アルファロメオ・164

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
164 (E-164A)

アルファロメオ・164は、イタリアの自動車メーカー・アルファ・ロメオ1987年から1998年まで販売していたセダンである。

プラットフォーム等を共有する姉妹車として、ランチア・テーマサーブ・9000フィアット・クロマがあった。

概要[編集]

アルファ・ロメオがイタリア産業復興公社(IRI)の支配下にあった時代に開始された中型セダンである。アルファロメオがフィアットに買収された翌年の1987年、フランクフルトショーでデビューした。

当初は後輪駆動レイアウトで計画されていたものの[要出典]、当時のアルファロメオの深刻な経営不振のため、4社共同の「Tipo4プロジェクト」への参加による前輪駆動車に変更された。同プロジェクトにより誕生した車種には他に、ランチア・テーマサーブ・9000フィアット・クロマがある。一方で、独自のスタイリングはピニンファリーナ(メインデザイナーはエンリコ・フミア)によるものであり、1988年には「トリノ・ピエモンテデザイン賞」を受賞している。

モデル[編集]

モデル期としては1987年の発売から1993年マイナーチェンジまでの前期と、それ以降の後期に分かれる。派生グレードとして、「クアドリフォリオ(QV)」やフルタイム4駆システムを搭載した「Q4」(1994年に発売)などがあった。

1993年にはパッシブセーフティ強化を主な目的にボディが強化され、DOHC24バルブエンジンを搭載した「スーパー(Super)」が投入された。また、従来のSOHC12バルブモデルはフェイスリフトなどの小改良を受けた(164FL)。この時のフェイスリフトでは、ヘッドライトが薄いプロジェクターランプに変更されたことで判別ができる。ただし、北米仕様は法規の関係でマイナーチェンジ前と同様のヘッドライトを装備している。内装では、エアコンパネルがピアノタッチのものに変更された。

1995年には小改良とともにスーパーがスーパー24Vとなり、ノーマルボディのFLが消えてスーパーボディのスーパー12Vとなった。またQ4も小改良を受けた。

標準モデルのサイズは(全長)4555mm×(全幅)1760mm×(全高)1400mmであるが、後期のスーパーボディでは前後のバンパーが大型化されたことにより全長が4665mmに延長された。初期ボディのCd値は0.30であった[1]

クアドリフォリオ(QV)[編集]

164クアドリフォリオ (E-164AG)

1990年に台数限定で発売されたチューニングバージョンである。クアドリフォリオとは「四葉のクローバー」を意味し、ジュリア以来アルファ・ロメオの高性能モデルに付けられている名称である。エンジンはハイカム化等のチューニングを施され、ノーマル比15ps増の200ps。このユニットは「世界一官能的なV6」とも呼び称された[要出典]

外観上は、エアロパーツとスピードライン社製の15インチ専用ホイールが装備されている。また、サイドミラーもボディ同色に塗装されている。内装ではレカロ社製のレザーシートが装備され、メーターナセルに赤いステッチが付くなどの特徴がある。後期型として、24Vのクアドリフォリオも製造された(日本では販売されず)。QVと表記されることもあるが、これはクアドリフォリオ・ベルデ(Quadrifoglio Verde=緑の四葉のクローバー)の略である。

Q4[編集]

164Q4 (E-164K1H)

FFとしてデビューしたアルファ164であったが、1994年、四輪駆動のスポーツサルーンとしてQ4が登場する。これは1991年ジュネーブショーに出品されたコンセプトカー"プロテオ"に搭載された、シュタイヤープフ社と共同開発した"ビスコマティック"と呼ばれるフルタイム4WDシステムと、ゲトラグ社製の6速MTを搭載したモデルであった。232psを発揮する164QV 24V(日本未導入)用のエンジンおよびボディに4WDシステムを搭載しており、リアにドライブシャフトを収めるためにトランクが狭くなっていたり、専用のマフラーが付いていたりするなどの特徴があった。シートはQVと同様レカロ社製のレザーシートが付き、ホイールは専用のスピードライン社製の16インチであった。

