アルファロメオ・アルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルファロメオ・アルナ
5ドア
Alfa Romeo Arna con Graffiti di Roma.jpg
3ドア
Alfa Arna.JPG
販売期間 1983年 - 1987年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3/5ドア ハッチバック
エンジン 水平対向4気筒OHV
変速機 5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立 マクファーソンストラット コイル 後:独立 トレーリングアーム コイル
全長 4095mm
全幅 1620mm
全高 1390mm
ホイールベース 2415mm
車両重量 850kg
先代 アルファロメオ・アルファスッド
-自動車のスペック表-

アルファロメオ・アルナイタリア自動車製造会社のアルファロメオ社が1983年から1987年まで製造販売した小型大衆車

概要[編集]

日産自動車と提携し、合弁会社Alfa Romeo Nissan Autoveicoli社を設立、イタリア半島の先端近くのプラトーラ・セラに新築された工場で生産されたが、合弁事業は短命に終わった。アルナは同社の頭字語から命名された。

1983年のフランクフルト自動車ショーでデビューを飾った。N12系日産・パルサー(欧州名チェリー)の姉妹車であったが、アルファスッド以来の水平対向4気筒エンジントランスミッション、フロントサスペンションを流用していた(後輪サスペンションはパルサーと共通)。ボディパネルは日本の日産でプレス加工され、イタリアで組み立てられた。プラトーラ・セラ工場には日産の最新技術による産業用ロボットも積極的に導入され、日産版の「ニッサン・チェリー・ヨーロッパ」もここで生産された。

アルナは商業上の成功を収めることができず、僅か4年間で生産中止された。アルナは不幸にも両親であるアルファロメオと日産の美点「前者の美しいデザインや俊敏な操縦性と、後者の高い品質や信頼性の結晶」ではなく、アルファロメオに付き物だった電装系のトラブルと、当時の日本車にありがちな無個性スタイルと退屈な操縦性という、両者の欠点を寄せ集めたような自動車であった。そのため、後年ベストカー誌では、「アルファと日産の担当を、逆にすれば良かったのでは?」と皮肉られた。

車種[編集]

発売当初のアルナはアルファスッドの1166cc63馬力エンジンを持つ3ドア(L)と5ドア(SL)の2車種であった。翌1984年に3ドア1300ccのTIが追加、1985年には1200の出力が68馬力に向上、1500ccのTIモデルも登場、この車種は「ニッサン・チェリー・ヨーロッパGTI」としても売られた。日本には輸入されなかったが、当時のパルサーには「ミラノX1」という、アルファロメオを意識したグレード名のスポーティモデルが存在した。

日産との合弁はビジネスとしては失敗であったが、アルファロメオ側が日本の生産技術から学んだ点は少なくなく、フィアット・グループに残されたプラトーラ・セラ工場はヨーロッパでも有数の近代的な自動車工場として、現在でもアルファロメオ及びランチア車の生産を行っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]