スポーツカー世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツカー世界選手権(スポーツカーせかいせんしゅけん、Sportscar World Championship、通称:SWC)は、かつて国際自動車連盟 (FIA) が主催し世界各国を転戦して行われた2座席スポーツカーによる耐久レース世界選手権である。

1953年、世界スポーツカー選手権としてスタートし、その後幾度か名称・レギュレーションを変更した後、1992年に40年の歴史に幕を閉じた。2012年からFIA 世界耐久選手権として、新たに開催されることとなった。

歴史[編集]

1953年、「世界スポーツカー選手権(World Sportscar Championship)」としてスタートした。1950年開幕のF1世界選手権が単座フォーミュラカーによる短距離レースで、ドライバー主体の競技だったのに対し、世界スポーツカー選手権は2座席スポーツカーの長距離レースで、車両製造者(メーカーもしくはマニュファクチャラー)を主体として構成された。以降、1962年より「国際マニュファクチャラーズ選手権」(1966年から国際スポーツカー選手権併催)、1968年より「国際メーカー選手権」、1972年より「世界メーカー選手権」(1976・1977年は世界スポーツカー選手権併催)、1981年より「世界耐久選手権(通称:WEC)」、1986年より「世界スポーツプロトタイプカー選手権(通称:WSPC)」、1991年より「スポーツカー世界選手権(通称:SWC)」と名称を変え歴史を刻んできたが、1992年限りで廃止された。

シリーズの中では伝統の耐久レース「ル・マン24時間レース」がとくに有名だが、運営方法やレギュレーションの問題で、レースを主催しているフランス西部自動車クラブ(ACO)とFIAが対立し、シリーズから外れることもしばしばあった。

1950年代は純レーシングカーに近いスポーツプロトタイプカーを中心に開催されていたが、安全性の見地から、1962年より量産GTカーの選手権とされた。しかし、プロトタイプの人気を反映して、スポーツカー(GTカー)とプロトタイプの選手権2本立てとなり、1968年には両者の性能を調節して再び1本化された。1960年代にはアメリカのフォード(およびシェルビー)が大々的に参戦し、ヨーロッパの覇権を握るフェラーリに挑戦した[1]。さらに、中排気量クラスの雄であるポルシェが総合優勝を目指すようになり、3者の対決はF1を凌ぐ人気を得ていた。

しかし、度重なるレギュレーション変更と1970年代前半のオイルショックの影響により、有力ワークスの撤退が相次いだ。ポルシェを軸に、マトラルノー(参戦登録名はアルピーヌ)、ミラージュなどのメーカーが参戦するも、シリーズは低迷期を迎えた。1976年には市販車を大改造したシルエットフォーミュラ規定が導入されるが、ポルシェの一人勝ち状態となりシリーズの活性化には繋がらなかった[2]

1982年、プロトタイプに排気量無制限ながら使用燃料総量の規制を加えたグループC規定を採用したことで、メーカーの参戦意欲を刺激し、シリーズは再び隆盛を迎える。ポルシェに加えてランチアメルセデスジャガーアストンマーチンといった古豪が復活し、トヨタ日産マツダといった日本のメーカーもル・マン制覇を目指して参戦を開始した。1989年の全戦参加義務付けで、シリーズには7つものメーカーが参戦し、好況も手伝ってエントリーも常時30台を超えた。1991年にはマツダが日本車として初めてル・マンを制した。

しかし、1991年よりFIAがF1と同じエンジン規定(3.5L自然吸気エンジン、燃料使用料規制撤廃)を導入すると、新規定のエンジン開発が間に合わなかったトヨタ・日産や、重量ハンディを負った旧規定のポルシェを使うプライベートチームが参加を回避した。そのため、プジョーの新規参入にも関わらず、シリーズエントリーは激減し、開幕戦の出走台数は前年の34台から15台へと大きく減少した。参加したメーカーもFIAの運営に不満を抱き、メルセデス・ジャガーは1991年シーズン終了後シリーズ撤退を表明し、選手権は事実上空中分解した。翌1992年はプジョー・トヨタ・マツダの3メーカーが参戦したものの、プライベートチームの参戦はほとんどなく、エントリーはル・マン(この年は過去最低の28台)を除き常時10台前後しか集まらない状態に陥った。この年限りで40年もの歴史を持つスポーツカー耐久レースの世界選手権は終焉を迎えることとなった。