プロカー4[編集]

164プロカー4

1988年よりFISAが予定していたプロカー選手権用の競技車両としてアバルトと78年までのF1エンジン供給先であったブラバムと関係のあるMRD(Motor Racing Developments Ltd)により1987年製作。通称としてはアルファロメオとしての「164 Procar4」、MRD開発コード「BT57」、アバルト開発コード「SE046」と3つの名前を持つ。NA3.5リッターエンジンを搭載し、25000台以上を生産する量産車のスタイルを保っていればボディの材質やメカニカルな部分の制限は一切ないというWRCのグループSと同等のレギュレーションであったが選手権頓挫により試作、テスト段階まで準備が整っていた車両である。 スタイリングは車高の低い164同等だが、85年製作である3.5リッターV10エンジンを縦置きミッドシップとし、シャシーは1975年ブラバム・BT45譲りのノーメックスアルミハニカムコアであるカーボンパネルで構成され、カウルはセンターモノコックより前後3分割できる文字通りのレースカーであった。ランチア・ベータ・モンテカルロのGr.5時代よりアバルトのオファーが多いかつ、当時ブラバムのドライバーであるリカルド・パトレーゼ等によりラウンチテストが行われ、最高速度340Km/h、0-400mは僅か9.7秒、0-1000mは17.5秒という記録を叩き出す。数日後の1988年9月9日、イタリアGPの開催されるモンツァ・サーキットに持ち込まれデモランが行われた。

エンジン[編集]

DOHC 24Vエンジン(Q4)

エンジン構成としては前期モデルでは2リッター直4ツインスパーク(アルファ・ロメオ製)、2.5リッター直4ディーゼルターボ(VM製)、3リッターV6(アルファ・ロメオ製)が用意された。また1988年にはランチアテーマターボ用2リッター直4ターボ(フィアット製)も追加されたが、後にイタリア国内専用として2リッターV6ターボ(アルファ・ロメオ製)へ変更された。本国およびEU内での主力エンジンは2リッターツインスパークであったが、日本へは3リッターV6のみが輸入された。これはアルファ6(セイ)から引き継いだオールアルミ製のエンジンで、この後も改良を受けながら、SZ/RZ、156、166と引き続き使用された。当初はヨーロッパでの主力エンジンは2リッターであったが、安全性等の改良によりボディが重くなるにしたがって販売が3リッターV6にシフトしていった。

後期型では3リッターV6(アルファ・ロメオ製)がダイレクトイグニション化などの改良を受けた。その後ヘッドを24バルブ化した3リッターV6 24バルブDOHCエンジンも追加された。スーパー24VとQ4は同じ3リッターDOHCエンジンであるが、チューニングが異なる。

  • 2リッターツインスパーク(直列4気筒SOHC): 143ps(日本未導入)
  • 2.5リッターディーゼルターボ(直列4気筒): 125ps(日本未導入)
  • 3リッターV6(SOHC) : 185ps
  • 3リッターV6(QV・SOHC) : 200ps
  • 2リッターV6ターボ(SOHC) : 204ps(日本未導入)
  • 3リッターV6 24V(DOHC) : 210ps
  • 3リッターV6 24V(Q4&QV・DOHC) : 232ps

内外装色[編集]

ノーマルボディの外装色は腰から下を艶ありのガンメタリックに塗られた2トーンが基本であった。ただし、外装色がグリーン、プロテオレッドの場合は上下とも同色に塗られた。またQV、Q4も2トーンであるが、ボディ下部のプレートはエアロパーツを含めて専用の艶消し塗装となった。スーパーボディでは上下とも同色となり、間にクロームのモールが配された。ただし、ホワイトの場合は下部がシルバーとなる場合もあった。スーパーの最終型ではモールがブラウンに変更され、内装でもステアリングがエアバッグ付きのウッドのものに変更されるなどの差異があった。

主な外装色は以下の通りであった。(括弧内はカラーコード)

