パトリック・タンベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリック・タンベイ
基本情報
フルネーム パトリック・ダニエル・タンベイ
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・パリ
生年月日 1949年6月25日(65歳)
F1での経歴
所属チーム '77 サーティース
'77 エンサイン
'78-'79 マクラーレン
'81 セオドール
'81 リジェ
'82-'83 フェラーリ
'84-'85 ルノー
'86 ローラ
活動時期 1977年 - 1986年
出走回数 114
優勝回数 2
通算獲得ポイント 103
表彰台(3位以内)回数 11
ポールポジション 5
ファステストラップ 2
初戦 1977年フランスGP
初勝利 1982年ドイツGP
最終勝利 1983年サンマリノGP
最終戦 1986年オーストラリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

パトリック・ダニエル・タンベイPatrick Daniel Tambay1949年6月25日 - )は、フランスの元レーシングドライバー1977年1980年カナディアン-アメリカン・チャレンジカップチャンピオン。

多くのカテゴリーで実績を残したが、F1での活躍は短命に終わった。

プロフィール[編集]

母国のレーシングスクール、「ラ・フィリエール」の出身。卒業時には当時の最高成績を残しており、将来を大いに期待されていた。

フォーミュラ・ルノーを経て、1974年よりヨーロッパF2に参戦。1975年のランキング2位が最高となり、チャンピオンは獲得できなかったが、活躍が認められ1977年中盤よりF1に参戦を開始。

初エントリーとなった第7戦フランスGPでは、サーティースから参戦するも、決勝に進出できず。翌第8戦イギリスGPからはエンサインより出走、下位チームながら3度の入賞を果たした。

前年の走りが認められ、翌1978年からはマクラーレンへ移籍。しかしチームは低迷期を迎えており、No.1ドライバーのジェームス・ハントともども苦戦を強いられ、思うような成績を挙げられなかった。翌1979年には更に低迷しノーポイントに終わり、1980年はF1シートを喪失することとなった。

1980年はアメリカで2度目のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップチャンピオンとなり、1981年にセオドールからF1復帰。開幕のアメリカ西GPで入賞を果たすものの、その後は下位チーム故に苦戦を強いられ、中盤にはリジェに移籍。しかし、移籍後は全戦リタイアに終わり、1982年開幕時には、再びシートを喪失することとなった。

つかの間のF1全盛期[編集]

F1浪人となった1982年だったが、中盤にフェラーリからオファーが舞い込む。自身の親友でもあり、第5戦ベルギーGP予選にて事故死した、ジル・ヴィルヌーヴの後任としてのオファーだった。

タンベイは第9戦オランダGPより参戦するが、この年のフェラーリはヴィルヌーヴとディディエ・ピローニのドライバー間の確執、前述したヴィルヌーヴの事故死などにより、混乱の中にいた。第12戦ドイツGPでは、それまでランキング首位に立っていたピローニが、予選中の事故で両足を複雑骨折。戦線離脱を余儀なくされ、再びチームは波乱を迎えた。

しかし、タンベイはそんな中行われた決勝で優勝。自身の初優勝であり、また混乱するチームに希望を与える勝利となった。これを含め数回入賞し、チームのコンストラクターズチャンピオン獲得に貢献した。

1983年もフェラーリに在籍し、予選では4度のポール・ポジション(以下:PP)を獲得。また第4戦サンマリノGPでは、ファイナルラップ(最終周)にリカルド・パトレーゼがクラッシュし繰り上がりで優勝した。他にも数回表彰台にあがり、最終的にドライバーズランクでは4位、またチームのコンストラクターズタイトル連覇にも貢献した。

フェラーリ離脱後[編集]

ルノー時代のタンベイ(1984年)

1984年、タンベイはミケーレ・アルボレートの加入に伴いフェラーリを去ることとなり、ルノーに移籍。第5戦フランスGPでは予選でPPを獲得、決勝でも2位に入っている。しかし、チームはすでに勢いを失っており、最終的に入賞は4度に留まった。フランスに続く第6戦モナコGPでは、スタート直後に発生した多重クラッシュにチームメイトのデレック・ワーウィック共々巻き込まれ左足を骨折、翌第7戦カナダGPを欠場する憂き目に遭っている。また第14戦イタリアGPで、終盤までトップを走りながらスロットルワイヤー切れでリタイヤする等、マシントラブルにも泣かされるシーズンとなった。

