シャー・アラム・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マレーシアの旗シャー・アラム・サーキット
Shah Alam Circuit.svg
所在地 マレーシアセランゴール州シャー・アラム
標準時 GMT +8
オープン 1968年
閉鎖 2003年
設計者 ジョン・フーゲンホルツ
主なイベント マレーシアグランプリ(4輪・非F1)
マレーシアグランプリ(2輪), SBK
コース長 3.69 km (2.29 マイル)
コーナー数 14
テンプレートを表示

シャー・アラム・サーキット (Shah Alam Circuit)、別名バトゥ・ティガ・スピードウェイ・サーキット (Batu Tiga Speedway Circuit) は、マレーシアにあったサーキットセランゴール州の州都シャー・アラムの、シャー・アラム・スタジアムとフェデラル・ハイウェイ[1]の間に位置していた。

サーキットの歴史[編集]

1968年にオープンし、最初のグランプリとしてタスマン・シリーズが開催され、Elfin-Ford に乗るインドネシアの Hengkie Iriawan が初代勝者になった。以降1982年までマレーシアグランプリ(4輪)の開催地となり、フォーミュラ・アトランティックやフォーミュラ・パシフィック、フォーミュラ2などの車両でレースが争われた。シャー・アラム・サーキットでの最後のグランプリは、1995年のフォーミュラ・ホールデンのレースだった。

1977年に子供6人が死亡する事故が発生し、サーキットは一時閉鎖されるが、コース周りのフェンスとガードレール設備を改善し再オープンした[2]

1985年にはコースが改修され、新たに第11コーナーが作られ全長が3.38kmから3.693kmに伸びた[3]。同年、世界耐久選手権が初開催され、ヨッヘン・マス/ジャッキー・イクス組のポルシェ・962Cが勝利を収めた。

1990年1991年にはスーパーバイク世界選手権が開催された。1991年から1997年の間はロードレース世界選手権マレーシアGPの舞台となり、500ccクラスではミック・ドゥーハンが7年間で4勝を挙げた。1998年以降の同GPの舞台は、ジョホール・サーキット、さらにはセパン・サーキットに移ることになる。

2003年、サーキットはスランゴール州政府から土地開発業者に売却された。サーキットは取り壊され、「 D'Kayangan 」というプロジェクト名の宅地開発が行われることになった。

サーキット設備概要[編集]

  • 総敷地面積: 143エーカー
  • ピット数: 57,うち42はコンクリート製 (22' x 17'),15は木製 (22' x 7')
  • 収容観客数: 屋根付きグランドスタンド - 8,000人, 屋根なしグランドスタンド - 18,000人
  • コース全長: 3.38km / 3.69km
  • コーナー数: 14. 左 -4, 右 -10
  • ストレート数: 3 (最長ストレート:600m)
  • 出入口ゲート: 3

脚注[編集]

  1. ^ 首都クアラルンプールとセランゴール州クランを結ぶ高速道路。en:Federal Highway, Malaysiaを参照のこと
  2. ^ http://www.silhouet.com/motorsport/tracks/shahalam.html
  3. ^ http://www.gdecarli.it/php/circuit.php?var1=646&var2=2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]