スパゲッティ・ウィズ・ミートボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Spaghetti and meatballs.jpg

スパゲッティ・ウィズ・ミートボール(Spaghetti with meatballs)またはスパゲッティ・アンド・ミートボール(Spaghetti and meatballs)とは、スパゲッティトマトソースミートボールによって構成されたアメリカ料理である。スパゲッティ・ウィズ・ミートボールは、日本語に直すと「ミートボール付きスパゲッティ」とか「スパゲッティのミートボール添え」といった意味。なお、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールには、ソースの種類を変えたバリエーションと、パスタの種類を変えたバリエーションも存在する。

概要[編集]

テレビ番組Food Networkの司会者で記者のアルトン・ブラウンによると、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールが最初に作られたのは20世紀初頭で、最初に作ったのはニューヨーク市に住んでいたイタリア系移民のアメリカ人だという [1] 。 そして同じくアルトン・ブラウンによれば、1920年代にNational Pasta Association(アメリカパスタ協会。なお、当時はNational Macaroni Manufacturers Associationという名称だった)が、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールのレシピを最初に出版したのだという [1] 。 これに対して、料理評論家で作家のKyle Phillipsは [2] 、これより以前に、イタリアで似た料理を見つけたと主張する。

"...イタリアでは、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールは珍しいが、イタリアにその祖先が存在する。私は、プッリャ州で小さなミートボールが入ったスパゲッティを食べた。シチリア料理の権威であるPino Correntiは、シチリアでは、祝日のパスタソースに加える具材として、ミートボールは一般的なものであったと記している..."[3]

しかし、通常ヨーロッパにおけるイタリア料理の場合、挽肉の入ったソースは、フェットゥチーネ(幅の狭いリボン状のパスタ)やタリアテッレ(やはりパスタの1種)にはかけたものの、スパゲッティ(麺状の細長いパスタ)にはかけなかった [4]

余談ながら、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールと似た料理は、アニメ作品などにも登場したことがある。例えば『ルパン三世 カリオストロの城』や『わんわん物語』に登場している [5] 。 このうち『ルパン三世 カリオストロの城』では、作品の序盤において、ルパン次元大介がカリオストロ公国のレストランで、この料理を食べるシーンが存在する。このシーンでの描写から、ここで登場するスパゲッティ・ウィズ・ミートボールに使用されているスパゲッティは、アニメの表現としてデフォルメされてはいるものの [6] 、その麺の長さと柔軟性から見て、乾麺ではなく生麺、すなわち生パスタであろうという分析がなされている [7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Good Eats episode S13E4P1 (食に関するエピソード)
  2. ^ Kyle Phillips
  3. ^ "Info on origins of Spaghetti and meatballs"(スパゲッティ・アンド・ミートボールの起源に関する情報) ウェブサイトAbout.comより
  4. ^ "Info on pasta and meat sauce dishes"(パスタとミートソースを組み合わせた料理に関する情報) ウェブサイトWordpress.comより
  5. ^ ケンタロウ、柳田 理科雄 『空想お料理読本』 p.243 メディアファクトリー ISBN 978-4-8401-3296-1
  6. ^ ケンタロウ、柳田 理科雄 『空想お料理読本』 p.26 メディアファクトリー ISBN 978-4-8401-3296-1
  7. ^ ケンタロウ、柳田 理科雄 『空想お料理読本』 p.232、p.233 メディアファクトリー ISBN 978-4-8401-3296-1

外部リンク[編集]