ミナルディ・PS05

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミナルディ・PS05
パトリック・フリーザッハーがドライブするPS05、2005年イギリスグランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
デザイナー ガブルエル・トレドッツィ (テクニカルディレクター)
サンドロ・パリーニ (チーフデザイナー)
アンドレア・ロチェット (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ミナルディ・PS04B
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング
エンジン コスワース TJ2005 2,998 cc (182.9 cu in) 72度 V10 NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ミナルディ製 6速縦置き セミAT ミナルディ製 ハイドロリック ディファレンシャル
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ミナルディF1チーム
ドライバー オランダの旗 クリスチャン・アルバース
オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー
オランダの旗 ロバート・ドーンボス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2005年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示
2005年のカナダGPクリスチャン・アルバースがドライブするPS05

ミナルディ・PS05Minardi PS05)は、ミナルディ2005年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカーで、ガブルエル・トレドッツィが設計した。2005年の第4戦から最終戦まで実戦投入された。ミナルディのF1における最後のマシンとなった。

概要[編集]

2004年シーズンに使用したPS04Bは基本設計はPS02とほぼ同じである。よってミナルディにとってはほぼ3年ぶりの新設計F1マシンの投入となった。PS04Bが旧態依然としたデザインであったのに対し、トレドッツィは最新トレンドを盛り込んで設計。フロントウイングは中央部が大きく路面に近づいたデザイン。サイドポンツーンも後方が小さく絞られた形状で、アンダーカットも深い。リヤウイングもミナルディがはじめた翼端板のスリットも継続。エンジンもPS04BのコスワースCK2004(CR-3L)よりも60馬力アップしている。しかし、資金難はいかんともしがたく、テスト不足で上位チームに挑むほどの速さを見せることはできなかった。

2005年シーズン[編集]

開幕から3戦はPS04Bを2005年レギュレーションに適合させたマシンで出走した。第4戦からPS05が使用されたが、直前に1台がバレルンガでシェイクダウンできただけで2台目に至ってはサンマリノGP中の木曜日にピットで組み立てるという綱渡り状態だった。第9戦アメリカGPミシュラン勢がすべてリタイヤしたので5位と6位を獲得することができた。第12戦からパトリック・フリーザッハーに代わってロバート・ドーンボスが出走した。

第14戦ベルギーGPにてチームをレッドブルに売却することを発表。しかし、新パーツを導入する手は緩めず、第17戦ブラジルGPに2段式の新フロントウイングとバージボード、形状を変えたチムニーダクトを投入。しかし、ミシュラン勢ボイコットのアメリカGP以外では入賞することはかなわなかった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]



F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜字ファステストラップ。NCは周回数不足。)

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
EUR
欧州連合の旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
BRA
ブラジルの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
2005年 20 オーストリアの旗 フリーザッハー Ret Ret Ret 18 Ret 6 Ret 19 7* 10位
オランダの旗 ドーンボス 18 Ret 13 18 13 Ret 14 14
21 オランダの旗 アルバース Ret Ret 14 17 11 5 Ret 18 13 NC Ret 19 12 14 16 16

シーズン終了後[編集]

11月1日をもってレッドブルに買収されたが、それ以前にミナルディとテスト契約を結んでいたドライバーたちが参加して11月21-24日にイタリアバレルンガで最後のテストが行われた。このときにはPS05が3台、PS04Bが2台、2シーターのF1×2が4台の9台が持ち込まれた。最終日にはオーナーであるポール・ストッダートがPS05をドライブして締めくくった。

参照[編集]

  1. ^ Minardi PS05 Cosworth”. F1Technical.net. 2010年9月19日閲覧。