アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ
画像の固体はオーナーの手により一部カスタムされている。
Alfa Romeo Quattroruote Zagato.jpg
販売期間 1965年 - 1967年
デザイン ザガート
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン 1,600cc 直4 DOHC
変速機 5速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン/コイル
後:コイル
全長 3,670mm
全幅 1,620mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 750kg
別名 クアトロルオーテ 4R ザガート
-自動車のスペック表-

グランスポルト・クアトロルオーテGran Sport Quattroruote)は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオ1965年から1967年まで生産した2ドア・オープンカーである。

概要[編集]

イタリアの自動車雑誌クアトロルオーテを主宰していたジャンニ・マゾッキが、ミッレミリアなどのスポーツカーレースで活躍した6C1750グランスポルトを復刻させようと提唱したのが始まりである。忠実に復刻するのではなく現代(1965年)のアルファ・ロメオのコンポーネンツを用いて当時の雰囲気を現代に蘇らせるのが目的だった。この企画はアルファ・ロメオとオリジナルの6C1750グランスポルトも手がけたカロッツェリアザガートがそれに応える形でスタートした。

エクステリア・デザインはザガートが当時の図面を引っ張り出して、それを元に新しくデザインを起こした。

パワーユニットは101系ジュリアTIおよびジュリア・スパイダーの4気筒1,600ccDOHCエンジンとギアボックスを流用している。足回りもジュリアの設計を用いている。ステアリング機構はラック・アンド・ピニオン式を採用しており、ウォーム・アンド・セクター式を採用した101系ジュリア、ジュリア・スパイダーに比べて、前輪の荷重負担が軽減されている。ブレーキはボディデザインに合わせてドラムブレーキ式が採用された。

1965年にプロトタイプが完成しトリノ自動車博物館で行われたカロッツェリア・イタリアーナにて披露された。この時披露されたプロトタイプはオリジナルの6C1750グランスポルトに倣ってステアリング位置は右側だった。

生産台数は50台限定(一説には75台)の予定だったが、その後注文生産になったため総計約92台が造られた。当時アルファ・ロメオのディーラーだった伊藤忠オートの記録簿によれば、6台が日本へ正規輸入されている。そのうち2台が特注で造られた右ハンドル仕様だった。右ハンドル仕様についてはボディの構造上、ペダル周りが狭くなってしまうため、スカットルの右側にバルジを設けることでこの問題を解決している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]