フットワーク・FA12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フットワーク・FA12
フットワーク・FA12C
カテゴリー F1
コンストラクター フットワーク
デザイナー アラン・ジェンキンス
先代 フットワーク・FA11C
後継 フットワーク・FA13
主要諸元[1][2]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
エンジン FA12:ミッドエンジン, 縦置き, 3,499 cc (213.5 cu in), ポルシェ 3512, 80度 V12, NA
FA12C:ミッドエンジン, 縦置き, 3,493 cc (213.2 cu in), フォード DFR, 90度 V8, NA
トランスミッション ヒューランド製 横置き 6速 MT
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム フットワークグランプリ・インターナショナル
ドライバー 9. イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
10. イタリアの旗 アレックス・カフィ
10. スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 0 0 0
テンプレートを表示

フットワーク・FA12は、フットワーク1991年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。9番車はミケーレ・アルボレート、10番車はアレックス・カフィステファン・ヨハンソンがドライブした。

チームはポルシェ・3512 3.5リッターV型12気筒エンジンを搭載したFA11C、FA12をシーズン始めに投入したが、ポルシェエンジンは使い物にならず、フランスGPからはコスワース・DFR V型8気筒エンジンを搭載した FA12C[3]を投入することとなった。

開発の経緯[編集]

シャーシは前年ティレル・019が導入したハイノーズを独自解釈し、ノーズ先端からフロントウィングを一本のステーで吊るすデザインを採用した。

ポルシェ・3512 はフットワーク・FA12のために開発されたエンジンであったが、V6エンジンを縦に2基繋いだような代物で、サイズも重量も他のエンジンに比べると大きく、シャシーの再設計が必要であった[4]。シーズン序盤は1990年のA11に同エンジンを搭載したフットワーク・FA11Cが投入された[5]。アメリカGPではカフィが予選落ち、アルボレートはリタイアし、ブラジルでは両者共に予選落ちした。3戦目のサンマリノからはFA12が投入されたが、カフィ、アルボレート共に予選落ちし、カフィは交通事故で負傷したため[6]、カナダからステファン・ヨハンソンが代役で出場したもののリタイア、メキシコでは予選落ちと、ポルシェエンジンは一度も完走すること無くF1から退場していった。

ポルシェエンジンに競争力が無かった1つの理由がその重量であった。クラッチ、フライホイールおよびその他の付属部品が装着された状態での重量は418ポンドもあり、フェラーリ(308ポンド)やホンダ(352ポンド)といった同時期のエンジンに比べて重量がありすぎた。また、エンジン中心から電力を補充するという新規手法は油圧問題につながった。

チームはポルシェエンジンの使用をあきらめ、第7戦フランスGPからはコスワース・DFRに換装したFA12Cを走らせた。結局シーズン後半に何度か完走したものの、年間獲得ポイントは0でシーズンを終えることとなった。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 フットワーク・アロウズ FA12 ポルシェ 3512
V12
G USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
ミケーレ・アルボレート Ret Ret Ret
アレックス・カフィ DNQ DNQ
ステファン・ヨハンソン Ret DNQ
FA12C フォード DFR
V8
ミケーレ・アルボレート Ret Ret DNQ DNQ DNPQ DNQ 15 Ret DNQ 13
ステファン・ヨハンソン DNQ DNQ
アレックス・カフィ DNPQ DNPQ DNQ DNPQ DNPQ DNPQ 10 15

参照[編集]