熱伝導率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱伝導率
thermal conductivity
量記号 λ, k
次元 L M T -3 Θ -1
SI単位 W/(m K)
テンプレートを表示

熱伝導率(ねつでんどうりつ、英語: thermal conductivity)とは、熱伝導度ともいい、熱伝導において、媒質中に温度勾配がある場合にその勾配に沿って運ばれる熱流束の大きさを規定する物理量である。

定義[編集]

熱流束をJ 、温度をT 、温度勾配を grad T とすると、熱伝導率λはフーリエの法則

 \boldsymbol{J} = - \lambda \operatorname{grad} T

の比例係数として定義される。

SI単位ワット パー メートル ケルビン W/(m・K)、W・m-1・K-1であり、W/(cm・K)、W/(m・K)、W・cm-1・K-1も使われる。記号にはλ、k がよく用いられる。

関連する物理量[編集]

熱伝導率の逆数熱抵抗率という。また、熱伝導率に似ているが異なる物理量として

がある。

値の例[編集]

一般的な材料の室温付近での熱伝導率[1]
材料 熱伝導率(単位: W・m-1・K-1)
カーボンナノチューブ(C) 3000 - 5500
ダイヤモンド(C) 1000 - 2000
(Ag) 420
(Cu) 398
(Au) 320
アルミニウム(Al) 236
シリコン(Si) 168
真鍮 106
ニッケル 90.9
(Fe) 84
白金(Pt) 70
ステンレス鋼 16.7 - 20.9
水晶(SiO2 8
ガラス 1
(H2O) 0.6
ポリエチレン 0.41
エポキシ樹脂("bisphenol A") 0.21
シリコーン(Qゴム) 0.16
木材 0.15 - 0.25
羊毛 0.05
発泡ポリスチレン("Styrofoam") 0.03
空気 0.0241

測定法[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 理科年表 第84冊 物54(410)