パッタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッタイ

パッタイタイ語ผัดไทย)とは、タイで作られる焼きそばのことである。米粉でできたやや太めのビーフンを使用して作る。パッは「炒める」、タイはタイ王国のこと。

材料[編集]

センレク(麺)、鶏卵ナンプラー魚醤น้ำปลา)、タマリンド果汁、唐辛子

その他に、もやしエビ、干し海老、鶏肉豆腐厚揚げ風)、砕いたピーナッツパクチーチャイポー(タイ風たくあん)等あるが、提供する店(調理人)によっては若干異なる。

食べ方[編集]

多くの場合は、ライム(マナオ)が添えられているので、好みで絞ってかけて食べる。尚、ニラやもやしなどもよく添えられているが、これらも好みでパッタイに混ぜ込んだり、途中で箸休め的に生でそのまま食べる。

歴史[編集]

第二次世界大戦当時、首相のプレーク・ピブーンソンクラームが紹介し広まったとされている。当時、危機に直面していたタイ政府により、の消費量を抑える目的で広められた[要出典]

関連項目[編集]