カペッリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青唐辛子とシラスの乗ったカペッリーニ。

カペッリーニイタリア語: Capellini)は、パスタの一種。円形の断面を持つ細長いパスタ(ロングパスタ)のうち、非常に細い種類のものを指す。日本では「カッペリーニ」という表記も用いられる(#日本における表記と発音参照)。

特徴[編集]

「カペッリーニ」の名は、その細さを「髪の毛」(capelli)に喩えたところから来ている。ジェノヴァチョチャリア英語版地方(フロジノーネ県)、ナポリ周辺に発祥するという[1]

長い紐状のパスタ()の姿はスパゲッティと同様であるが非常に細く、判り易く例えるならば、日本の素麺(直径 1.3 mm 未満)並みである。パスタの製造元によって規格は異なるが、ロングパスタの中で最も細い製品がしばしばこの名で呼ばれる。

ブイトーニ社は、直径 1.3 mm のものをカペッリーニとしており、スパゲッティーニ(1.6 mm)よりも細い区分である[2]

バリラ社では、直径 1.15 mm のものをカペッリーニとしており[2]スパゲッティーニ(1.4 mm)よりも細い。

ディ・チェコ社は直径 0.9 mm [3](英語版サイトによれば、0.85 mm から 0.92 mm の間)[1]としており、スパゲッティーニ(1.6 mm)・フェデリーニ(1.4 mm)よりも細いパスタの規格である。

料理[編集]

その細さのために非常に火が通りやすく、茹で時間は2分前後と短い。茹ですぎると簡単にドロドロになるので注意が必要である。

オイルパスタ(茹でたあとに再びオイルと炒めるパスタ)の要領で炒めると、ちぎれてベトベトになってしまう。このため、専ら冷製パスタに利用される。

ナポリでは、パイにも用いられる[1]

カペッリ・ダンジェロ[編集]

カペッリーニの別名として、「天使の髪の毛」を意味するカペッリ・ダンジェロCapelli d'angelo)があり[4]、英語名でエンジェルヘアー・パスタAngel hair pasta)とも呼ばれる。製造元によっては「カペッリ・ダンジェロ」をカペッリーニよりも細いパスタを指す呼称としている。

たとえば、ディ・チェコ社では、カペッリーニとカペッリ・ダンジェロを別の製品としており、カペッリ・ダンジェロの直径は、0.78 mm から 0.88 mm の間である[5]

日本における表記と発音[編集]

日本では、パスタ販売元も含めて「カッペリーニ」という表記が用いられているが[2][3]、イタリア語の Capellini の綴りと発音 [kapelˈliːni] に照らせば正確な転記とは言えない。

「カッペリーニ」と転記され得るイタリア語の単語には、Cappelliniボンネット)や Capperini(小さいケイパー)がある。Cappellini という名を持つパスタが存在するが(より正確な転記はカッペッリーニ)、これは小さい帽子型のパスタである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Capellini - 9” (英語). De Cecco. 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ a b c 「Buitoniドライパスタ」市販向け商品の販売開始について” (日本語). 鈴与. 2012年7月15日閲覧。
  3. ^ a b No.9 カッペリーニ” (日本語). ディ・チェコ. 2012年7月8日閲覧。
  4. ^ バリラ製品のご紹介” (日本語). 日本製粉. 2012年7月15日閲覧。
  5. ^ Capelli d'angelo - 209” (英語). De Cecco. 2012年7月8日閲覧。

関連項目[編集]