ペドロ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・ロドリゲス
Pedro Rodríguez 1968 Nürburgring-1.jpg
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 メキシコシティ
生年月日 1940年1月18日
没年月日 1971年7月11日(満31歳没)
F1での経歴
活動時期 1963-1971
過去の所属チーム '63,'66 ロータス
'64,'65,'69 フェラーリ
'67 クーパー
'68,'69,'70-'71 BRM
出走回数 54
優勝回数 2
通算獲得ポイント 71
表彰台(3位以内)回数 7
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1963年アメリカGP
初勝利 1967年南アフリカGP
最終勝利 1970年ベルギーGP
最終戦 1971年フランスGP
テンプレートを表示

ペドロ・ロドリゲス(Pedro Rodríguez de la Vega、1940年1月18日 - 1971年7月11日)は、メキシコレーシング・ドライバー1968年ル・マン24時間レース覇者。

人物[編集]

F1で2勝を挙げており、2008年現在メキシコ人唯一のF1優勝者である。またスポーツカー・レースでは、1968年フォードでル・マン24時間レース、1970年1971年ポルシェデイトナ24時間レースを制したのをはじめ、F1以上に実績を残した。

弟のリカルドもレーサーであり、2人纏めて「ロドリゲス兄弟」と称されることも多い。

経歴[編集]

F1デビューまで[編集]

リカルド同様、メキシコ2輪・メキシコ4輪の両方でチャンピオンを獲得している。四輪に転向後の1957年、ペドロはポルシェで、リカルドはフェラーリで四輪の国際舞台レースにデビューした。

1961年、ペドロより先にF1デビューを果たしていたリカルドが、非選手権として行われたメキシコGPで事故死。ペドロは一時引退も考えるが、引き続きレース活動を行い、1963年にはロータスからF1デビューを果たす。当初は北米で行われるアメリカGP・メキシコGPへのスポット参戦が主であり、1966年終了時までは計8レースしか参戦していなかった。

F1レギュラー[編集]

BRM在籍時のロドリゲス(1968年)

1967年、クーパーに招かれたペドロは、開幕戦南アフリカGPで初優勝。これ以後、F1でもレギュラーとして活躍するようになる。1968年にはBRMから参戦し、第2戦スペインGPでは自身ベストタイとなる予選2位を獲得。第6戦フランスGPでは、ファステストラップをマークした。

1969年途中に一旦フェラーリへ移るが、1970年にはBRMに復帰。第4戦ベルギーGPでは、クリス・エイモンとの争いを制し、自身2勝目を挙げた。この際の平均時速241kmは、F1史上2番目となる速さである。また第12戦アメリカGPでは、2位表彰台を獲得。

元々、素質面においてリカルドのほうが評価は高く、ペドロは「リカルドの兄」という見方をされることも多かった。しかし1969年頃より再評価を受け、この頃にはF1における勝利、同時期のスポーツカーレースでの活躍等から、ペドロ自身が評価されるようになっていた。1970年以降、F1ではBRM、スポーツカーではポルシェのエースを担った。

1971年も、ペドロはF1において2度の入賞を記録するなど、奮闘していた。

事故死[編集]

そんな中、ドイツ・ノリスリンクでのヨーロッパ・インターセリエ第4戦「ニュルンベルク200マイル」に参戦。乗り慣れたポルシェ・917ではなく、フェラーリ・512Mを駆ってのものだった。

しかし、レース中にタイヤがバーストしてフェンスに激突するというクラッシュを起こし、31歳で他界。

エピソード[編集]

  • トップドライバーとなった後も、依頼があればそれがプライベーターからでも参戦した。最期のレースとなったヨーロッパ・インターセリエも、フェラーリのプライベーター使用であり、1968年には日本CAN-AMローラから参戦している。
  • メキシコGPの舞台となったサーキットは、リカルドの死を受け、「リカルド・ロドリゲス・サーキット」と命名されていた。しかし1971年にペドロも他界した後、「エルマノス・ロドリゲス(ロドリゲス兄弟)・サーキット」に改名された。
  • デイトナ・スピードウェイには、ペドロの名の付けられたコーナーがある。
  • クレイジーケンバンドの楽曲には、兄弟を歌った「ロドリゲス兄弟」がある。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 WDC ポイント
1963年 ロータス 25 MON BEL NED FRA GBR GER ITA USA
Ret
MEX
Ret
RSA NC
(40位)
0
1964年 フェラーリノース・アメリカン 156 Aero MON NED BEL FRA GBR GER AUT ITA USA MEX
6
22位 1
1965年 1512 RSA MON BEL FRA GBR NED GER ITA USA
5
MEX
7
14位 2
1966年 ロータス 33 MON BEL FRA
Ret
GBR NED USA
Ret
MEX
Ret
NC
(28位)
0
44 F2 GER
Ret
ITA
1967年 クーパー T81 RSA
1
MON
5
NED
Ret
BEL
9
FRA
6
GBR
5
GER
11
CAN ITA USA MEX
6
6位 15
1968年 オーウェン P126 RSA
Ret
6位 18
P133 ESP
Ret
MON
Ret
BEL
2
NED
3
FRA
NC
GBR
Ret
GER
6
CAN
3
USA
Ret
MEX
4
P138 ITA
Ret
1969年 BRMレグ・パーネル P126 RSA
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
14位 3
フェラーリ 312 NED
DNA
FRA GBR
Ret
GER ITA
6
フェラーリノース・アメリカン CAN
Ret
USA
5
MEX
7
1970年 BRM P153 RSA
9
ESP
Ret
MON
6
BEL
1
NED
10
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
4
ITA
Ret
CAN
4
USA
2
MEX
6
7位 23
1971年 P160 RSA
Ret
ESP
4
MON
9
NED
2
FRA
Ret
GBR GER AUT ITA CAN USA 10位 9

注釈[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

先代:
ダン・ガーニー
A.J.フォイト
ル・マン24時間優勝者
1968 with:
ルシアン・ビアンキ
次代:
ジャッキー・イクス
ジャッキー・オリバー