次元大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルパン三世 > 次元大介
次元大介
ルパン三世のキャラクター
作者 モンキー・パンチ
声優 小林清志
銀河万丈
演じた俳優 田中邦衛
ホシノケンジ
玉山鉄二
プロフィール
性別

男性

次元 大介(じげん だいすけ)は、モンキー・パンチの漫画作品およびそれを原作とするアニメルパン三世』シリーズに登場する架空の人物。

概要[編集]

ルパン三世の相棒で拳銃の名手。顎髭を生やし、主に紺系のダークスーツ[注 1]ソフト帽を常に着用している。作品によって帽子、帽子の帯、スーツ、ネクタイ、シャツの色が異なる。アニメではほぼ一貫して帽子を深くかぶってはいるものの、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)では、目線を見せている場面が比較的多いほか、『PartIII』の前半部分では完全に帽子を上げて自然に目を見せる作画で描かれていた。

また、コミカルなシーンに目を見せるケースが多く、シリアスなシーンには目を見せることはない(TVスペシャル『ルパン暗殺指令』)。原作でも時期によっては帽子を上げて表情を明らかにしている。髪は長髪にオールバックが基本だが、アニメの一部では前髪を垂らして目を隠していたりもする。作画上最も重要な箇所である目をほとんど見せないことにより作画の変化があまり感じられない[1]

名前の由来は、モンキー・パンチが「四次元」「次元が違う」などといった、「次元」という言葉が大好きであるため[2]

原作における次元[編集]

初出では第10話「ルパン殺し」より、ルパンを追う次元大介刑事(正体はニセルパンを追うルパン)として登場。次の「健在ルパン帝国」で本人が初登場し、ルパンの相棒になるきっかけも描かれている(この話で彼がルパンの幼馴染で、妹がいることが明かされている)。拳銃の名手という設定は五右ェ門加入以降徐々に加味されていったもので、当初は滑稽な役回りも多かった。拳銃はワルサーP38やルガーP08に似た、形式不明の自動式を愛用。『新ルパン三世』以降にはアニメと同じく回転式を使用している場面もある。

『新ルパン三世』第1話「ルパン一家勢揃い」では五右ェ門に変装して居合いの腕を披露している。その際、本物の五右ェ門が姿を現すまでは偽者だということさえ気付かれていなかったことから、原作に限れば居合いの腕も超一流であることがうかがえる。

性格も初期と後期では異なり、初期はルパンと何でも話しあう文字通り「相棒」という名にふさわしい陽気な性格だったが、『新ルパン三世』中期以降口数が少なくなり「寡黙でクールなガンマン」の性格が強くなる。また寝転んで足を組んでいる姿が定番のスタイルになる。

アニメでの次元[編集]

TV第1シリーズ』第1話「ルパンは燃えているか……?!」より登場。この時点で既にルパンの相棒となっている。その性格から必要なく過去を語らないため、家族関係等は明かされていない。しかし峰不二子のように特に国籍・正体不明というわけではなく、ルパン、石川五ェ門銭形警部のように先祖が有名人の家系というわけでもない。また、ルパンに「ガキの頃に縁日の射的で、あと1発のところで弾がなくなって泣き顔を見たことがある」[ep 1]と打ち明けているので、本来は平凡な日本人であったことが示唆されてもいる(ちなみに、このとき狙ってたのはピンクのドレスを着たフランス人形とのこと)。

殺し屋だったときに因縁のある敵が数多く登場していることから、殺し屋時代以降のエピソードは多く、『TV第2シリーズ』第66話「射殺命令!!」では6年前はニューヨークでの殺し屋、第76話「シェークスピアを知ってるかい」では8年前の冬にも既に殺し屋稼業だったと語っている。殺し屋以外では、時折ボディーガードや用心棒の仕事を受ける描写も見られる[ep 2]

LUPIN the Third -峰不二子という女-』が放送されるまでは、『TV第1シリーズ』第20話「ニセルパンを捕まえろ!」が、アニメで唯一次元が登場しないエピソードであった。

また、ルパン三世のことは「ルパン」、石川五ェ門のことは「五ェ門」、峰不二子のことは「不二子」と呼んでいる。銭形警部のことは「銭形」と呼ぶこともあるが、『TV第2シリーズ』以降は「とっつぁん」と呼ぶことが増えた(特に本人を前にして話すときは「とっつぁん」と呼ぶことが多い)。なお、銭形に関してはルパンと同じく敵ながら親しみに似た感情を抱いており、『TV第2シリーズ』では銭形をからかったり[ep 3]、茶化すような一言を投げかけて銭形を落ち込ませたりすることもあった[ep 4]

次元と銃[編集]

