クーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kigel.JPG

クーゲル (kugel、kugelach) は、ユダヤ人の伝統的なデザートあるいは副菜のこと。イディッシュ語を意味するが、よくプディングキャセロールと訳されることがある。

初期のクーゲルはパン小麦粉で作られていたため、甘いというよりはむしろあっさりで、塩味がついていた。およそ800年前、ドイツのコックがパンの代わりにファルフェルを用いたことにより、味がよくなり、人気が高まった。やがて鶏卵も入れられるようになった。コッテージチーズ牛乳を加えたことが、現在の製法に共通するカスタードのような味の濃さを生み出している。

17世紀には砂糖がもたらされ、家庭料理でクーゲルに用いられるようになった。ポーランドでは、ユダヤ人女性が調理法としてレーズンシナモンをふりかけるようになった。ハンガリー人は、これを多量の砂糖と少量のサワークリームとした。

甘いものに比べ有名ではなかったものの、塩味のクーゲルも存在していた。初期の麺を用いたものはタマネギを含み、常温でもおいしく食べられる。数百年後にはコックの新しい思考により、麺の代わりにジャガイモマッツォニンジンズッキーニホウレンソウ、あるいはチーズを入れたものが生み出された。

今日では多くの人が、キャセロールにコーンフレークグラハムクラッカーを砕いたもの、ショウガクッキーを砕いたものやカラメルをかける。一部の料理人はさらに、スライスされたパインアップルやあんずのジャムを飾ることもある。

外部リンク[編集]