ブラバム・BT60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラバム・BT60Y / BT60B
BT60B
BT60B
カテゴリー F1
コンストラクター ブラバム
デザイナー セルジオ・リンランド
ティム・デンシャム
先代 ブラバム・BT59
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン BT60Y: ヤマハ OX99, 3,498 cc (213.5 cu in), 72° V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
BT60B:ジャッド GV, 3,496 cc (213.3 cu in), 72度 V10, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ブラバム / ヒューランド製 6速 セミAT
燃料 BP
タイヤ ピレリ / グッドイヤー
主要成績
チーム モーターレーシング・ディベロップメント Ltd.
ドライバー イギリスの旗 マーティン・ブランドル
イギリスの旗 マーク・ブランデル
ベルギーの旗 エリック・ヴァン・デ・ポール
イタリアの旗 ジョバンナ・アマティ
イギリスの旗 デイモン・ヒル
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
25 0 0 0
テンプレートを表示

ブラバム・BT60 (Brabham BT60) は、ブラバム1991年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーセルジオ・リンランドが設計した。1992年BT60Bを使用した。

BT60Bはブラバムにとって最後のF1マシンであり、1961年ジャック・ブラバムロン・トーラナックが創設したチームの30年に及ぶ歴史はこのマシンによって締めくくられた。

BT60Y[編集]

1991年にブラバムはヤマハと契約し、V型12気筒のOX99エンジンを搭載することになった。開幕2戦はBT59Yで戦い、第3戦サンマリノGPからBT60Yが投入された。ジャガーからWSPCに参戦していたマーティン・ブランドルと、ルーキーのマーク・ブランデルがドライブした。

BT60はハイノーズを採用したが、ノーズは偏平な楕円形で、フロントウィングを中央1点で懸架する独特の形状となった。 インダクションポッドはBT59のT字型から、楕円形のペリスコープタイプに変更された。

ヤマハOX99はチームにとって待望のワークスエンジンだったが、前半戦はシャーシとのマッチングに苦しみ、完走率が低かった。後半戦は予備予選にまわる事になったが、ブランデルがベルギーGPで6位、ブランドルが日本GPで5位に入賞し、チームは3ポイントを獲得。コンストラクターズランキング10位でシーズンを終えた。

ヤマハエンジンは1992年ジョーダンへ供給されることになり、ブラバムとのジョイントは1年限りとなった。

BT60B[編集]

1992年はヤマハに換えてV型10気筒ジャッドGVエンジン搭載したBT60Bで参戦。マシンはノーズが紫色、ボディが青と水色というサイケデリックなカラーリングとなった。

開幕時のドライバーはエリック・ヴァン・デ・ポールジョバンナ・アマティ。アマティは史上5人目の女性F1ドライバーであったが、予選通過もできず、資金持ち込みも行えなかったことで解雇された。第4戦スペインGP以降は、ルーキーで後に世界チャンピオンとなるデイモン・ヒルがドライブすることとなった。

1992年はチームにとって悲惨なシーズンであった。ヴァン・デ・ポールは開幕戦で13位完走した後はすべて予選落ちし、アマティに代わったヒルもイギリスGPで16位、ハンガリーGPで11位完走した以外は予選落ちした。イギリスGP以降はヒルの1台体制で参戦を続けたが、チームは資金難のため第11戦ハンガリーGPをもってF1から撤退した。BT60Bはブラバムが製作した最後のF1マシンとなった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 BT60Y ヤマハ OX99
V12, 3.5リッター
P USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
3 10位
マーティン・ブランドル 11 DSQ Ret Ret Ret Ret 11 Ret 9 13 12 10 5 DNQ
マーク・ブランデル 8 Ret DNQ Ret Ret Ret 12 Ret 6 12 Ret Ret DNPQ 17
1992年 BT60B ジャッド GV
V10
G RSA
南アフリカの旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
エリック・ヴァン・デ・ポール 13 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ WD
ジョバンナ・アマティ DNQ DNQ DNQ
デイモン・ヒル DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 16 DNQ 11 DNA

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 ? Brabham BT60Y”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Brabham BT60B”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

関連項目[編集]

  • 聖飢魔II - 日本のロックバンド。1992年にブラバムのスポンサーとなり、BT60Bのノーズ上に"Seikima-II"の文字が綴られた。