ジョディー・シェクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョディー・シェクター
Scheckter, Jody 1976-07-10 (Ausschn).jpg
基本情報
フルネーム ジョディー・デイヴィッド・シェクター
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
出身地 南アフリカの旗 南アフリカ連邦イースト・ロンドン
生年月日 1950年1月29日(64歳)
F1での経歴
所属チーム '72 - '73 マクラーレン
'74 - '76 ティレル
'77 - '78 ウルフ
'79 - '80 フェラーリ
活動時期 1972 - 1980
出走回数 112
優勝回数 10
通算獲得ポイント 255
表彰台(3位以内)回数 33
ポールポジション 3
ファステストラップ 5
初戦 1972年アメリカGP
初勝利 1974年スウェーデンGP
最終勝利 1979年イタリアGP
最終戦 1980年アメリカ東GP
タイトル 1 (1979)
テンプレートを表示

ジョディー・デイヴィッド・シェクターJody David Scheckter1950年1月29日 - )は、南アフリカ生まれのレーシングドライバー。1979年のF1ワールドチャンピオンであるが、2000年ミハエル・シューマッハが達成するまでの21年間、フェラーリでドライバーズ・チャンピオンを獲得した最後のドライバーであった。

愛称は「リトル・ベアー(小熊)」。兄のイアン・シェクターもF1ドライバーで、息子のトーマス・シェクターインディカー・シリーズに参戦している。

経歴[編集]

レースキャリア[編集]

1970年に南アフリカのフォーミュラ・フォード・シリーズで優勝し、ヨーロッパ行きのチャンスを得た。ジュニアカテゴリでの活躍が注目され、1972年にマクラーレンからスポット参戦でF1デビューした。

1973年もマクラーレンのサードカーでスポット参戦。デビュー3戦目となるフランスGPでは一時トップを走行したが、エマーソン・フィッティパルディと絡んでリタイアした。続くイギリスGPではピット前でスピンして後続8台を巻き込む多重接触事故を起こし、F1史上初の赤旗レース中断の原因を作り、一時休養を命じられた。復帰戦のカナダGPではティレルフランソワ・セベールとまた接触したが、ケン・ティレルは引退するジャッキー・スチュワートの後任にシェクターを選んだ。

当時は才能と同時に運転の荒っぽさが目立っていたが、1973年の最終戦アメリカGPで、翌年チームメイトになる予定だったフランソワ・セベールが惨死する現場を目撃して以来、安全を第一と考える姿勢に変わった[1]。「私は彼の死亡事故の現場に、最初にたどり着いたドライバーでした。その時私は初めて、本当にこのスポーツで死ぬ事があるのだと思いました。今まで私は何度か死亡事故の話を聞いていましたが、それは私とは違う世界で起きている事であるとずっと思っていました。でも私は彼の死亡事故を目の当たりにして以来、『攻めの走りをいつもする必要はない、このままでは本当に死んでしまう』と信じるようになったのです」とコメントした[要出典]

ティレル・P34に乗るシェクター(1976年)
ウルフ・WR1に乗るシェクター

1974年にティレルからフル参戦を果たすと、早くもそのシーズンのスウェーデンGPで初優勝を達成し、チャンピオン争いを演じた。1976年には、6輪車「P34」を駆り、スウェーデンGPでは、チームメイトのパトリック・デパイユと共に、1-2フィニッシュを果たした(これはF1の歴史において、「4輪でない」車が優勝した唯一の記録である)。

1977年には、この年より参戦を果たしたウルフチームへ移籍した。いきなりデビュー戦となるアルゼンチンGPで優勝を果すなど、シーズン3勝を挙げてランキング2位と活躍。翌年は低迷したものの、実績が認められて名門フェラーリへ招かれた。

1979年にフェラーリへ移籍し、いぶし銀の走りで3勝を挙げ、初のワールド・チャンピオンを獲得した。この年はチームメイトのジル・ヴィルヌーヴもランキング2位になり、コンストラクターズ・チャンピオンも獲得するなど、フェラーリ勢がグランプリ界を席巻した印象であった。シェクターは常に全力走行のヴィルヌーブを「かつての自分のようだ」と認める一方、自らはチャンピオン獲得のため堅実にポイントを稼ぐプロフェッショナルなレース運びをみせた。また、二人の関係は良好で、ヴィルヌーヴはナンバー2ドライバーとして、ナンバー1ドライバーのシェクターをよく補佐した。

