ビゴリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bigoi co l'arna.jpg

ビゴリ(Bigoli)は長く厚いチューブ型の押出成形で作られるパスタである。

このパスタは伝統的にはそば粉で作られたが、今は全粒小麦粉で作られるほうが一般的である。伝統的に、このパスタにはアヒル卵が使用される。このパスタはブカティーニによく似ている。

ビゴリはベネチアで使われる言葉であり、対照的にトスカーナではピチの名が類似の大きさの穴なしのパスタに対して用いられる。これらの言葉は相互に代用されることがある。

"La vecchia cucina eugubina"(グッビオの台所料理)には、このストッキングを作る木製の棒針と同じくらいの太さであると書かれている。


参考文献[編集]

  • Hyman, Clarissa (2006-09-02). "Spaghetti con tutti . . . . . . and linguine, rigatoni, bucatini and the rest. Clarissa Hyman gorges herself on an Umbrian outbreak of pastamania" (in English). Financial Times; London (Financial Times Ltd.).
  • Gianotti, Peter M. (2006-07-19). "Fresh seafood with an Italian accent" (in English). Knight-Ridder/Tribune Business News (Newsday Inc.).

外部リンク[編集]