その後 世界選手権は行われていなかったが、ACO主催で欧州中心に行われる ル・マン・シリーズ(通称:LMS)、北米中心に行われるアメリカン・ル・マン・シリーズ(通称:ALMS)が開催され続けた。2010年より、LMSとALMSに加えインターコンチネンタル・ル・マン・カップ(通称:ILMC)が開催され世界を転戦し、これは事実上の世界選手権の復活と言えた。

そして、2011年6月の世界モータースポーツ評議会において、FIAとACOが提携し2012年からFIA 世界耐久選手権(FIA World Endurance Championship, 通称:WEC)が開催されることが決定された[3]。20年ぶりに復活したこのスポーツカー耐久レースの世界選手権は、初年度にはル・マン24時間レースをはじめとする8つの大会が開催され、アウディがチャンピオンを獲得している。

主なレース[編集]

以下のものは、過去にシリーズに組み込まれていたレースである。()内はシリーズに組み込まれていた年である。

シリーズ名称の変遷[編集]

  • 世界スポーツカー選手権 (World Sportscar Championship) =1953~1961年
  • 国際マニュファクチャラーズ選手権 (International Manufacturers Championship) =1962~1967年
  • 国際スポーツカー選手権 (International Sports Car Championship) =1966~1967年
  • 国際メーカー選手権 (International Championship for Makes) =1968~1971年
  • 世界メーカー選手権 (World Championship for Makes) =1972~1980年
  • 世界スポーツカー選手権 (World Sports Car Championship) =1976~1977年
  • 世界耐久選手権 (World Endurance Championship) =1981~1985年
  • 世界スポーツプロトタイプカー選手権 (World Sports Prototype Car Championship) =1986~1990年
  • スポーツカー世界選手権 (Sportscar World Championship) =1991~1992年
  • 世界耐久選手権 (World Endurance Championship) =2012年~

参加車両・レース規定の変遷[編集]

  • 1953年 2座席。ドアを有すること。タイヤ露出不可。
  • 1958年 排気量を3L以下に制限
  • 1962年 シリーズ名称を国際マニュファクチャラーズ選手権に変更するとともに、タイトルを量産GTに与えることに。Div.1(1L以下、64年以降1.3L以下)、Div.2(2L以下)、Div.3(2L以上)の3クラスにそれぞれチャンピオンシップ。
  • 1963年 排気量無制限プロトタイプカー対象にプロトタイプトロフィー制定(~65年)
  • 1966年 国際マニュファクチャラーズ選手権の対象をGTからプロトタイプに。GTの呼称をスポーツカー(連続する12ヶ月に50台以上製造)に改め、新たに国際スポーツカー選手権を制定。
  • 1968年 プロトタイプカーの排気量を3Lまでに、スポーツカーの排気量を5Lまでにそれぞれ制限の上、両カテゴリーによる国際メーカー選手権に。
  • 1969年 スポーツカーの生産台数を50台から25台に緩和。
  • 1972年 シリーズ名称を世界メーカー選手権に。5Lスポーツカーを排除し、参加車両を排気量3Lまでのオープントッププロトタイプカーに限定。
  • 1976年 選手権タイトルを市販車ベースに大幅な改造を加えたグループ5車両「シルエットフォーミュラ」に与えることに。従来の3Lプロトタイプ(グループ6)は別シリーズ世界スポーツカー選手権として開催(1978年には欧州選手権に格下げ)。
  • 1981年 選手権にドライバー部門を新設。シリーズ名称を世界耐久選手権に。
  • 1982年 グループC規定導入。排気量無制限のクローズドボディプロトタイプ。燃料使用総量制限(レース距離により給油回数制限)。燃料タンク容量100L。最低重量800kg
  • 1984年 燃費規制を、給油回数から使用可能総量で制限に変更。最低重量850kg。
  • 1985年 燃費規制を強化。メーカーから参加チームに選手権対象を変更。
  • 1986年 シリーズに耐久レースだけでなく短距離レースも加え、シリーズ名称を世界スポーツプロトタイプカー選手権に変更。
  • 1989年 レース距離を480kmに統一。チームに全戦参加義務。最低重量を900kgに引き上げ。排気量3.5リットル(F1と同一)、最低重量750kg、燃費規制なしの「カテゴリー1」規定導入(従来のC1は「カテゴリー2」に)。
  • 1991年 シリーズ名称をスポーツカー世界選手権に変更。カテゴリー1を主体に。従来のカテゴリー2も最低車重を1,000kgに引き上げ参加可能。ル・マン24時間を除きレース距離を430kmに。
  • 1992年 カテゴリー1に一本化。ル・マン24時間、および鈴鹿1000kmを除きレース距離を500kmに。