愛用リボルバー銃は S&W M19 コンバット・マグナム。様々な銃器を扱うがこの銃が最も使用頻度が高い。『EPISODE:0 ファーストコンタクト』では「じゃじゃ馬」と評していて、『GREEN vs RED』では「40年も使ってる」と語っている。

次元は拳銃使用の際にホルスターを使わず、ズボンとシャツの間(もしくはズボンとベルトの間)に挟んで持ち歩くことが多い。パイロットフィルムではスラックスのヒップポケットから抜く描写が、『TV第1シリーズ』の初期オープニングとTVスペシャル『ルパン暗殺指令』。『EPISODE:0 ファーストコンタクト』ではヒップホルスターを使用している描写が存在する。ショルダーホルスターを使用しているルパンとは対照的に腰の背部にしまっているのが特徴。

「オートマティックよりもリボルバーが好き」と語ったことがある(TVスペシャル『お宝返却大作戦!!』では、同じマグナム拳銃のデザートイーグルを品のない銃と評した)。また、ワルサーP38とは相性が悪く、ルパンからは「俺の恋人(ワルサー)大切にしてくれよ」と言われるシーンがある。TVスペシャル『1$マネーウォーズ』では、潜入した時に足を踏み外して落下しそうになった時にコンバットマグナムを落とし、同情したルパンからワルサーを借りたこともあった。しかし相性が悪いため、何度か使用してから返却した(このおかげでルパンは命拾いをした)。その後、コンバットマグナムの代わりにS&W M586を購入し、M19を取り返すまで使用した。 OVA『GREEN vs RED』では、ヘリに対抗する際にコンバットマグナムを紛失(後に五ェ門が回収)してしまったため、偶然その場にあったコルト・ガバメントを使用しているが、撃墜には至らなかった。しかし『TV第2シリーズ』第145話「死の翼アルバトロス」では、機上でとっさに銭形警部のガバメントを抜き、迫り来る複数の熱追尾ミサイルを全弾撃墜している。また手入れについても上手で、本人いわく「銃というのはメンテナンスが大事」とのことである。『GREEN VS RED』では、道端で出会った少年のリボルバー遊戯銃の故障を簡単に直してしまった。

超一流のガンマンであるため、その腕を買われることもしばしばある。ルパンと組む前は、南アフリカの王家の用心棒だったり(TVスペシャル『セブンデイズ・ラプソディ』)、ニューヨークマフィアのガルベス一家の用心棒でもあった(TVスペシャル『EPISODE:0 ファーストコンタクト』)。また、アラスカで列車強盗をしていた過去もあり(TVスペシャル『ヘミングウェイ・ペーパーの謎』)、アメリカ軍の給料輸送車を襲ったことがある。その際に仲間だったマッシュに裏切られて左腕を撃たれ、傷痕が残っている。

『TV第1シリーズ』第9話「殺し屋はブルースを歌う」では中盤、アジトに侵入した敵に利き手である右手を傷つけられた際、敵の車を止めるべく左手で拳銃を撃ったものの外している。次元自身も左腕だと狙いが定まらないという発言をしている。

なぜリボルバーを愛用しているかについては、殺し屋稼業が長かったせいであるという。殺し屋はむやみに乱射せず、一撃で確実に相手を射殺するのがいいとされており、その点では.357マグナム弾を使用するコンバットマグナムは対人殺傷用としては十分に威力がある。また、リボルバーは仮に不発が起こった際、もう1度引き金を引くだけで次弾が発射可能であり、信頼性が高い(オートマティックの場合、1度スライドを操作し、排莢しなければならない)。信頼性という理由でリボルバーを選ぶケースは実際でも見られ、アメリカ大統領シークレットサービスもリボルバーを愛用している[3][注 2]

拳銃以外の扱い[編集]

拳銃以外にも、狙撃銃対戦車ライフルなど、あらゆる兵器を使いこなしている。これには、さまざまな軍隊を流れ歩いたという設定があり、「戦争の英雄」と言われたギャランコや、フランス外人部隊の指揮官ギースの下で否応なく数回戦地に送り込まれた戦歴を持つことから会得したスキルとも言える。また、『PartIII』第50話では、原子力潜水艦イワノフの操舵まで行っている。それらのスキルを生かし、ヴェスパニア王国で軍隊の教官を務めていたこともあり、その際は部下から慕われていた(TVスペシャル『ルパン三世VS名探偵コナン』)。コンピュータやルパンオリジナルのメカを操作するシーンも多々ある。

個人としての戦闘能力は、用心棒や殺し屋稼業をしていたと言っても主に射撃面であり、特に武術の心得があるわけではない。そのため五ェ門などが武芸に秀でた殺し屋と戦う時は、「あんなのと当たらなくて良かったぜ」などの発言も時折見られる。しかしながら上記のような幾つかの傭兵体験や、ルパンと共に長年に渡って多くの死線や修羅場を潜り抜けてきただけあって、中途半端なチンピラ連中などでは相手にならないレベルの強さをいつしか自然と身に付けている[ep 5]。また愛用の拳銃が敵の策略によって使えなくなったときは鉄パイプと銃弾を使って即席のライフル銃を作って敵を倒したこともある[ep 6]

