ヨス・フェルスタッペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨス・フェルスタッペン
Jos Verstappen A1 test 2005.jpg
基本情報
フルネーム ヨハネス・フランシスカス・フェルスタッペン
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・モンフォール
生年月日 1972年3月4日(42歳)
F1での経歴
所属チーム '94 ベネトン
'95 シムテック
'96,'00-'01 アロウズ
'97 ティレル
'98 スチュワート
'03 ミナルディ
活動時期 1994-1998,2000-2001,2003
出走回数 107
優勝回数 0
通算獲得ポイント 17
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1994年ブラジルGP
初勝利
最終勝利
最終戦 2003年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示
ベネトン時代(1994年イギリスGP)

ヨス・フェルスタッペンJohannes Franciscus "Jos" Verstappen, 1972年3月4日 - )は、オランダ出身のレーシングドライバーで、元F1ドライバー。姓はバースタッペンとも表記された。

経歴[編集]

1993年に参戦したドイツF3選手権では1年目でチャンピオンとなったことでF1チームから注目を浴び、フットワークでのテストではレギュラードライバーよりも速いタイムを記録。 F3世界一決定戦とも言えるマカオGPには参加せずにスポンサーの意向でマクラーレンでもテストを行うなど、速さだけではなく資金面でも魅力的で各チームで争奪戦となった。

争奪戦の結果、ベネトンマネージング・ディレクターを務めるフラビオ・ブリアトーレとドライバーマネージメント契約を結ぶことで、1994年にベネトンとテストドライバー契約を交わす。しかし、シーズン前のテスト中にレギュラードライバーのJ.J.レートが負傷したために開幕戦ブラジルGPで急遽デビュー。その後もミハエル・シューマッハの出場停止中の代役なども含め、この年10レースに出走し、表彰台に2度立った(いずれも3位)。しかし、シーズンを通じてコンスタントな成績を収めることはできず、ドイツGPではこの年から導入された給油中に出火し、炎に包まれることもあった。

1995年にはレギュラードライバーの地位を求めてシムテックに移籍。この契約では資金だけではなく、前年までベネトンが使用していたエンジンとギアボックス(電装系も含め)も持ち込んだ[要出典]。しかし、この頃のシムテックは前年のローランド・ラッツェンバーガーアンドレア・モンテルミーニの相次ぐクラッシュなどで著しい財政難にあり、たった5戦で撤退に追い込まれてしまったため、フェルスタッペンもシートを失った。

1996年はアロウズへ移籍し、チームメイトのリカルド・ロセットを殆ど上回っていたが、マシンの信頼性不足もあり、入賞はアルゼンチンGPの一回だけだった。

1997年ティレル移籍、しかしV8エンジンの非力さも手伝って、ノーポイントに終わる。

1998年はシートを得られなかったがスチュワートからスポット参戦している。しかし目立った成績を残すことなく、1998年オフにはシートを失った。

1999年にはシャシーを含めた全てを自社開発する「オールホンダ」でのF1復帰を発表したホンダのテストドライバーに迎えられたが、最終的にホンダがB・A・Rへのエンジン供給の方を選択し、「オールホンダ」体制を諦めたことから再びシートを失った。

再び注目を浴びたのが、1年の休養をはさんだ2000年。アロウズのエースドライバーに迎えられたのだが、この頃のエグバル・ハミディがデザインを手がけたアロウズのシャシーは、ダウンフォース不足と引き換えにドラッグ(空気抵抗)も極めて少なく、トップチームをも圧倒する驚異的なストレートスピードを見せる。この頃から日本では『直線番長』(のちに、単に『番長』)、ヨーロッパでは"Jos the Boss"のニックネームをつけられる。但し、あくまでストレートスピードの速さだけが取り得のマシンであったため、リザルトは芳しいものでは無かった。

2003年はミナルディから参戦。フランスGPの予選1回目では、暫定ポールポジションを獲得した。

2004年ジョーダンと契約寸前で破談。

2005年から開催している2005-2006A1グランプリへオランダチームとして参戦。南アフリカGPではオランダチーム初となる勝利を挙げ、自身にとって実に12年ぶりの表彰台に立った。(1位1回、2位1回・チーム総合7位)

2006年2006-2007A1グランプリに参戦予定であったが、開幕直前に金銭的な問題が絡み破談している。

2007年スパイカーF1からの復帰が報じられたが、契約には至らなかった。

2008年のル・マン24時間レースにポルシェRSスパイダーで参加、LMP2クラス優勝(総合10位)を飾った。

2009年のル・マン24時間レースにアストンマーチン・レーシングのドライバーとして参加が決定した。

関連項目[編集]