担仔麺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
担仔麺
Tan Tasi Noodle of Tu Hsiao Yueh.JPG
台南市「度小月」の担仔麺
各種表記
繁体字 擔仔麵
簡体字 旦仔面
拼音 dàn zǐ miàn、dàn zǎi miàn
発音: :ダンザイミェン
:ターアーミー
台湾語拼音 tàⁿ-á-mī
テンプレートを表示

担仔麺(たんつーめん、ダンザイミェン、台湾語: ターアーミー)は台湾小吃として知られる小ぶりの汁入り料理。

概要[編集]

「擔仔」は台湾語で「ターアー」と読み、天秤棒を指す。中国四川省担担麺と同じく、最初は天秤棒で食材と器具一式を担いで売り歩いたことからこの名がある。本来の繁体字では「擔仔麵」だが、近年は台湾でも「担仔麺」の表記が用いられることが多い。日本ではカタカナで「ターミー」、「ターミ」等と表記されることもある。

担仔麺は台南市の発祥で、度小月担仔麺ともいう。生まれた時期は清朝期にまで遡る。台南の臨海地域では漁業を生業とする人が多くいたが、夏場は台風が多く、その間は船が出せないため生活が苦しかった。その貧しい月を「小月」と呼んだ。その人々が小月の間に作って生計を維持したのが度小月担仔麺である[要出典]。現在台南の名物として知られているが、台北など他の場所でも広く食べられており、日本の台湾料理店でも定番のメニューとなっている。

一般に、小麦粉の中細のストレート麺を用い、スープに豚のそぼろ肉と海老香菜ニンニクソースなどがのっている。日本のご飯茶碗ほどの大きさの容器で出されることが多い。サイズや具のそぼろ肉は四川省の担担麺と共通しているが、スープの味は異なり、辛くない。

担仔麺は一般に価格の割に量が少ない。台湾語のいわゆる「食巧不食飽」(飽きずに美味しく食べて)を念頭に食べ飽きない量に調整されている。

名古屋台湾ラーメンはこの担仔麺を元に考えだされたといわれているが、味付けやサイズなど全ての点で異なる。麺料理であること以外には共通点がない別の麺料理である[要出典]

関連項目[編集]