アルファロメオ・スパイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリーズ1(ボートテール)
シリーズ2
シリーズ3
シリーズ4

スパイダーは、イタリア自動車メーカーアルファロメオが1966年から製造している2ドア・オープンカーである。

1993年までのモデルはアルファロメオ・ジュリアのシャシーを用いた独自のデザインのモデルであったが、その後のモデルはアルファロメオ・GTVアルファロメオ・ブレラのルーフを切り取ったオープン版で、キャビン以外はベース車とほぼ共通設計である。各車ともカロッツェリアピニンファリーナの車体製造となっている。

概要[編集]

初代(1966-1993年)[編集]

ボートテール時代[編集]

アルファロメオ・ジュリア(105系)のオープンモデルとして、ジュリア・スプリントGTVの1,570cc109馬力エンジンを与えられて1966年のジュネーブ自動車ショーでデビュー、ジュリアの名は与えられず、「アルファロメオ1600スパイダー・デュエット」と命名された。デザインは先代のアルファロメオ・ジュリエッタ・スパイダー同様、カロッツェリアピニンファリーナであったが、息子のセルジオに後を譲る直前のバッティスタ・ファリーナが手がけた最後のプロジェクトであった。実際、デュエットのデザインの源流は1959年のプロトタイプ「3500スパイダー・スーペルスポルト」、1961年の「ジュリエッタSSスパイダー・スペチアーレ・アエロディナミーコ」まで遡ることが出来る。

1967年にはベースが1750に変わり、1,779cc118馬力エンジンとなって「1750スパイダー・ヴェローチェ」に改称された。1968年にはGT1300ジュニアと同じ1,290cc89馬力の「スパイダー1300ジュニア」が追加された。1750とはヘッドライトのアクリル製カバーやホイールキャップがないことで識別される。このモデルは1967年の映画「 卒業」(ダスティン・ホフマン主演)の主人公の愛車として使われ、映画のヒットとともに広く知られることとなった。

カムテール時代[編集]

1970年には大幅なマイナーチェンジを受けた。最大の変化は、テールが下がった従来の「ボートテール」から、直線的な「カムテール」になったことであり、トランクスペースが拡大した。また、フロント周りのデザイン変更、より直立した大型のウィンドースクリーン、吊り下げ式のペダル、クラッシュパッドが入った新しいダッシュボードなども与えられた。

1971年には1750が1,962ccの2000に発展したことを受けて、「2000スパイダー・ヴェローチェ」が1750に代わって登場した。翌1972年には1300と2000の中間車種として、1,600cc版が「スパイダー1600ジュニア」として、1300と同じ簡素な外装で再登場した。1974年には一時的に、ルーフの一部のみが脱着式の「スパイダー・タルガ」が2,000台弱生産された。

1300は1974年に、2000は1975年に、小さなリアシートが追加されて2+2化された。1300は1977年に生産中止された。また、1974年以降の対米輸出車には大きなゴム製の衝撃吸収バンパーが装備された。また当時の技術水準による排気ガス対策により性能が大幅に低下した。当時の日本へもこの仕様が輸入された。

1980年代[編集]

1983年、スパイダーには13年ぶりの大きなマイナーチェンジが施された。フロントグリルと一体化した大型バンパー、リアスポイラーと一体化した大型リアバンパー、大きなテールランプ、一新されたダッシュボードなどが装備された。車名は「アルファロメオ・スパイダー」に単純化された。エンジンは1,570cc104馬力と1,962cc128馬力の二種類があった。

1986年には流行のエアロパーツを装備し、1,962cc132馬力に強化された「クワドリフォリオ・ヴェルデ」(Quadrifoglio Verde )と、シンプルな「グラジュエイト」(映画からの命名)にグレードが分けられた。シリーズ3から本革シートやエアコンも装備可能となり、すでにスポーツカーとしてはエンジン・シャシーとも時流に遅れていたことから、雰囲気とスタイルを楽しむパーソナルカーとしての性格が強まっていく。

最終型[編集]

1990年には最後の大変更を受けた。従来の対米輸出車に加え、本国向けに燃料噴射エンジンが与えられた。ノーズとテールを中心にスタイリングは改められ、特にテールデザインはヒット作となっていた中型サルーン・164と共通のイメージとなった。ダッシュボードは豪華なものに一新され、パワーステアリングが標準装備となり、運転席エアバッグも装備された。3速オートマチックも選択可能となった。エンジンは1,962cc126馬力のみとなり、グレードは基本モデルの「スパイダー」と、軽合金ホイールや本革シート・エアコンが与えられた上級版「スパイダー・ヴェローチェ」の2種があった。1993年をもって、27年間続いた初代モデルは生産を終了した。

二代目(1995-2006年)[編集]

二代目
三代目

形式名916。デザインと車体製造はピニンファリーナで、当時の開発責任者・エンリコ・フミアの作品である。プラットフォームはフィアット・ティーポ等と同じ「ティーポ2」となり、横置きエンジンの前輪駆動車となった。

三代目(2006年-)[編集]

形式名939。GTVのモデルチェンジに伴い、スパイダーも変更された。ブレラはジョルジェット・ジウジアーロ のデザインであるが、オープンモデル化はアルファロメオとピニンファリーナの共同作業で行われ、生産は引き続きピニンファリーナが担当する。V6エンジン車にはQ4と呼ばれるフルタイム四輪駆動システムが与えられ、本国ではディーゼルエンジン車も存在する。

日本への輸入[編集]

伊藤忠オート日英自動車大沢商会から現在の「アルファロメオジャパン」に至る各社が継続的に輸入販売を行っている。1980年代半ば、一時的に輸入代理店が無くなり、並行輸入が行われていた。

参考文献[編集]