『ルパン三世 Master File』では、五右衛門に変装した際、本物には及ばなかったが見事な剣捌きを見せた。

次元が使用した拳銃以外の主な銃器

TVシリーズ
TVスペシャル
劇場版

帽子[編集]

帽子を「長年のトレードマーク」と自称しており、『TV第2シリーズ』第152話「次元と帽子と拳銃と」では「特定の規格の帽子(後述)の鍔を射撃のときの照準合わせに使い、着用しなければ命中率が落ちる(作中では全く命中しない)」という設定があったが、これは、この回限りで使われた特異な設定であり、基本的な次元の設定ではない。次元は原作や『TV第1シリーズ』第2話「魔術師と呼ばれた男」、『TV第2シリーズ』第75話「不二子に花嫁衣裳はにあわない」第137話「華麗なるチームプレイ作戦」や『PartIII』のオープニングや『ヘミングウェイ・ペーパーの謎』や『ルパン一家勢揃い』にみられるように、帽子なしでも変わらぬ射撃の腕を見せるのが通常である。

次元と女[編集]

アニメの次元は「女嫌い」で通しているが、実際は女性とのロマンス話が多く、女性の扱い方も心得ている。「ルパンより自分の方がもてる」という趣旨の発言をすることもしばしばある。『TV第2シリーズ』第26話「バラとピストル」では、ルパンが惚れていたフラメンコダンサー・リンダからバラの花を投げられた際、ルパンに対して「自分がいつも思っていたこと」として、「ルパンよりも自分の方がハンサムではないのか?」と述べている。

ルパンとの大きな違いは、常に女性に対してストイックに接する点である。ルパンには「何が女嫌いだ。お前はただのロマンチストだ」と罵倒されたことがあり[ep 7]、かつての恋人にも同様に「ロマンチスト」と評されている[ep 8]。ただ、『TV第1シリーズ』第17話「罠にかかったルパン」では、妖艶なクラブママの星影銀子の色香に負けて、デレデレしている場面もある。劇場版『カリオストロの城』のクラリスに対しては特に冷たい接し方はせず、むしろ好感を持っていて、ラストでは笑顔で手を振って別れるという態度を見せていた。

『ルパン三世Y』によると、「女嫌い」というわけではなく「女運が悪い」ため女性が信用ならないという設定になっていて、「最高の女に会っても気を許せるのは一晩だけ」という考えを持っている。そのため、アニメ同様、女性に素っ気ない態度で接しているが、不二子とわずかに親しくなった回もあった。

ファッション[編集]

おしゃれにはこだわりがあるらしく、『TV第2シリーズ』第128話「老婆とルパンの泥棒合戦」ではおろしたてのスーツに水を浴びせられて怒っている。好みの下着の色は紫で、それに拘るシーンもある(白色ブリーフ着用の場合もある。)。ドレスシャツは、アイビー御用達のボタンダウンのブルーを愛用。『PartIII』では、ルパンもボタンダウンを愛用するようになった。

プロフィール[編集]

また、『新ルパン三世』中でルパンの命を狙うライバル・シャードックに「ルパンの陰に隠れているが、実はルパンより切れ者」として頭脳を評価されている。自分を独身貴族と自称したことがある[ep 21]

補足[編集]

次元は元々「ルパンを長髪にして髭と帽子を付け加えて完成されたキャラである」と、作者のモンキー・パンチが『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で語っている。

宮崎駿は「次元はルパンがいなければ、パッとしない殺し屋か用心棒で終わる男。何よりルパンのだめなところに安心を見つけ、ひとえにルパンと並んで歩いている男」という人物設定にしている。また、目は極力帽子で隠すようスタッフに指示している。

基本的に宮崎以外のスタッフも、目は極力描かないようにしているが、TVスペシャル等では、中盤にて帽子が脱げ、素顔を晒している。ただしTVスペシャル以降は素顔を晒すのは一瞬だけとなり、帽子を外すシーンが長い場合は何らかの方法で目を隠すように[注 3]しており、『バイバイ・リバティー・危機一発!』『ヘミングウェイ・ペーパーの謎』では前髪がたれて目が見えるデザインであり、『セブンデイズ・ラプソディ』ではオールバックのデザインであった。