1985年もルノーから参戦。前半戦は2度の3位表彰台を含む4回の入賞を記録したが、後半戦は1度もポイントを獲得できなかった。結局、この年をもってチームは撤退している。

1986年チーム・ハースローラ)から参戦。しかし、マシンの戦闘力は低く、タンベイは1度の6位入賞が精一杯であった。結局、この年をもってタンベイはF1から姿を消すこととなった。

F1以外での活躍[編集]

1987年スイスに自身のプロモーション事務所を開設、1989年のル・マン24時間レースジャガー・XJR-9LMで参戦しジャガーチーム内最高位の4位で完走した。

砂漠でのラリーレイドにも参戦しており、ダカール・ラリーでは三菱自動車チーム等でエントリーし、上位3位に2回入賞している。このうち1988年については最終ゴール目前まで4輪車部門のトップを走っていたアリ・バタネンがマシンの盗難に遭いスタートができなかった-という、前代未聞の理由で失格となったことによる繰上げ入賞だった。フィニッシュ時のインタビューで、非情の裁定を下した主催者に対する抗議の念と、バタネンへの敬意と慰撫を込めて「私は3位ではない、4位だ」と語っている。

その他BPR-GT選手権にもブガッティEB110等でスポット出場している。

家族[編集]

息子のエイドリアン・タンベイもレーシングドライバー。エイドリアンは2011年にはFIA GT3選手権アウディ・R8で参戦していたほか、2012年ドイツツーリングカー選手権(DTM)にアウディからスポット参戦する[1]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1977年 サーティース TS19 ARG BRA RSA USW ESP MON BEL SWE FRA
DNQ
18位 5
エンサイン N177 GBR
Ret
GER
6
AUT
Ret
NED
5
ITA
Ret
USA
DNQ
CAN
5
JPN
Ret
1978年 マクラーレン M26 ARG
6
BRA
Ret
RSA
Ret
USW
12
MON
7
BEL ESP
Ret
SWE
4
FRA
9
GBR
6
GER
Ret
AUT
Ret
NED
9
ITA
5
USA
6
CAN
8
14位 8
1979年 マクラーレン M28 ARG
Ret
RSA
10
USW
Ret
ESP
13
MON
DNQ
FRA
10
GBR
7
NC 0
M26 BRA
Ret
BEL
DNQ
M29 GER
Ret
AUT
10
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
Ret
USE
Ret
1981年 セオドール TY01 USW
6
BRA
10
ARG
Ret
SMR
11
BEL
DNQ
MON
7
ESP
13
19位 1
リジェ JS17 FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
Ret
CPL
Ret
1982年 フェラーリ 126C2 RSA BRA USW SMR BEL MON DET CAN NED
8
GBR
3
FRA
4
GER
1
AUT
4
SUI
DNS
ITA
2
CPL
DNS
7位 25
1983年 フェラーリ 126
C2B
BRA
5
USW
Ret
FRA
4
SMR
1
MON
4
BEL
2
DET
Ret
CAN
3
4位 40
126C3 GBR
3
GER
Ret
AUT
Ret
NED
2
ITA
4
EUR
Ret
RSA
Ret
1984年 ルノー RE50 BRA
5
RSA
Ret
BEL
7
SMR
>Ret
FRA
2
MON
Ret
CAN
DNS
DET
Ret
USA
Ret
GBR
8
GER
5
AUT
Ret
NED
6
ITA
Ret
EUR
Ret
POR
7
11位 11
1985年 ルノー RE60 BRA
5
POR
3
SMR
3
MON
Ret
CAN
7
DET
Ret
12位 11
RE60B FRA
6
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
10
NED
Ret
ITA
7
BEL
Ret
EUR
12
RSA AUS
Ret
1986年 ハース
(ローラ)
THL1 BRA
Ret
ESP
8
SMR
Ret
15位 2
THL2 MON
Ret
BEL
Ret
CAN
DNS
DET FRA
Ret
GBR
Ret
GER
8
HUN
7
AUT
5
ITA
Ret
POR
NC
MEX
Ret
AUS
NC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アウディ、新たにタンベイと契約。A5 DTMは8台に - オートスポーツ・2012年3月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]