エストリル・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Circuito do Estoril
SL Estoril.jpg
所在地 ポルトガルエストリル
標準時 GMT
主なイベント F1, MotoGP, A1GP, WTCC, スーパーリーグ・フォーミュラ
Route of the Autódromo do Estoril
コース長 4.182 km (2.599 マイル)
コーナー数 13
レコードタイム 1:14.859 (デイモン・ヒル, ウィリアムズルノー, 1993年)
テンプレートを表示

シルクイート・ド・エストリル: Circuito do Estoril, エストリル・サーキット)はポルトガルエストリルにあるサーキット。かつてF1ポルトガルGPが行われていた。現在はロードレース世界選手権 (Moto GP) が開催されている。

概要[編集]

1972年に完成した後は、F2レースなどが行われてきたが、1984年よりF1が開催されることとなり、以後1996年まで13年連続で開催された。その間には温暖な気候もあり、シーズンオフなどにF1マシンのテストコースとしても利用されてきた。

しかし全体的にランオフエリアが狭い上、ホームストレートも非常に狭く、ピットの入り口が急カーブになっている事から大きい事故が多発した。1990年にはアレックス・カフィの事故により10周を残して赤旗終了。1992年にはピットロードに入るために急減速したゲルハルト・ベルガーリカルド・パトレーゼが追突。パトレーゼのマシンがあわやホームストレート上の看板に激突しかける大事故となった。1995年にはスタート直後に片山右京のマシンが宙を舞い、狭いホームストレートをマシンが転がり回る事故が発生するなど、重大事故が多く発生した。1994年以降のサーキットの安全基準強化の流れもあり、1997年に主にコースの整備や安全面等に問題があるとの理由でF1カレンダーから外れることとなった。

2000年にコースの一部が改修され、全長が現在の4.16kmになった(それ以前の全長は4.36kmだった)。

レイアウト[編集]

F1開催当時のレイアウト

ホームストレートの長さは986m。ストレートエンドの1コーナーと2コーナーは以前は豪快な高速コーナーだったが、安全面から通過速度を落とすように変更された。3コーナーのヘアピンを過ぎると、4コーナーのヘアピンにかけて上り坂になる。

4コーナーを立ち上がると一気に加速し、高速5コーナーを経てミドルストレートへ。6コーナーのヘアピン進入はパッシングポイントとなる。また、立ち上がりを重視すれば、7コーナーでもポジションアップを狙うことができる。

7コーナー先は中速コーナーだったが、ガードレールがコースに近く危険なため、1994年から上り坂のタイトなシケインに変更された。最終コーナーの「パラボリカ」は長い180度ターンで、ホームストレートに向けての加速が重要となる。1996年のポルトガルGPでは、ジャック・ヴィルヌーヴミハエル・シューマッハをアウト側からかわす大胆なオーバーテイクを成功させた。

尚、「パラボリカ」は、1994年のポルトガルGPからコーナー内側に同年のサンマリノGPで他界したアイルトン・セナの慰霊碑が建てられ、名称も「パラボリカ・アイルトン・セナ」となった。

サーキットが海の近くに位置するため、走行中に風の影響を受けやすい。

エストリルでのF1グランプリの結果[編集]

決勝日 ラウンド グランプリ 勝者 所属チーム
1984 10月21日  16 ポルトガル アラン・プロスト マクラーレン・TAGポルシェ
1985 4月21日  2 ポルトガル アイルトン・セナ ロータスルノー
1986 9月21日  14 ポルトガル ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ
1987 9月20日  12 ポルトガル アラン・プロスト マクラーレン・TAGポルシェ
1988 9月25日  13 ポルトガル アラン・プロスト マクラーレン・ホンダ
1989 9月24日  13 ポルトガル ゲルハルト・ベルガー フェラーリ
1990 9月23日  13 ポルトガル ナイジェル・マンセル フェラーリ
1991 9月22日  13 ポルトガル リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ・ルノー
1992 9月27日  14 ポルトガル ナイジェル・マンセル ウィリアムズ・ルノー
1993 9月26日  14 ポルトガル ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード
1994 9月25日  13 ポルトガル デイモン・ヒル ウィリアムズ・ルノー
1995 9月24日  13 ポルトガル デビッド・クルサード ウィリアムズ・ルノー
1996 9月22日  15 ポルトガル ジャック・ヴィルヌーヴ ウィリアムズ・ルノー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度45分2秒 西経9度23分39秒 / 北緯38.75056度 西経9.39417度 / 38.75056; -9.39417