TVスペシャル『ルパン三世VS名探偵コナン』では江戸川コナンと共に探偵調査を行っており、コナンの正体が工藤新一だという事実をルパンから聞かされる。その際コナンと「日本人の親子」を装ったが、コナンにパパと言われからかわれていた。ヴェスパニア王国の法律では王族を裁く権限は国王にしかないと聞き、「お前らは19世紀か?」と評した。また、女王と王子殺害の犯人が雇われのスナイパーではないかと毛利小五郎が推理した際に、毛利蘭や王宮のメイド2人の脳裏に彼が浮かべられていた。コナンには一瞬手を見られただけでスナイパーとばれてしまった。

配役[編集]

メイン[編集]

  • 小林清志
    • パイロットフィルム
    • TVシリーズ
    • TVスペシャルシリーズ
    • 劇場版シリーズ(第4作『ルパン三世 風魔一族の陰謀』を除く)
    • OVAシリーズ(第2作『ルパン三世 生きていた魔術師』、第3作『ルパン三世 GREEN vs RED』)

その他[編集]

英語吹替版[編集]

  • アール・ハモンド
    全日空機内上映版 - 『ルパンVS複製人間』
  • スティーヴ・ブーレン
    ストリームライン・ピクチャーズ版 - 『ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』
  • リチャード・エプカー
    パイオニア版 - 『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』、『ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『ルパン三世 魔術王の遺産
  • ジョン・シュナイダー
    マンガ・エンターテイメント版 - 『ルパン三世 カリオストロの城』
  • エリック・マイヤーズ
    マンガ・エンターテイメントUK版 - 『ルパン三世 ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』
  • ショーン・P・オコネル
    アニメイゴ版 - 『ルパン三世 風魔一族の陰謀』
  • クリストファー・サバト
    ファニメーション版 - 『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』、『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』、『ルパン三世 ルパン暗殺指令』 - 『ルパン三世 1$マネーウォーズ』、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ PartIII』では、その下にオレンジ色ワイシャツを着用している。
  2. ^ ただし、リボルバーには逆にシリンダー部分を押さえられると射撃不可能になるという欠点もある。この方法での射撃抑止は指先の軽い力で可能であり、基本的に接近戦用の武器である拳銃にとっては弱点である。
  3. ^ 例えば前髪をたらして目を隠す、私服の際に他の帽子をかぶる、狼のコスプレ衣装をする、目が透き通らない眼鏡をかける。
出典
  1. ^ 『ルパン三世 PERFECT BOOK 完全保存版』(別冊宝島 (737))より。
  2. ^ 双葉社発行『ルパン三世カルトブック』より。
  3. ^ 漫画『ルパン三世Y』スーパーコレクション―次元大介編―
  4. ^ 劇場版『ルパンVS複製人間』の公開時のプログラムより。
  5. ^ 公式ホームページによる。
映像作品から引用
  1. ^ 『TV第2シリーズ』第148話「ターゲットは555M」より。
  2. ^ 劇場版「次元大介の墓標」など。
  3. ^ 『TV第2シリーズ』第36話「月影城の秘密をあばけ」より。
  4. ^ 『TV第2シリーズ』第138話「ポンペイの秘宝と毒蛇」より。
  5. ^ TVスペシャル『バイバイ・リバティー・危機一発!』、他
  6. ^ TVスペシャル『ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜
  7. ^ 『TV第2シリーズ』第58話「国境は別れの顔」より。
  8. ^ 『TV第2シリーズ』第111話「インベーダー金庫は開いたか?」より
  9. ^ 『TV第2シリーズ』第152話「次元と帽子と拳銃と」より。
  10. ^ 『TV第2シリーズ』第13話「サンフランシスコ大追跡」より。
  11. ^ 『TV第2シリーズ』第26話「バラとピストル」より。また、描かれていたのは実際に市販されたマッハ1ではなくプロトタイプモデルだった。
  12. ^ 『TV第2シリーズ』第41話「かぐや姫の宝を探せ」、第66話「射殺命令!!」より。第41話に登場した車体はリアがフォルクスワーゲン・タイプ1に似た形状になっている。
  13. ^ 『TV第2シリーズ』第47話「女王陛下のズッコケ警部」より。
  14. ^ 『TV第2シリーズ』第102話「ルパンはシャネルがお好き」より。
  15. ^ ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜』、『ルパン三世 the Last Job』より。
  16. ^ 『峰不二子という女』第2話「.357マグナム」より。
  17. ^ 劇場版『ルパンVS複製人間』より。
  18. ^ 『TV第2シリーズ』第48話「非常ベルにルパンは笑う」より。
  19. ^ a b 『TV第2シリーズ』第145話「死の翼アルバトロス」より。
  20. ^ 『TV第2シリーズ』第5話「金塊の運び方教えます」ではニースのレストランで海老に舌鼓を打つ描写があるが、その後の第74話「恐怖のカメレオン人間」では「エビは嫌い」と述べている。
  21. ^ 『TV第2シリーズ』第27話「シンデレラの切手はどこへいった」より。

関連項目[編集]