歴代タイトルの一覧[編集]

マニュファクチャラー
(1953 - 1984)
チーム
(1985 - 1992)
ドライバー(ズ)
(1981 - 1992)
世界スポーツカー選手権
1953 イタリアの旗 フェラーリ - -
1954 イタリアの旗 フェラーリ - -
1955 ドイツの旗 メルセデス・ベンツ - -
1956 イタリアの旗 フェラーリ - -
1957 イタリアの旗 フェラーリ - -
1958 イタリアの旗 フェラーリ - -
1959 イギリスの旗 アストンマーチン - -
1960 イタリアの旗 フェラーリ - -
1961 イタリアの旗 フェラーリ - -
国際マニュファクチャラーズ選手権
1962 Div.I イタリアの旗 フィアットアバルト (GT1.0)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (GT2.0)
Div.III イタリアの旗 フェラーリ (GT+2.0)
- -
1963 Div.I イタリアの旗 フィアットアバルト (GT1.0)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (GT2.0)
Div.III イタリアの旗 フェラーリ (GT+2.0)
- -
GTP イタリアの旗 フェラーリ - -
1964 Div.I イタリアの旗 アバルトシムカ (GT1.0)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (GT2.0)
Div.III イタリアの旗 フェラーリ (GT+2.0)
- -
GTP ドイツの旗 ポルシェ - -
1965 Div.I イタリアの旗 アバルトシムカ (GT1.3)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (GT2.0)
Div.III アメリカ合衆国の旗 シェルビー (GT+2.0)
- -
GTP イタリアの旗 フェラーリ - -
国際スポーツプロトタイプ/国際スポーツカー選手権
1966 アメリカ合衆国の旗 フォード (P+2.0)
ドイツの旗 ポルシェ (P2.0)
- -
Div.I イタリアの旗 アバルト (S1.3)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (S2.0)
Div.III アメリカ合衆国の旗 フォード (S+2.0)
- -
1967 イタリアの旗 フェラーリ (P+2.0)
ドイツの旗 ポルシェ (P2.0)
- -
Div.I イタリアの旗 アバルト (S1.3)
Div.II ドイツの旗 ポルシェ (S2.0)
Div.III アメリカ合衆国の旗 フォード (S+2.0)
- -
国際メーカー選手権
1968 アメリカ合衆国の旗 フォード (P,S)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1969 ドイツの旗 ポルシェ (P,S)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1970 ドイツの旗 ポルシェ (P,S)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1971 ドイツの旗 ポルシェ (P,S)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
世界メーカー選手権(※世界スポーツカー選手権)
1972 イタリアの旗 フェラーリ (P)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1973 フランスの旗 マトラ (SP)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1974 フランスの旗 マトラ (P)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1975 イタリアの旗 アルファ・ロメオ (P)
ドイツの旗 ポルシェ (GT)
- -
