フライング・タイガー・ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライングタイガーで運用されていたボーイング747F貨物機(1981年撮影)

フライング・タイガー・ライン(Flying Tiger Line)とは、アメリカ合衆国でかつて運航されていた航空貨物会社である。

日本では日中戦争におけるアメリカの「義勇軍」として中華民国軍として参戦し、その後の第二次世界大戦の中国戦線にも参戦したことで有名な「フライング・タイガース」の構成員が創業したことでも有名であり、かつては日本への定期貨物路線を持つだけでなく、在日アメリカ軍向けの航空サービスのために日本へ飛来していた。また日本ではフライング・タイガース航空とも呼ばれていた。

概略[編集]

DC-4F(1955年)
DC-8-63F

第二次世界大戦終結後の1945年、元フライング・タイガースの搭乗員10人などによって、アメリカでは初めての貨物専用航空会社である前身のナショナル・スカイウェイ・フレイト(National Skyway Freight)が設立された。当初の機材は大戦終結によって余剰となったC-93輸送機を用いていた。

同社は1949年にアメリカ国内の貨物航空路を認可され、1950年代にはダグラスDC-4DC-6といったレシプロ貨物機で大西洋貨物路線を運航していた。また1950年に始まった朝鮮戦争では、アメリカ本国から兵站拠点となった日本や朝鮮半島にアメリカ及び国連軍の為のチャーター便を多数運航していた。その後も民間貨物輸送のほか、世界各国に展開するアメリカ軍の兵員輸送便を多数運航していた。

その後、かつての部隊名にあやかった「フライング・タイガース」という社名に改名された。1961年にはCL-44輸送機を導入し、空中パレットサービスを提供するようになった。1965年にはボーイング707貨物専用機を運航し、1974年にはボーイング747貨物専用機を受領し、路線網を拡大するとともにその運送力を増強した。

1980年代中頃には、フライングタイガーズは世界の6つの大陸に貨物航空路を広げており、国際的にも多くの航空貨物を取り扱う航空会社のひとつであった。日本には成田国際空港大阪国際空港那覇空港などにもボーイング747やダグラスDC-8貨物専用機を使用し、特に成田国際空港にはアジア太平洋地域のハブ空港の1つとして多くの定期便を乗り入れていた。

ボーイング社で振り分けられた顧客番記号(カスタマコード)は49で、新造機に対して付けられたボーイング747-249Fとした。

しかし、1988年12月にフライングタイガーズは宅配便サービス大手のフェデラルエクスプレスに買収され、1989年8月7日に統合合併された。そのため「フライングタイガー」の名称は消滅した。後に、元従業員らでポーラーエアカーゴが設立された。同社は買収や合併を経て現在はアトラスエアカーゴ傘下で運行中である。

フリート(合併時)[編集]

関連項目[編集]

航空事故[編集]

外部リンク[編集]