ジャック・ラフィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  1. フランスのF1ドライバー。本稿で記載。
  2. 19世紀フランスの銀行家・政治家。彼についてはジャック・ラフィット (政治家)を参照。

ジャック・ラフィット
Laffite.jpg
ファン達にサインをねだられるラフィット
(※:写真左から2人目の人物。1988年)
基本情報
フルネーム ジャック=アンリ・マリー・セイビン・ラフィット
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・パリ
生年月日 1943年11月21日(70歳)
F1での経歴
所属チーム '74 イソ・マールボロ
'75,'83-'84 ウィリアムズ
'76-'82,'85-'86 リジェ
活動時期 1974 - 1986
出走回数 176
優勝回数 6
通算獲得ポイント 228
表彰台(3位以内)回数 32
ポールポジション 7
ファステストラップ 7
初戦 1974年ドイツGP
初勝利 1977年スウェーデンGP
最終勝利 1981年カナダGP
最終戦 1986年イギリスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ジャック=アンリ・マリー・セイビン・ラフィットJacques-Henri Marie Sabin Laffite, 1943年11月21日 - )は、フランス生まれの元F1ドライバー。フランス語読みで「ジャック・ラフィー」と呼ばれることもある。

プロフィール[編集]

モータースポーツのドライバーとしてはスタートが極めて遅く、1973年に30歳でフランスF3チャンピオンを獲得。翌年F1にデビューしたが、30歳以上でデビューしたドライバーの中でもっとも出走回数が多いドライバーで、1986年イギリスグランプリで当時の最高出走数記録を保持していたグラハム・ヒルに並んだ際には既に42歳になっていた。しかしこのレースのスタート直後に発生した事故により両足を複雑骨折し、このレースを最後にF1から引退した。

とてもゴルフ好きで知られ、ナイジェル・マンセルとも親交がある。1981年のスペインGPに至っては予選中にもかかわらずタイムアタックを切り上げてゴルフに出かけてしまうなど、そのエピソードは尽きない。ちなみにその1981年のスペインGPでは予選を途中で切り上げたにもかかわらずポールポジションを獲得、決勝ではわずか0.211秒差の2位となっている(ちなみにこのレースで優勝したのはフェラーリジル・ヴィルヌーヴであるが、1位から5位までがわずか1.231秒の差でフィニッシュする接戦であった)。

1983年はウィリアムズのドライバーを務め、最終戦南アフリカGPホンダがターボエンジンをウィリアムズに供給したときのドライバーだった。

ラフィットといえば、トレードマークが黒地に無地のヘルメットに、勝利したグランプリのウィナーズステッカーだけが貼られたシンプルなものだった。 同時期にルノーなどで活躍したF1ドライバージャン=ピエール・ジャブイーユとは、義理の兄弟(互いの妻が姉妹)である。

1984年アメリカグランプリの際にはサーキットにパジャマ姿で現れるというエピソードを残した。このレースは猛暑とアメリカ国内でのテレビ中継、ヨーロッパとの時差を考慮し通常より3時間早い午前11時スタートと設定され、その関係でウォームアップランが午前7時開始となったため、それに対する皮肉を込めたラフィットのジョークであった。その姿を見たチーム関係者たちは皆爆笑したという。元F1メカニックの津川哲夫は著書「F1グランプリボーイズ」の中でラフィットを「サーキットのコメディアン」と称している。

F1での主な記事[編集]

  • 1974年 ウイリアムズからF1初参戦。
  • 1975年 シーズンランキング12位。
  • 1976年 リジェに移籍、シーズンランキング8位。初ポールポジション。
  • 1977年 シーズンランキング10位。初優勝。
  • 1978年 シーズンランキング8位。
  • 1979年 シーズンランキング4位。2勝。
  • 1980年 シーズンランキング4位。1勝。
  • 1981年 シーズンランキング4位。2勝。
  • 1982年 シーズンランキング18位。
  • 1983年 ウイリアムズに移籍、シーズンランキング11位。
  • 1984年 シーズンランキング14位。
  • 1985年 リジェに移籍、シーズンランキング9位。
  • 1986年 レース中の事故により負傷、シーズン中に引退。シーズンランキング8位。