1976 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.5) - -
1976 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.6) - -
1977 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.5) - -
1977 イタリアの旗 アルファ・ロメオ (Gr.6) - -
1978 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.5) - -
1979 ドイツの旗 ポルシェ (+2.0)
イタリアの旗 ランチア (2.0)
- -
1980 ドイツの旗 ポルシェ (+2.0)
イタリアの旗 ランチア (2.0)
- -
世界耐久選手権
1981 ドイツの旗 ポルシェ (+2.0)
イタリアの旗 ランチア (2.0)
- アメリカ合衆国の旗 ボブ・ギャレットソン
1982 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.C) - ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
1983 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.C)
イギリスの旗 アルバ・イタリアの旗 ジャンニーニ (C Jr.)
ドイツの旗 ポルシェ (Gr.B)
- ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
1984 ドイツの旗 ポルシェ (Gr.C)
イギリスの旗 アルバ・イタリアの旗 ジャンニーニ (C Jr.)
ドイツの旗 BMW (Gr.B)
- ドイツの旗 ステファン・ベロフ
1985 - ドイツの旗 ロスマンズポルシェ (C)
イギリスの旗 スパイス・エンジニアリング (en) (C2)
イギリスの旗 デレック・ベル (C)
ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・シュトゥック (C)
イギリスの旗 ゴードン・スパイス (C2)
イギリスの旗 Ray Bellm (C2)
世界スポーツプロトタイプカー選手権
1986 - スイスの旗 ブルン・モータースポーツ (C)
イギリスの旗 エキュリー・エコッセ (en) (C2)
イギリスの旗 デレック・ベル (C)
ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・シュトゥック (C)
イギリスの旗 ゴードン・スパイス (C2)
イギリスの旗 Ray Bellm (C2)
1987 - イギリスの旗 シルクカットジャガー (C)
イギリスの旗 スパイス・エンジニアリング (C2)
ブラジルの旗 ラウル・ボーセル (C)
イギリスの旗 ゴードン・スパイス (C2)
スペインの旗 Fermin Velez (C2)
1988 - イギリスの旗 シルクカットジャガー (C)
イギリスの旗 スパイス・エンジニアリング (C2)
イギリスの旗 マーティン・ブランドル (C)
イギリスの旗 ゴードン・スパイス (C2)
イギリスの旗 Ray Bellm (C2)
1989 - ドイツの旗 チーム・ザウバーメルセデス (C)
イギリスの旗 Chamberlain Engineering (C2)
フランスの旗 ジャン=ルイ・シュレッサー (C)
イギリスの旗 Nick Adams (C2)
スペインの旗 Fermin Velez (C2)
1990 - ドイツの旗 チーム・ザウバーメルセデス フランスの旗 ジャン=ルイ・シュレッサー
イタリアの旗 マウロ・バルディ
スポーツカー世界選手権
1991 - イギリスの旗 シルクカットジャガー イタリアの旗 テオ・ファビ
1992 - フランスの旗 プジョータルボ・スポール (C1)
イギリスの旗 Chamberlain Engineering (Cup)
イギリスの旗 デレック・ワーウィック (C1)
フランスの旗 ヤニック・ダルマス (C1)
フランスの旗 Ferdinand de Lesseps (Cup)

