熱拡散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱拡散(ねつかくさん)または温度拡散(おんどかくさん)とは、温度勾配によって物質が移動する現象のことを言う[1]ソレー効果ルートビッヒ・ソレー効果とも呼ばれる。

この現象を数式表現するときに表れる係数を熱拡散係数という。

カール・ルートビッヒ英語版 (1856)によって、Na2SO4水溶液について、温度勾配があると対流がなくても物質移動が起きることが見出され、その後チャールズ・ソレー英語版 (1879-81)によって詳しく研究された。

逆に濃度勾配が熱移動を引き起こす現象もあり、デュフォア効果英語版という。

文脈によっては、単に熱の拡散現象(熱伝導)を指すこともある。

参考文献[編集]

  1. ^ 林茂雄 『移動現象論入門』 東洋書店、2007年、293頁。ISBN 978-4-88595-691-1