年度別詳細成績[編集]

所属チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1974年 イソ・マールボロ フォード V8 ARG
BRA
RSA
ESP
BEL
MON
SWE
NED
FRA
GBR
GER
Ret
AUT
NC
ITA
Ret
CAN
15
USA
Ret
44位
(NC)
0
1975年 ウィリアムズ フォード V8 ARG
Ret
BRA
11
RSA
NC
ESP
MON
DNQ
BEL
Ret
SWE
NED
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
2
AUT
Ret
ITA
Ret
USA
DNS
12位 6
1976年 リジェ マトラ V12 BRA
Ret
RSA
Ret
USW
4
ESP
12
BEL
3
MON
12
SWE
4
FRA
14
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
2
NED
Ret
ITA
3
CAN
Ret
USA
Ret
JPN
7
8位 20
1977年 リジェ マトラ V12 ARG
NC
BRA
Ret
RSA
Ret
USW
9
ESP
7
MON
7
BEL
Ret
SWE
1
FRA
8
GBR
6
GER
Ret
AUT
Ret
NED
2
ITA
8
USA
7
CAN
Ret
JPN
5
10位 18
1978年 リジェ マトラ V12 ARG
16
BRA
9
RSA
5
USW
5
MON
Ret
BEL
5
ESP
3
SWE
7
FRA
7
GBR
10
GER
3
AUT
5
NED
8
ITA
4
USA
11
CAN
Ret
8位 19
1979年 リジェ フォード V8 ARG
1
BRA
1
RSA
Ret
USW
Ret
ESP
Ret
BEL
2
MON
Ret
FRA
8
GBR
Ret
GER
3
AUT
3
NED
3
ITA
Ret
CAN
Ret
USE
Ret
4位 36
1980年 リジェ フォード V8 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
2
USW
Ret
BEL
11
MON
2
FRA
3
GBR
Ret
GER
1
AUT
4
NED
3
ITA
9
CAN
8
USA
5
4位 34
1981年 リジェ マトラ V12 USW
Ret
BRA
6
ARG
Ret
SMR
Ret
BEL
2
MON
3
ESP
2
FRA
Ret
GBR
3
GER
3
AUT
1
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
1
CPL
6
4位 44
1982年 リジェ マトラ V12 RSA
Ret
BRA
Ret
USW
Ret
SMR
BEL
9
MON
Ret
DET
6
CAN
Ret
NED
Ret
GBR
Ret
FRA
14
GER
Ret
AUT
3
SUI
Ret
ITA
Ret
CPL
Ret
18位 5
1983年 ウィリアムズ フォード V8 BRA
4
USW
4
FRA
6
SMR
7
MON
Ret
BEL
6
DET
5
CAN
Ret
GBR
12
GER
6
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
DNQ
EUR
DNQ
11位 11
ホンダ V6ターボ RSA
Ret
1984年 ウィリアムズ ホンダ V6ターボ BRA
Ret
RSA
Ret
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
8
MON
8
CAN
Ret
DET
5
USA
4
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
Ret
POR
14
14位 5
1985年 リジェ ルノー V6ターボ BRA
6
POR
Ret
SMR
Ret
MON
6
CAN
8
DET
12
FRA
Ret
GBR
3
GER
3
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
BEL
11
EUR
Ret
RSA
AUS
2
9位 16
1986年 リジェ ルノー V6ターボ BRA
3
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
6
BEL
5
CAN
7
DET
2
FRA
6
GBR
Ret
GER
HUN
AUT
ITA
POR
MEX
AUS
8位 14

カーナンバー(F1)[編集]

  • 21(1974年第11戦~1975年第3戦.5.6.8~14戦)
  • 26(1976年~1982年第3戦.5~16戦.1985年~1986年第9戦)
  • 2 (1983年)
  • 5 (1984年)

関連項目[編集]