キャラミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯25度59分57秒 東経28度4分8秒 / 南緯25.99917度 東経28.06889度 / -25.99917; 28.06889

南アフリカ共和国の旗 キャラミ・グラン・プリ・サーキット
概要
Kyalami Grand Prix Circuit.jpg
所在地 南アフリカ共和国 ハウテン州 ヨハネスブルグ市都市圏
オーナー デニス・クロッパー
営業期間 1968年 -
主なイベント A1グランプリ
グランプリマスターズ
国際レーシングコース(4輪)
Circuit Kyalami.png
コース長 4.261km
コーナー数 13
テンプレートを表示

キャラミ・グラン・プリ・サーキット英語: Kyalami Grand Prix Circuit)は、南アフリカ共和国ハウテン州ヨハネスブルグ市都市圏にあるサーキット

概要[編集]

1967年ヨハネスブルグの郊外の高地にオープン。標高1520mの高所にある。以来、F1南アフリカGPが開催されていた(1981年のみノンタイトル戦扱い)。

1968年から1985年までのキャラミのコースレイアウト。トム・プライスの死亡事故が起こったのは中央の"The Kink"

1977年の南アフリカGPでは、コースを横断していたコースマーシャルがトム・プライスのマシンに轢かれ、マーシャルが持っていた消火器の直撃を受けたプライスが事故死した。

1985年アパルトヘイト問題により翌年から南アフリカGP自体の開催が無くなった。

1992年にアパルトヘイト問題が落ち着き、南アフリカGPが復活。再びF1サーキットとして使われるようになったが、レイアウトを完全に変更し、同じサーキットとは思えないほどの大改修がなされていた。

1993年を最後に南アフリカGPは開催されていない。1993年は財政問題が表面化し銀行からの融資が滞り、開催直前までもめにもめた経緯がある。そのため、わずか2年で撤退の憂き目にあってしまった。

サーキットはその後も冬季のF1のマシンテストなどに利用されたほか、2005年11月13日にはグランプリマスターズの初戦が開催された。

コース[編集]

旧コースは1周4104mの右回り。高低差が非常に大きい高速サーキットであった。全開でまわる超高速の最終コーナー「キンク」から1コーナーまでの非常に長く、急激に上って急激に下っていくホームストレートが名物であった。しかしあまりにも急激すぎる高低差のため、ストレートの見通しが非常に悪く、コースを横断するマーシャルの発見に遅れたがためにトム・プライスとマーシャルの悲惨極まりない事故死が発生してしまった。

1985年までレースが開催された後に大改修が行われ、現在の3コーナー~7コーナー間を残し旧コースの反対側に新コースが建設された。新コースは1988年にオープンし、現在の3コーナー~4コーナー間がホームストレートだった。1992年に再度改修が行われ、ストレートで繋がれていた12コーナーと1コーナー間を廃し、13コーナーを追加してストレートを新設した。これによりピットやスタートラインも現在の位置に移動された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]