スプレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプレー

スプレー(spray)とは、圧縮した空気や高圧ガスを用いて液体などの状態で噴霧する装置のことである。液体の種類や噴霧の量などについて、さまざまな種類のスプレーがある。また駆動源の違いにより内の高圧ガスを利用した缶スプレー、電動ポンプなどによる電動スプレー、外部の空気圧を利用したエアスプレーなどがある。なお塗装用のエアスプレーの場合はスプレーガンと呼ばれる。ここでは缶スプレーについて記述する。

概要[編集]

圧縮した空気、または高圧ガスにより圧力を加えた液体を、ノズルの細い穴から急激に噴出させることにより、液体の微粒子が飛散する。

空気やその他ガスと一緒に密閉容器に閉じ込めたものを全世界的にエアゾール製品とよび、1920年代に欧州の学者によってプロトタイプに出来上がり(それより古い文献がない)、一般に量産化されたのは第二次世界大戦中に米軍が蚊などの殺虫・防虫対策に用いた殺虫・虫除けスプレー(Bag Bombe)といわれている。欧州エアゾール連盟(FEA)の定義的には、気化した液化ガスまたは圧縮ガスの圧力によって、内容物を容器の外に自力で霧状や泡状などにして放出させる製品として認知されている。 構造的にアクチュエーターと呼ばれるボタンを押せばあとは自分のエネルギーだけで細かい霧や泡を作り出すことができるのがエアゾール製品の特質であるため、いつでも、どこでもボタンを押すだけで必要に応じて放出量を調節でき、しかも内容物は密閉されていて衛生的、無駄がでないなどの様々な特長により、過去から現在まで多方面で利用されている。

エアゾール製品は、大きく分けてキャップ、ボタン・バルブ・ディップチューブ、耐圧容器の3つの部分からなる。アクチュエーターと呼ばれるボタンを押してバルブを開くと、容器内で圧力をかけられている原液と噴射剤の混合内容物が、ディップチューブを通ってボタンの孔からいっきに放出。放出された内容物は、減圧による噴射剤の急激な膨張によって細かい霧となり、ノズルの形状や内容物によっては泡やジェル、氷などの吐出形態も可能になる。

製品の多くは、使用時にノズルを上にして使用するよう注意書きがある。これは容器を逆さにして使うと、液体が噴出するより先に容器内のガスが無くなり、噴霧ができなくなるからである。なお、エアダスターにおいては、逆さで使用した時の問題点は本項とは異なる。詳細はエアダスター#缶の扱い方ならびにその他の注意点を参照。

ガスとして、以前は不燃性で扱いやすいガスとしてフロンが広く用いられていたが、1980年代に噴出したオゾン層破壊の問題から世界的議論を経て、日本でも高圧ガス保安法が改正され、フロンが使用禁止になるとともに、家庭用ではLPGDMEといった可燃性液化石油ガスが解禁され、現在の主流ガスとなっている。また、ノズルの改良により、環境にほとんど影響の無い窒素を利用可能としたものもある。化粧水スプレーや日焼け止めスプレーなど、化粧品や医薬品においたては、圧縮された窒素(空気)を用いるケースも多い。そのほか、家庭用の一部と工業用製品では、代替フロン二酸化炭素も使用されているが、地球温暖化係数の高い代替フロンの使用は、喘息薬スプレーほか一部工業用品などのエッセンシャルユースに使用がとどめられている。

圧縮ガスを原動力にしているスプレーは小型化すると噴射力が弱くなり、ほとんど飛ばなくなる。このため内容量が数ミリリットルのサイズの圧縮ガススプレーは、遠くまで飛ばなくてもよい用途にしか使えない。しかし火薬を原動力にすればこの問題は解決する。スイッチを作動させると、火薬の反応により缶内が急激に高圧状態となり、液体が急速に噴射していくため、数メートルの飛距離がえられる。とはいえ、一回限りの使い捨てとなるというデメリットもある。主な用途としては民間人の護身用催涙スプレーや、小型の防犯機器などの組み込み用スプレーなどがある。例えば物品についているロックを無理にはずすと液体が流れるという製品はこれまでもあったが、火薬を利用したスプレーを組み込むことによって、より液体を広範囲に飛散させることができる。当然、圧縮ガス式のスプレーでは大きすぎて組み込めなかった。

使用上の注意[編集]

可燃性ガスを用いたスプレーは、引火の恐れがあるため、火気に向けて使用するのは危険である。

また、どのようなガスを使ったものでも、本質は高圧ガス容器であり、室温を越える高温(目安として30℃以上)が長時間続くとガスの膨張により破裂する可能性がある。従って、暖房器具の近傍に保存することもやはり危険である。風呂場や自動車の車内なども、製品によっては注意が必要である。

一般に、内容液の飛沫は広範囲に飛散するので、吸入しないように注意する。

人体に使用するもの(ヘアスプレーなど)以外は、原則として通風性に優れる戸外、通風設備のある室内、または作業対象物を閉鎖できるブース内で使用する。

廃棄時は完全に使い切ったことを確認して、処理する自治体等の規制に従って排出する。2003年ごろまでは使用済みスプレーを廃棄する場合、火気の無い屋外で缶に穴を空け、ガスを抜くことが一般的だったが、この際ケガや引火など副次事故が多いことから、大半の自治体で使いきり・区分廃棄で対応することになった[1]。なお、こうした廃棄方法が住民に徹底されず、安易に可燃物と一緒にゴミとして出されてしまう例があり、ゴミ収集車の車上や収容庫内で爆発炎上する事例が絶えない[2]。また近年製造されるスプレー缶は、使用後に噴出し続けるとガスがほぼ抜ける機能になっていることが多い。

種類[編集]

日用
美容
医療
  • 噴霧薬
  • 殺菌消毒スプレー
  • 瞬間冷却スプレー - 患部を急冷して炎症を抑える
  • 花粉防止スプレー - 衣類などに付着した花粉の破裂を防ぐ
  • 酸素吸入用スプレー
防犯・護身
その他
  • 食用油スプレー - 少量の散布でまんべんなく塗布できるので油の使用料を少なくできる
  • 簡易消火スプレー


その他[編集]

  • 野球で、どの方向へも自由自在に打球を打ち分ける打者のことを「スプレーヒッター」、その技術を「スプレー打法」と呼ぶことがある。
  • ネコが、マーキングの為にフェロモンを含む尿を噴射することを、スプレー行為と呼ぶ。

脚注[編集]

関連項目[編集]