星をかった日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

星をかった日』(ほしをかったひ)は、三鷹の森ジブリ美術館にて公開されている短編アニメーション。上映時間は約16分。原作は井上直久の「イバラード」から。

あらすじ[編集]

人々の時間の使い方を監督する時間局から逃れる為に家を飛び出した主人公の少年ノナは、ある田舎で不思議な女性ニーニャと出会い、彼女の農園で新しい生活を始める。ある日、謎の行商人スコッペロとメーキンソーと出会ったノナは、自分の育てたカブを、彼らの売り物である小さな星の種と交換する…。

概要[編集]

スタジオジブリの映画作品『耳をすませば』、『猫の恩返し』にも登場する「イバラード」の世界が舞台である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

備考[編集]

  • ジブリ美術館地下一階の映像展示室『土星座』で随時上映されている。
  • 聴覚障害者への配慮から字幕版もある。