ウランバートル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウランバートル駅
ウランバートル駅駅舎とホーム
ウランバートル駅駅舎とホーム
Улаанбаатар өртөө - Ulan Bator Station
中国語:烏蘭巴托站/乌兰巴托站
ロシア語Улан-Батор станция
所在地 モンゴル国の旗 モンゴル ウランバートル市
所属事業者 モンゴル鉄道(MTZ)
所属路線 モンゴル縦貫鉄道英語版、ナライフ支線
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面、島式ホーム1面
開業年月日 1949年
ウランバートル - 北京間列車の行先票

ウランバートル駅(ウランバートルえき)はモンゴルウランバートル市にあるモンゴル鉄道のである。

駅構造[編集]

単式ホーム1面、島式ホーム1面を持つ地上駅である。駅舎内にはレストランがある。ホームへは駅舎を通らずに出入り出来る。

所属路線[編集]

利用状況[編集]

本駅はモンゴル鉄道の旅客貨物を扱う中核で最大の駅である。モンゴル縦貫線はモンゴル国内の列車だけでなく、モスクワ北京フフホトへの国際列車が発着する。ナライフ支線は貨物専用線である。なお、駅内での写真撮影は基本的に禁止されている。

駅周辺[編集]

本駅はウランバートル市街の西よりにある。駅の外れにはモンゴル鉄道博物館があるが、建物は無く車輌が6輌ほど展示されている。

歴史[編集]

  • 1938年 - ウランバートル~ナライフ間が開通した。
  • 1949年 - ナウシキ~ウランバートル間が開通した。
  • 1956年 - ウランバートル~ザミンウード間が開通した。

参考文献[編集]

  • 海外鉄道技術協力協会編集『最新 世界の鉄道』 ぎょうせい(2005年6月再版) ISBN 4-324-07626-X C0065 p.49-50
  • 松本従徳著『中国国境列車紀行』近畿日本ツーリスト(1998年1月10日初版)ISBN 4-87638-617-X p.167-201

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度54分30秒 東経106度53分2秒 / 北緯47.90833度 東経106.88389度 / 47.90833; 106.88389