フライング・タイガー・ライン739便失踪事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライング・タイガー・ライン739便
出来事の概要
日付 1962年3月16日
概要 機体未発見のため原因不明
現場 フィリピンの旗 フィリピン・東方海域
乗客数 96
乗員数 11
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 107
生存者数 0
機種 ロッキードL1049・スーパーコンステレーション
運用者 Flag of the United States.svgフライング・タイガー・ライン
機体記号 N6921C

フライング・タイガー・ライン739便失踪事故(Flying Tigers Line Flight 739)とは、1962年にアメリカ本土から南ベトナムに向かっていた、旅客機がグアムとフィリピンとの間を飛行中に失踪した航空事故である。機体が発見できなかったため結局真相がわからなかった。

事故の概略[編集]

フライング・タイガー・ライン739便(ロッキードL1049H スーパーコンステレーション機体記号:N6921C)はアメリカ陸軍空輸サービス(MATS)の委託を受け南ベトナムのサイゴンに兵士を送り届ける便であった。アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるトラビス空軍基地を出発した739便には民間人である乗員11名のほかの乗客は全て軍人であり、アメリカ兵93名と南ベトナム兵3名が搭乗していた。

経由地であるグアムからフィリピンマニラにあるクラーク空軍基地に向けて離陸後、夜間飛行をしていた最中に18000フィート(5500メートル)を巡航しているとの交信を最後に失踪した。ただちに大規模な捜索が多くの航空機と船舶を動員して1週間にわたり捜索したが一切の痕跡を発見することが出来なかった。そのため107名全員は死亡したものと判断された。

後にフィリピン東方1300kmを航行していた船舶の乗組員から、739便がその近辺を飛行していたと思われる1962年3月16日午前0時30分(現地時間)ごろ、空中で爆発し2つの火の玉になって海面に落下していったという証言があった。そのためなんらかの原因で墜落したと推定されたものの、機体という物証を得られなかったため、事故原因も特定されることはなかった。

参考文献[編集]

  • デビッド・ゲロー 「航空事故」(増改訂版) イカロス出版 1997年

外部リンク[編集]