ラビオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エビとイノンドのラビオリ、クラムソースがけ
調理中のラビオリ

ラビオリイタリア語 Ravioli)は、小麦粉を練って作ったパスタ生地(2枚)の間に、挽き肉みじん切りにした野菜チーズなどの食材を挟み、四角形に切り分けたパスタのこと、イタリア料理[1]

詰め物パスタでは他に、円形状の「アニョロッティAnolini」、丸めて小さい帽子のような形にした「カッペレッティCappelletti」、円筒状の中に具を詰める「カネロニCannelloni」などがある。

概要[編集]

茹でたり、スープにして食べる。トマトソースクリームソースなどを絡めたり、ソース類も多様である。

ベジタリアンは、挽き肉の代わりにホウレンソウリコッタチーズを詰める。また、ジャガイモもラビオリの具に良く使われる。

サルデーニャ島ではモンゴイカをさいの目切りしオリーブオイルで炒め、白ワインで風味付し、オリーブオイルで炒めたアーティチョーク玉ねぎを加え、生クリームを加え茹でたラビオリを加え、すりおろしたカラスミをふりかけた料理が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大辞林 第三版(ラビオリ〔ravioli〕) 三省堂 2013年10月22日閲覧

関連項目[編集]