トム・プライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・プライス
基本情報
フルネーム トーマス・モルドウィン・プライス
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 同・ルーシン
生年月日 1949年6月11日
没年月日 1977年3月5日(満27歳没)
F1での経歴
所属チーム '74 トークン
'74-'77 シャドウ
活動時期 1974 - 1977
出走回数 42
優勝回数 0
通算獲得ポイント 19
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 1
ファステストラップ 0
初戦 1974年ベルギーGP
最終戦 1977年南アフリカGP
タイトル 0
テンプレートを表示

トム・プライスTom Pryce)、本名トーマス・モルドウィン・プライスThomas Maldwyn Pryce1949年6月11日 - 1977年3月5日)はイギリス出身のレーシングドライバー。

プロフィール[編集]

ウェールズデンビーシャー州ルーシンRuthin)出身。

10歳でパン運送用のバンに乗ったことから車に興味を持つが、実は両親も彼をレーサーにしようとしていた。だが1975年のインタビューでプライスが語ったところによると本当はパイロットになりたかったが、成績上無理だと思いあきらめたという。

子供の時はジム・クラークに憧れていたが、1968年にクラークがホッケンハイムリンクで事故死した際には衝撃を受けた。同様に、1970年ヨッヘン・リントが事故死した際にも衝撃を受けた。

16歳で学校を中退後、母の意向により、もしレーサーになれなかったときの保険としてランドリロ・テクニカル・カレッジ(Llandrillo Technical College)でトラクターのメカニックの研修を受けた。

プライスはメカニックとして働きながらF3F2に出場。1974年にトークン・フォードに乗りベルギーグランプリF1デビュー。同年シャドウ・フォードに移籍。

1975年アメリカGPでシャドウを運転するプライス

1975年に結婚。同年オーストリアグランプリで3位に入賞し、イギリスグランプリポールポジションを獲得する。ブランズハッチで行われた非選手権戦の「レース・オブ・チャンピオンズ」では、ポールポジションとファステストラップを奪ったうえ優勝するという活躍を見せた。イギリス期待の若手ドライバーと見る向きも多かった。

写真のロータス・79は、マリオ・アンドレッティが1978年のF1で途中から使用した。The Lost Generation, のデビッド・トレメイン によると、1975年にこのチームへの移籍を受入れたなら、プライスが同じ車を使ったかもしれないだろう。

事故死[編集]

最終コーナーのキンク(The Kink)でヴーレンと衝突し、 第1コーナーのクローソーンコーナー(Crowthorne corner)でジャック・ラフィットと接触した

1977年キャラミサーキットで行なわれた南アフリカグランプリ決勝中、プライスの同僚であるレンツォ・ゾルジがエンジントラブルに見舞われ、最終コーナーを立ち上がった付近のコース脇にマシンを止め降車した。その直後にゾルジのマシンから炎が上がったため、消火器を手にしたマーシャル2名がコースを横切り、ゾルジの車に走り寄ってきた。

現場は各マシンが高速でコーナーを立ち上がってくる区間であり、しかもキャラミ名物の急勾配を登った先のため見通しが悪く、キンクコーナーからホームストレートの頂上でゾルジのマシンが停まってしまったため、下から上ってくるマシンの死角となり非常に危険な状態だった。

このときプライスは22周目でハンス=ヨアヒム・スタックを追いかけながら事故現場付近に高速で接近していた。前を走るスタックはコースを横切るマーシャルに気付きとっさに避けることができたが、すぐ後ろを走っていたプライスはなすすべもなくマーシャルのジャンセン・ヴァン・ヴーレンJansen van Vuuren)を撥ねてしまい、その際マーシャルが手にしていた消火器がプライスのヘルメットを直撃、ヘルメットは割れ吹き飛ばされてアゴヒモがプライスの首を切りつける形になり、プライスはマシンに乗ったまま即死した。27歳没。

プライスに撥ねられたヴーレンも、時速300km近いスピードでぶつけられた衝撃で体がほぼ真っ二つに引き裂かれ、上半身が縦方向に激しく数回転しながら宙を舞い、そのまま地面に叩き付けられるという悲惨極まりない状態で即死している。事故の一部始終はシネカメラで撮影されており、モータースポーツ史上で最も衝撃的な事故映像のひとつになっている。遺体の損傷も激しく、レース後全員を集合させ、欠員を確認してようやく身元が判明したほどだった。

プライスは足がそのままアクセルを踏み続けていたと見られ、マシンは270km/hでホームストレートを暴走、インコースのガードレールに接触したまま第1コーナーに突っ込み、コーナーに向け減速していたジャック・ラフィットリジェに接触し巻き込むように1コーナーを直進しコースアウト。ラフィットはブレーキをかけてマシンをコントロールし、最悪の事態からは免れた。

ようやく停止したプライス車に救護班が駆け付けたが、コックピットの中は血液と体液が入り交じった悪夢のような惨状であり、プライスは仰向でハンドルを握り、アクセルを踏み込んだ形のまま硬直していた。マーシャルを轢いた事でマシンが操縦不能になったものと思われたが、何もできずに1コーナーを直進したという事が判明した。

事故の原因は不慣れなマーシャルが不用意にコースを横切ったことだと見る意見が多く、プライスは不運なもらい事故で死亡したことになる。

ヘルメット[編集]

プライスのヘルメットは当初は白かったが、1970年に走行中でも見分けられるようにして欲しいと父から頼まれたことからバイザーの上に5本の黒い線を入れた。その後1975年にヘルメットの横にウェールズの国旗を入れた。さらにグッドイヤーのロゴが書かれていた。

現在[編集]

  • 墓はイングランドのケントにある聖バーソロミュー教会にある。ここは亡くなる2年前に結婚式をあげた教会であった。
  • 夫人はプライスの死後フルハムトニー・ブライズ夫人とアンティークショップを経営している。
  • ウェールズアングルシー島アングルシーサーキットのストレートは彼の功績を称えて「トム・プライス・ストレート」と命名されている。
  • 2007年、彼の没後30周年に当たって故郷のルーシンに記念碑が建てられることになった。