日本開催[編集]

世界耐久選手権(WEC)時代のグループC初年度となる1982年に、富士スピードウェイにてWEC-JAPANとして初めて開催された。日本での世界選手権は同じ富士で開催された1977年F1日本GP以来、5年ぶりの開催であった。1983年にはグループC規定の国内シリーズとして全日本耐久選手権(後の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 , 通称:JSPC)もスタートした。

以降1988年まで富士で開催された。1989年世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)の大改革で、施設的に見劣りする富士から鈴鹿に開催地が変更されたが、観客は激減してしまった。鈴鹿ではその後スポーツカー世界選手権(SWC)が消滅する1992年まで開催された。1992年は伝統の鈴鹿1000kmに世界選手権がかかることとなった。

富士・鈴鹿以外では、1991年SWC最終戦としてオートポリスで開催された。この年日本では鈴鹿とオートポリスの2回開催となった。このレースはジャガー、プジョー、メルセデス、トヨタの4メーカーのカテゴリー1(3.5L自然吸気エンジン搭載車)が揃う最初で最後のレースとなった。また結果的にジャガー、メルセデスの最後のグループCレースともなった。

この他、1987年富士の翌週に西仙台(現仙台ハイランド)でスプリントレースが予定されていたが、開催1週間前に突然キャンセルされるハプニングが起きた。1992年の開幕戦の当初カレンダーにはオートポリスがあったが、後にキャンセルされている。

レース結果[編集]

開催年 開催日 開催地 シリーズ名 レース形態
優勝 PP 出走 観衆
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
1982年 10月3日 富士
WEC  6時間 1 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
西ドイツの旗 ヨッヘン・マス

260周 / ポルシェ・956
51 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート

1分12秒39 / ランチア・LC1
38  86000
1983年 10月2日 富士 WEC  1000km 2 イギリスの旗 デレック・ベル
西ドイツの旗 ステファン・ベロフ

225周 / ポルシェ・956
2 西ドイツの旗 ステファン・ベロフ

1分10秒02 / ポルシェ・956
37  83000
1984年 9月30日 富士 WEC  1000km 2 イギリスの旗 ジョン・ワトソン
西ドイツの旗 ステファン・ベロフ

226周 / ポルシェ・956
2 西ドイツの旗 ステファン・ベロフ

1分17秒49 / ポルシェ・956
35  83500
1985年 10月6日 富士 WEC  1000km 28 日本の旗 星野一義
日本の旗 松本恵二
日本の旗 萩原光

62周 / マーチ・85G/日産
2 西ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・シュトゥック

1分15秒92 / ポルシェ・962C
35  83100
1986年 10月5日 富士
WSPC 1000km 7 イタリアの旗 パオロ・バリッラ
イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ

226周 / ポルシェ・956
18 アルゼンチンの旗 オスカー・ララウリ

1分16秒519 / ポルシェ・962C
40  85300
1987年 9月27日 富士
WSPC 1000km 5 オランダの旗 ヤン・ラマース
イギリスの旗 ジョン・ワトソン

224周 / ジャガー・XJR-8
28 日本の旗 和田孝夫

1分19秒021 / マーチ・86G/日産
37  78500
1988年 10月9日 富士
WSPC  1000km 1 イギリスの旗 マーティン・ブランドル
アメリカ合衆国の旗エディ・チーバー
デンマークの旗 ジョン・ニールセン

224周 / ジャガー・XJR-9
27 日本の旗 岡田秀樹

1分18秒210 / ポルシェ・962C
35 81500
1989年 4月9日 鈴鹿
WSPC  480km 61 フランスの旗 ジャン=ルイ・シュレッサー
イタリアの旗 マウロ・バルディ

82周 / ザウバー・C9/メルセデス
37 イギリスの旗 ジェフ・リース

1分50秒635 / トヨタ・89C-V
34  31000
1990年 4月8日 鈴鹿
WSPC  480km 1 フランスの旗 ジャン=ルイ・シュレッサー
イタリアの旗 マウロ・バルディ

82周 / ザウバー・C9/メルセデス
36 イギリスの旗 ジェフ・リース

1分48秒716 / トヨタ・90C-V
34  41000
1991年 4月14日 鈴鹿
SWC  430km 5 イタリアの旗 マウロ・バルディ
フランスの旗 フィリップ・アリオー

74周 / プジョー・905
3 イギリスの旗 デレック・ワーウィック

1分48秒084 / ジャガー・XJR-14
15  45000
1991年 10月28日 オートポリス
SWC  430km 2 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー

93周 / メルセデスベンツ・C291
4 イタリアの旗 テオ・ファビ

1分27秒188 / ジャガー・XJR-14
17  38300
1992年 8月30日 鈴鹿
SWC  1000km 1 イギリスの旗 デレック・ワーウィック
フランスの旗 ヤニック・ダルマス

171周 / プジョー・905
2 イタリアの旗 マウロ・バルディ

1分43秒957 / プジョー・905
11  36000

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 両社の間には、フォードがフェラーリの買収に失敗したという因縁があった。
  2. ^ 2座席オープントッププロトタイプの選手権は、世界スポーツカー選手権として併催されたが、1978年に欧州選手権に格下げされた。
  3. ^ FIA Press Release World Motor Sport Council 03/06/2011

関連項目[編集]