ところが、翌1980年のマシン「312T5」は駄作で、一転してフェラーリはコンストラクターズ10位に沈む。前年に113ポイントを獲得したというのに、この年はわずか8ポイントにとどまった。シェクターも走らないマシンに手を焼き、終盤のカナダGPでは予選落ちを喫してしまう。首脳陣との関係は悪化し、「今のフェラーリはマシンが爆発炎上して粉々になってもドライバーを無傷で守ってくれるほど頑丈なカミオン(トラック)だ」と言い切り、シェクターは30歳の若さでF1から引退してしまった。

引退後[編集]

その後は、アメリカで護身用兵器の訓練を扱うビジネスを立ち上げ、実業家としても成功を収める。『世界まるごとHOWマッチ』(毎日放送)に「映像機器販売会社の社長」として登場したり、湾岸戦争では軍事評論家としてCNNに出演した。

その後、会社を売却して巨額の資産を得ており、イギリスのスポーツ選手長者番付では上位にランクインしている。2010年における推定資産は6,000万ポンド(約86億1,600万円)[2]。現在はイギリスハンプシャー州有機農業を営んでおり、ホンダF1チームのスポンサーとして、ケータリングの食材を供給した。

F1全成績[編集]

(key) (太字 で示されているレースはポールポジション; イタリアン体 で書かれているレースはファステスト・ラップを示す。)

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC Pts.
1972 マクラーレン M19A ARG
RSA
ESP
MON
BEL
FRA
GBR
GER
AUT
ITA
CAN
USA
9
NC 0
1973 M19A ARG
BRA
RSA
9
ESP
BEL
MON
SWE
NC 0
M23 FRA
Ret
GBR
Ret
NED
GER
AUT
ITA
CAN
Ret
USA
Ret
1974 ティレル 006 ARG
Ret
BRA
13
RSA
8
3rd 45
007 ESP
5
BEL
3
MON
2
SWE
1
NED
5
FRA
4
GBR
1
GER
2
AUT
Ret
ITA
3
CAN
Ret
USA
Ret
1975 ARG
11
BRA
Ret
RSA
1
ESP
Ret
MON
7
BEL
2
SWE
7
NED
16
FRA
9
GBR
3
GER
Ret
AUT
8
ITA
8
USA
6
7th 20
1976 BRA
5
RSA
4
USW
Ret
ESP
Ret
3rd 49
P34 BEL
4
MON
2
SWE
1
FRA
6
GBR
2
GER
2
AUT
Ret
NED
5
ITA
5
CAN
4
USA
2
JPN
Ret
1977 ウルフ WR1 ARG
1
BRA
Ret
RSA
2
USW
3
MON
1
SWE
Ret
GBR
Ret
ITA
Ret
CAN
1
2nd 55
WR2 ESP
3
GER
2
NED
3
USA
3
WR3 BEL
Ret
FRA
Ret
AUT
Ret
JPN
10
1978 WR4 ARG
10
7th 24
WR1 BRA
Ret
RSA
Ret
MON
3
BEL
Ret
WR3 USW
Ret
WR5 ESP
4
SWE
Ret
FRA
6
GBR
Ret
GER
2
AUT
Ret
ITA
12
WR6 NED
12
USA
3
CAN
2
1979 フェラーリ 312T3 ARG
Ret
BRA
6
1st 51 (60)
312T4 RSA
2
USW
2
ESP
4
BEL
1
MON
1
FRA
7
GBR
5
GER
4
AUT
4
NED
2
ITA
1
CAN
4
USA
Ret
1980 312T5 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
Ret
USW
5
BEL
8
MON
Ret
FRA
12
GBR
10
GER
13
AUT
13
NED
9
ITA
8
CAN
DNQ
USA
11
19th 2

補足[編集]

  • 1973年カナダGPとアメリカGPに於いてF1で初めてカーナンバー0番を付けている(20年後の1993年デイモン・ヒルが0番を付けた)。

脚注[編集]

  1. ^ HALL OF FAME Jody Scheckter - Formula1.com
  2. ^ “英スポーツ選手長者番付”. (2010年5月3日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/15821.html 2012年1月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
マリオ・アンドレッティ
F1ドライバーズチャンピオン
1979年
次代:
アラン・ジョーンズ