さらば愛しきルパンよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルパン三世 > ルパン三世 (TV第2シリーズ) > さらば愛しきルパンよ

さらば愛しきルパンよ』(さらばいとしきルパンよ)は、1977年から1980年に放送された『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』(以下、『TV第2シリーズ』)第155話(最終話)のサブタイトル。宮崎駿が「照樹務」名義で脚本・演出を担当した。

概要[編集]

『TV第2シリーズ』に不満を感じた宮崎が制作し、第145話「死の翼アルバトロス」同様、イメージが違うとして日本テレビのスタッフが没にしようとした経緯を持つ。当初のシナリオ・タイトルは、「ドロボウは平和を愛す」であった。

作品としては、ロボット兵が登場し、ヒロインの声が島本須美であるなど、宮崎の代表作『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の原型となる特色が強い。ラストについては、『ルパン三世 カリオストロの城』におけるエンディングや、冒頭のカーチェイスを彷彿させるものとなっている。

2011年に実施された「ルパン三世アニメ40周年記念 マイ・ベストエピソード投票」の「TV第2シリーズ部門」では本作が第1位になり、宮崎作品のルパンでは劇場版・OVA部門の『ルパン三世 カリオストロの城』とともに二冠を達成している。

あらすじ[編集]

謎のロボットが突如東京の上空に現れ、宝石店を襲撃。店から宝石を奪い去って行ったロボットが残したのは、ルパンの犯行声明カードであった。

ロボットの正体は、永田重工で開発され輸送中に何者かによって強奪されていた装甲ロボット兵「ラムダ」だった。テレビ局にルパンのメッセージビデオが届くに至り、日本政府は非常事態宣言を発令し、ラムダの破壊を決定。日本に帰国した銭形警部は「ルパンがこんなことをするはずがない、あれは偽者だ」と主張するが、警視総監は聞く耳を持たず、街中には出動した自衛隊の操る戦車部隊が展開される。

そして再び出現したラムダに対し自衛隊は、市民の被害を全く省みない攻撃を展開し、戦車隊の発砲で街は大パニックに陥る。だがその混乱の中、銭形はラムダが逃げ遅れた人々をかばう姿を見た。追跡の末、銭形はルパンのアジトを突き止めるが、ルパン一味に捕らわれてしまう。

拘束された銭形の前に、ラムダを操縦していた娘が姿を見せる。彼女はロボット科学者・小山田博士の娘である小山田真希。永田重工の資金援助で装甲ロボット兵を開発した小山田博士は、その危険性を感じて開発を中止しようとしたが、研究データ全てを永田重工に奪われて、失意の内に亡くなっていた。真希は父の遺志を継ごうとするも、軍事機密の壁に阻まれて明かす事が出来ず、そんな所をルパン一味に唆されてロボットを操り、犯罪を行うことでロボット兵の危険性を世間に訴えようとしていたのだった。

ところがルパン一味は真っ赤な偽者であり、ロボット兵の危険性を訴えるどころか、むしろロボット兵を量産し儲けようと企む永田重工の手の者だった。一連の騒ぎでロボット兵の有効性は十分にデモンストレーションでき、国防会議による量産型ロボット兵の大量発注も決まったとほくそ笑む偽ルパン一味は、用済みになった真希を縛り上げてラムダに乗せ、自衛隊に撃墜させて証拠隠滅を図ろうとする。

しかしアジトが爆破され、ラムダが飛び立った時、脱出した銭形がラムダに飛び乗った。変装を取った顔を見て真希は驚く。なんと銭形に変装していたのは本物のルパンだったのだ。ルパンは、偽ルパン一味と決着をつけるべく、真希の操縦するラムダと共に、黒幕である永田重工社長のいる本社工場へ向かうのだった…。

声の出演[編集]

レギュラーキャラクター以外の登場人物[編集]

ルパン三世 (TV第2シリーズ)の登場人物#第155話「さらば愛しきルパンよ」を参照。

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • Superman TheMechanicalMonsters (1941)
    ロボット兵ラムダは、ほぼ同じ姿で『天空の城ラピュタ』にも登場している。ただし、ラピュタのロボット兵は無人で(「シグマ」のシステムはそれだが)、推進もプロペラではない。またフライシャー兄弟の『スーパーマン』の1エピソード「メカニカル・モンスターズ」に登場するロボットのデザインに酷似し、ロボットの開発シーンなど、『スーパーマン』でメカニカルモンスターが登場した回のものとほぼ同じレイアウトも存在する。また、それを示唆する銭形のセリフもある。
  • クライマックスの展開は、新ルパンに登場しているルパンは実は偽者だったのではなかろうか、という問いかけになっている。放映直後の『アニメージュ』誌のインタビューにおいても宮崎駿がその意図をこめて演出したことを認めているが、公式媒体等では新ルパンの物語はすべて本物であったという扱いになっている。
  • ラストシーン、ルパンたちの乗る車は、朝陽の中を走り続ける。実はこのシーン、製作時のミス(最終回なので次回予告が無い事を忘れていた)で時間が余ってしまい、仕方なく同じ映像を反復して尺を稼いだところ、逆に印象的なシーンになったのだという。なお、このシーンでルパン達が乗っていた車はアルファロメオ・グランスポルトやメルセデスベンツSSKではなく、宮崎お気に入りのフィアット・500であった。同車は劇場版『ルパン三世 カリオストロの城』でも活躍している(当時氏が所有していたのはクラリスの乗る2CVで、500は大塚康生が所有していた)。
  • 劇中登場する偽ルパン一味のアジト「葉桜」の看板は、実際に環七通り中央線付近から「黄桜」看板として確認できたが、2000年代に撤去された。ビル自体は現存する。同じく作中で登場する中野病院も早稲田通りに2000年代まで存在したが、現在は違う医院となっている。なお、銭形が電車の窓から降りた場所は新宿東口だが、今とはビルのテナントが全く違っている。
  • 2012年11月2日に放送された『ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜』では回想シーンにロボット兵ラムダが登場している。

参考文献[編集]

  • 『ルパン三世 死の翼アルバトロス・さらば愛しきルパン スタジオジブリ絵コンテ全集〈2〉第2期』
徳間書店、2003年、ISBN 978-4198616670