ミシェル・ヴァイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミシェル・ヴァイヨンMichel Vaillant)は架空の人名およびこの人物を主人公として作られたテレビ・アニメーションと映画の題名。フランス生まれのベルギーの漫画家ジャン・グラトン1957年から発表しているフレンチコミック・シリーズ(バンド・デシネ)の主人公であり、主にフォーミュラ1で活躍するレーシング・ドライバーである。

コミック[編集]

発表当時、グラトンはすでに漫画専門誌『タンタン』にスポーツ・ヒーローものの短編を数多く発表しており、1957年に初めてミシェル・ヴァイヨン・シリーズを発表したのも『タンタン』誌だった。

グラトンの設定では、ヴァイヨン家はもともと運輸業を営んでいたが、トラックや自動車の製造に乗り出すうちにフォーミュラ1参加を決意。御曹司のミシェルをドライバーとするレース・チームを結成し、数多くの困難を乗り越えてフォーミュラ1のみならずインディカーラリーエンデューロレースといった様々なモータースポーツに挑んでいく。

ヴァイヨン・レース・チームのメイン・ドライバーはミシェル、チームメイトはアメリカ人のスティーヴ・ワーソン。マシン整備はミシェルの兄のジャン・ピエールが担当し、監督はミシェルの父アンリが務めている。

作品中にはジャッキー・スチュワートアラン・プロストといったドライバーから、フェラーリウィリアムズF1といったチーム名まで多くの実在のフォーミュラ1関係者が実名で登場。モータースポーツ・ジャーナリストのジェラール・クロンバックがミシェルにインタビューする場面も多い。

最近ではジャン・グラトンに代わって息子のフィリップ・グラトンが部分的に作画を行っている。

アニメ[編集]

テレビ・アニメーション・シリーズの『ミシェル・ヴァイヨン』は1986年から1989年までアメリカ合衆国で『ホット・ホィールの英雄たち(Heroes on Hot Wheels)』の題名で放送。ヨーロッパでの放送時には『ミシェル・ヴァイヨン』の題名になった。

映画[編集]

ミシェル・ヴァイヨン
Michel Vaillant
監督 ルイ=パスカル・クーヴレール
脚本 リュック・ベッソン
ジル・マランソン
原作 ジャン・グラトン
フィリップ・グラトン
製作 ピエランジュ・ル・ポギャム
リュック・ベッソン
出演者 サガモア・ステヴナン
撮影 ミシェル・アブラモヴィッチ
編集 エルヴェ・シュネイ
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 2003年11月19日
日本の旗 2003年12月20日
上映時間 104分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

概要[編集]

映画版『ミシェル・ヴァイヨン』(Michel Vaillant)は、2003年フランスで製作された。監督はルイ=パスカル・クヴレール。脚本はリュック・ベッソンジル・マランソンが手がける。

公開前に劇中車が発表され、撮影を目的に実際のル・マン24時間レースに2台が参戦し話題を集めた。 また、2003年のフォーミュラ1最終戦では、オープニング後に、コマーシャルとして提供された。

なお内容については、主人公のミシェル及びヴァイヨン・チームがサーキットレースからラリー競技まであらゆるレースカテゴリーに参戦し優秀な成績を収めてしまう点や、ライバルの謀略によりラリー競技中に死亡したチームメイトの妻が亡き夫の夢を果たすためにル・マンにエントリーするなど、現実離れした内容に賛否両論の声が聞かれる。

ただし現実にはキミ・ライコネンの様に、F1からWRCに転向して成績を残すドライバーも存在する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ミシェル・ヴァイヨン サガモア・ステヴナン 小杉十郎太
スティーヴ・ウォーソン ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ 桐本琢也
ジュリー・ウッド ディアーヌ・クルゲール 湯屋敦子
アンリ・ヴァイヨン ジャン=ピエール・カッセル 小島敏彦
エリザベート・ヴァイヨン ベアトリス・アジュナン 久保田民絵
ジャン=ピエール・ヴァイヨン フィリップ・バス 森田順平
ルース・ワン リサ・バービュシア 田中敦子
ボブ・クレイマー フランソワ・ルヴァンタル 金尾哲夫
ガブリエル・スパンゲンバーグ アガト・ドゥ・ラ・ブライユ 岡寛恵
デヴィッド・ドアティ スコット・スラン 古澤徹

外部リンク[編集]