アンドレア・デ・アダミッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・デ・アダミッチ
基本情報
フルネーム アンドレア・ロドヴィコ・デ・アダミッチ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・トリエステ
生年月日 1941年10月3日(73歳)
F1での経歴
所属チーム '68 フェラーリ
'70 マクラーレン
'71 マーチ
'72, '73 サーティース
'73 ブラバム
活動時期 1968, 1970 - 1973
出走回数 36 (30 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 6
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1968年南アフリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1973年イギリスGP
テンプレートを表示

アンドレア・ロドヴィコ・デ・アダミッチAndrea Lodovico de Adamich[1], 1941年10月3日 - )は、イタリアトリエステ出身の元レーシングドライバーである。1968年1月1日F1世界選手権にデビュー、36戦に出走して6ポイントを獲得した。

来歴・人物[編集]

1971年ドイツGPマーチをドライブするデ・アダミッチ
アルファロメオ・33TT12をドライブするデ・アダミッチ(1974年、ニュルブルクリンク

1965年にイタリアF3チャンピオンに輝く。同じ年にアルファ・ロメオのワークスチーム、アウトデルタに加入。1966年にヨーロッパツーリングカー選手権チャンピオンを獲得。1968年南アフリカGPフェラーリからF1デビューするがオイルにのってスピンしてリタイヤする。この年はフルシーズン参戦が予定されていたが、非選手権レース「レース・オブ・チャンピオンズ」の予選中の事故で首を負傷[2]したため南アフリカGPのみの出走になった。シーズン後半に行われたアメリカF2トーナメントで優勝する。

1969年にアウトデルタに再加入、1970年にアルファロメオ・V8エンジンを搭載したマクラーレンでF1に復帰。翌1971年は同じくアルファロメオのエンジンを載せたマーチからフル参戦する。

1972年、デ・アダミッチはスポンサーを持ち込んでサーティースに加入。ハラマ・サーキットで行われたスペインGPで4位。翌1973年スポンサー込みでブラバムに移籍。ベルギーGPで4位入賞するが、イギリスGPの2周目にジョディー・シェクターが引き起こした多重事故に巻き込まれ、左足、右足首の骨を折る重傷を負い[3](この事故ではアダミッチのみが負傷した[3])、デ・アダミッチのF1キャリアは終わりを告げた。1974年限りで引退後はイタリアでモータースポーツジャーナリスト、イタリア・1のスポーツ番組『Grand Prix』のコメンテーターとして活動、アルファロメオのレースカーを製造するN.テクノロジーの副社長も務める。

年度別成績[編集]

F1世界選手権[編集]

(key)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC Points
1968 スクーデリア・
フェラーリ
312/67 フェラーリ
V12
RSA
Ret
ESP MON BEL NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX NC 0
1970 マクラーレン M7D アルファ・ロメオ
V8
RSA ESP
DNQ
MON
DNQ
BEL FRA
NC
GBR
DNS
NC 0
M14D NED
DNQ
GER
DNQ
AUT
12
ITA
8
CAN
Ret
USA
DNQ
MEX
1971 STP マーチ 711 アルファロメオ V8 RSA
13
ESP
Ret
MON NED FRA
Ret
GBR
NC
GER
Ret
AUT ITA
Ret
CAN USA
11
NC 0
1972 サーティース TS9B コスワース V8 ARG
Ret
RSA
NC
ESP
4
MON
7
BEL
Ret
FRA
14
GBR
Ret
GER
13
AUT
14
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
17位 3
1973 サーティース TS9B コスワース V8 ARG
BRA
RSA
8
16位 3
セラミカ・パニョシン MRD BT37 ESP
Ret
BEL
4
MON
7
SWE FRA
Ret
BT42 GBR
Ret
NED GER AUT ITA CAN USA

ル・マン24時間[編集]

チーム No コ・ドライバー 車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
1970 イタリアの旗 アウトデルタSpA 36 イギリスの旗 ピアス・カレッジ アルファロメオ・T33/3 P3.0 222周 DNF DNF
1972 イタリアの旗 アウトデルタSpA 18 イタリアの旗 ニーノ・ヴァッカレラ アルファロメオ・33TT3 P3.0 307周 4位 4位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIA Year Book of Automobile Sport 1975. Patrick Stephens Ltd.. white p. 34. ISBN 0-85059-195-3. 
  2. ^ Grandprix.com”. 2012年6月8日閲覧。
  3. ^ a b アラン・ヘンリー著・高斎正訳『世界の有名な50レース』(ソニー・マガジンズ、1991年)p.150。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
"ゲキ"
イタリアF3選手権チャンピオン
1965
次代:
エルネスト・ブランビラ
先代:
ジョン・ウィットモア
ヨーロッパツーリングカー選手権
チャンピオン (Div.2)

1966-1967
次代:
ジョン・ローズ