものが同等容量のガラス瓶より小ぶりであるがために、減量したのではないかという誤解も存在していた[3]

食品用[編集]

イージーオープンエンドの缶詰

初期の缶詰は金槌(のみ)を使って開けていた。缶切りが発明されてからは、これを利用して開封された。食品用の缶詰の場合は、円筒形の缶の円形の面を缶切りで切れ込みを入れてこじ開けた。その後、缶切りを必要としないイージーオープンエンド1990年頃から食品の缶詰にも普及してきている。

特に飲食物を収める缶には多彩な形や様々な工夫が見られる。コンビーフ水ようかんなどの缶詰が錐台形なのは、充填時に空気が抜けやすいことと、開缶時に中身がきれいに抜けることを狙っている。

その他[編集]

スプレー缶・ガスボンベ
液体・粉末を散布するため中にガスを入れて圧力を高めたものをスプレー缶といい、ガス類そのものの大量保管のため高圧の気体・液体用に作られた金属容器はボンベという。スプレー缶は他の缶とさほど変わらない厚さの金属で作られるが、ボンベは高圧に耐えるため厚い金属が用いられる。スプレー缶は、出口を押すと内容物が吹き出る設計になっており、通常は本体のボタンを押すための器具が取り付けてある。一方、カセットコンロ用の小型ガスボンベではコンロ側に押す仕組みがついているため、出口を押す器具は付属しない。

構造[編集]

蓋・胴体・底を別々に作って接着剤溶接でくっつけた缶は3ピース缶、胴体と底を一体成形して蓋だけ後からくっつけた缶は2ピース缶と呼ばれる。蓋や底の接合は、初期ははんだでくっつけていたが、19世紀末に蓋と胴を重ねて胴の外面へ巻き込み圧着する二重巻締法が発明されてからは、現在でもこの方法が主に使われている。

飲料の缶では、製造過程において、熱いまま缶に入れられるものについてはスチール缶が用いられる(缶コーヒーなど)。これは、冷えると中の圧力が下がり、アルミ缶では強度不足から大気圧によってへこんでしまうためである。このような内圧が低い缶を、陰圧缶という。また、炭酸飲料はその炭酸ガスによって内側から圧力がかかり、へこむ心配がない。そのため、缶の厚みを薄く、軽くできるアルミ缶が使われる。このような内圧が高い缶を、陽圧缶という。しかし、素材によって決まるわけではなく、スチールの陽圧缶などもある。簡単な見分け方としては、底が丸くへこんだドーム状をしているものは陽圧缶、平らなものは陰圧缶と判断できる。陽圧缶がドーム状なのは内圧に耐えるためであり、一体成形となる2ピース缶が多いが、スプレー缶では通常通り接合されているものがある。

東洋製罐は、CO2と製造時に使用するの大幅な削減の為、タルク缶(TULC缶:Toyo Ultimate Can)と呼ぶ缶を製造している。通常、2ピース缶ではプレス加工時に潤滑・冷却剤を必要とするが、タルク缶は原料のアルミもしくは鉄にPET樹脂を貼り付けており、これが潤滑油の役割をすることで、その洗浄工程を不要としている。その結果、水の使用量および、その浄化による廃棄物の削減ができた。また、内外面の塗装が不要で、CO2削減につながっている。缶の特徴として、白色の樹脂を使っているため、底面が白い。

ボトル缶[編集]

ボトル缶

1996年平成8年)に小型ペットボトルの使用規制が解禁され、清涼飲料が500mlのペットボトルを中心に販売されるようになった。このため、アルミ缶の製造量の伸びが鈍化・減少する傾向があった。これに対して、アルミ缶製造業者(大和製缶)は、2000年(平成12年)にペットボトルと同型の500mlのアルミ製ボトル缶を開発し、対抗した(市販されたのは450mlビール缶が最初)。さらに、スチール製ボトル缶も開発され、コーヒーお茶の容器として利用されている。

ボトル缶のメリットとして、蓋を閉めることができるので、中身を一度に消費する必要がないことと、ペットボトルよりも熱伝導率がよく冷えやすい上、不要時はペットボトルのような専用プレス機(プレス→針金・ビニルバンド束ね)ではなく、金属製品用のプレス機(針金束ね無し)でスクラップに出来ることが挙げられる。

ボトル缶は蓋も容器自体と同じ材質であるため、蓋も含めてリサイクル可能であり、缶本体とキャップは分別しない。事実上使い回しが出来るが、メーカーはあくまで使い切り容器なので、「空容器の転用はしないでください」という注意書きがある商品もある。

社会問題[編集]

ごみ問題[編集]

缶飲料は手軽に買いやすいが、空缶となるため、ごみの問題が顕著化している。よくあるごみの問題に、缶の投げ捨て(ポイ捨て)が該当する。ポイ捨てによって町の景観が損なわれること、また、空缶はリサイクルすることができ、資源の節約にもなることから、自治体メーカーでは、ポイ捨ての禁止を呼びかけている。また、空缶をタバコの灰皿代わりにする者もいるが、幼児などが誤って飲んでしまう事故があり、注意をしなければならない。

缶飲料持参の規制[編集]

近年、スポーツ・コンサート施設やイベント会場では、ごみ問題や、興奮した客が缶を投げ込むといった諸問題を防ぎ、気持ち良くそれらに参加・観覧してもらうようにするため、飲料類(缶・ガラス瓶ペットボトル)の持参を規制しているところが増えている。特にJリーグでは、全てのスタジアム共通で「缶・ガラス瓶入り飲料は持ち込み禁止」[1]となっており、持参者は入場時に紙コップやプラスチック製タンブラー(近年は環境の配慮の名目で、タンブラーを推奨している例が多い)に移し変えるように指導している。

文化[編集]

缶を使った遊び[編集]

使用済みの缶は、子供でも簡単に入手できるため、缶けり缶下駄などの遊びに使われることがある。

コレクションとして[編集]

使用済みの飲料缶は、缶のデザインや流通数の少ない珍品の缶等を目当てにコレクションする、コレクターが存在する。著名なコレクターとしては、元たまでパーカッショニストの石川浩司と、経済アナリストの森永卓郎がいる。

コレクションとする際、上部のプルトップ部分を空けると見栄えがよくなく、かといって中身を入れたままでは中身の腐敗はもちろん、など缶にもダメージを与えることがある。そこで、缶の底面に昔の飲料缶のように2ヶ所穴を開け、中身を取り出して缶を洗浄し保存するという手法が用いられることがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本食品保蔵科学会『食品保蔵・流通技術ハンドブック』建帛社 p.38 2006年
  2. ^ 製造数の少ない1リットル缶などには2000年代中頃までプルタブが使用されていた
  3. ^ 参考

関連項目[編集]

  • 製缶
  • バッジ - 金属製で中が空洞のものを缶バッジという。