  • Rosso Alfa - アルファレッド(130)
  • Rosso Bordeaux metallizzato - ボルドーレッドメタリック(146)
  • Bianco Freddo - コールドホワイト(230)
  • Nero - ブラック(601)
  • Rosso Proteo metallizzato - プロテオレッドメタリック(195)
  • Verde Mitro metallizzato - ミルトールグリーンメタリック(364)
  • Blu Genoa metallizzato - ジェノアブルーメタリック(477)
  • Grigio Titanium metallizzato - チタニウムメタリック(613)
  • Nero metallizzato - ブラックメタリック(632)
  • Grigio Lothar metallizzato - ガンメタリック(642)
  • Grigio Dakar metallizzato - ダカールメタリック(643)
  • Grigio Nuvola metallizzato - ヌボラグレーメタリック(644)
  • Grigio chiaro metallizzato - ライトグレーメタリック(676)
年式・グレードによって制限あり
(195)はQ4専用色
QVは(130)(230)(601)(676)のみ

内装色は以下の通りであった。

  • Velluto Blu - ナイトブルー・ベロア(140)
  • Velluto grigio - グレイミックス・ベロア(160)
  • Pelle Nebraska rosso Oriente - レッド・レザー(401)
  • Pelle Nebraska cuoio naturale - タン・レザー(405)
  • Pelle Nebraska grigio antracite - ブラック・レザー(406)
外装色と内装色の組み合わせは年式・グレードによって制限あり
QV、Q4、Super24Vはレザーのみ

日本での販売[編集]

164スーパー (E-164K1P)

日本導入は本国発表から遅れること約1年半、当時のインポーターである大沢商会アルファロメオ事業部を通じて輸入され、大沢自動車販売株式会社ネットワークとコーンズモータース・ネットワーク系列で1989年4月に3.0V6モデルが発売された。左ハンドルのほか、ATモデルでは右ハンドル車も輸入販売された。また、リアウィンドウ内の下部にハイマウント・ストップ・ランプが装備されたモデルもあった。この場合は、リアウィンドウの熱線がハイマウント・ストップ・ランプを避けるかたちで配置されていた。

また、日本仕様ではフロントフェンダーのウィンカーランプが大型のものに変更されていた。それに伴い、ランプ横にあるピニンファリーナのバッジが短くされており、本来は「DESIGNO DI PININFARINA」と表記されているところが「BY PININFARINA」になっていた。

発売当初は3リッターV6エンジン、ATモデル単一車種構成だったが、1990年11月にマニュアルミッション搭載、エンジンにライトチューンを施したスポーティーバージョンの「クアドリフォリオ(QV)」が追加された。翌年、ATモデルもエンジン搭載位置の見直しなど小改良が実施され、「164L」となった。Lにはレザーシートでリアにも電動リクライニング機構が付いた上級版も存在した。

主なグレード、形式、製造年は以下の通り。

  • 164 (E-164A) : 1987年6月 - 1991年7月
  • 164QV (E-164AG) : 1990年11月 - 1993年9月
  • 164L (E-164) : 1991年7月 - 1993年9月
  • 164L(FL) (E-164B) : 1993年9月 - 1995年6月
  • 164Super (E-168B) : 1993年9月 - 1995年6月
  • 164Super12V (E-164K1P) : 1995年6月 - 1998年
  • 164Super24V (E-164K1G) : 1995年6月 - 1998年
  • 164Q4 (E-164K1C) : 1993年12月 - 1994年
  • 164Q4 (E-164K1H) : 1994年 - 1998年

終焉[編集]

アルファ164は登場以来およそ10年間、アルファ・ロメオのフラグシップモデルとして販売され、1998年に生産を終了した。累計の生産台数は約27万台であった[2]。なお、1995年にアルファロメオがアメリカ市場から撤退する際に、最後まで販売されていたモデルでもあった。1998年には、後継モデルとして166の生産、販売が開始された。

脚注[編集]

  1. ^ CG、二玄社、1987年12月号、1990年9月号
  2. ^ http://www.digest.net/alfa/FAQ/164/164prod.htm

外部リンク[編集]