ひつまぶし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひつまぶし
CdazziHitsumabushi1.jpg
主な地域 名古屋市周辺
三重県津市周辺
あつた蓬莱軒のひつまぶし

ひつまぶし(櫃まぶし[1])とは、ウナギ蒲焼を用いた日本の料理である。ウナギの蒲焼を細かく刻んでご飯に混ぜて食べる料理で、名古屋市郷土料理とされる事もある。他店や人によっては「ひつまむし」とも呼ばれる。

愛知県名古屋市にある料理店、あつた蓬莱軒の登録商標である[2]

調理[編集]

ウナギの蒲焼を細かく刻み、飯を混ぜ合わせる。店によっては、ウナギの身の下に錦糸玉子を敷き詰めるなどの工夫も見られる。

名称[編集]

関西では蒲焼料理を「まむし」と呼ぶ方言がある。

諸説あり、定かではない。

  • 「おひつのご飯にウナギの蒲焼をまぶす」を語源とする説[3][4]
  • 「まぶし」は散りばめる意味の「まぶす」からとする見方が大勢だが、一方でこの「まむし」の転訛とする説[5]

発祥は諸説あり、定かではない。細かく刻んだウナギは浜松静岡)・三重)方面では養殖のなかった時代からあるとされる。天然のウナギには質にバラつきがあり、かたく質の悪い小さなウナギは鰻丼として客に出せるものではなかったため、細かく刻んで大きな櫃に入れてかき混ぜ「賄い料理」としてお茶づけなどで食べていた。[要出典]

食べ方は、店舗や人により様々であるが、食べ方のルールを演説する人もいる。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑 第六版 「ひつまぶし」
  2. ^ 昭和62年(1987年)11月20日登録、登録番号:第1996631号、商標区分は第29類(動物性の食品及び加工した野菜その他の食用園芸作物)、第30類(加工した植物性の食品及び調味料)
  3. ^ 言語由来辞典
  4. ^ 中部電力株式会社
  5. ^ ウナギにあるように「鰻飯(まんめし)」もしくは「飯(まま)蒸し」が「まむし」に転訛した、などの説を採った場合、少なくとも「まぶし」よりも「まむし」の呼び名が先にあったことになる

関連項目[編集]