ロレンツォ・バンディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロレンツォ・バンディーニ
Bandini1966cropped.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 リビア
生年月日 1935年12月21日
没年月日 1967年5月10日(満31歳没)
F1での経歴
所属チーム クーパー, フェラーリ,
BRM
活動時期 1961 - 1967
出走回数 42
優勝回数 1
通算獲得ポイント 58
表彰台(3位以内)回数 8
ポールポジション 1
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1961年ベルギーGP
初勝利 1964年オーストリアGP
最終勝利 1964年オーストラリアGP
最終戦 1967年モナコGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ロレンツォ・バンディーニまたはロレンゾ・バンディーニLorenzo Bandini1935年12月21日 - 1967年5月10日)は、イタリア出身の元F1ドライバー。1963年ル・マン24時間レース優勝者。

プロフィール[編集]

当時イタリアの植民地であったリビアでイタリア人の両親の元に生まれ、1939年よりフィレンツェ近郊に在住。15歳のときに父が死去し、家を出て見習いのメカニックとして仕事を始める。

キャリアに関しては、当初はモトクロスレースを行っていたが、その後1957年に四輪に転向。ミッレ・ミリアフォーミュラ・ジュニアなどに参戦した。

F1[編集]

1961年、第3戦ベルギーGPにてプライベート・クーパーからデビュー。この年は3戦に出走したが、最高位は8位と入賞はならなかった。翌1962年はプライベート・フェラーリから3戦に参加し、第2戦モナコGPでは初入賞を3位で飾っている。

1963年は第4戦フランスGPから最終戦の南アフリカGPまでの7戦に参加。当初はBRMから出走していたが、第7戦イタリアGP以降はフェラーリのワークスチームに抜擢されジョン・サーティースのNo.2ドライバーとして出走したが、最高位は3度の5位に終わった。

1964年は躍進の年となる。計4度の表彰台を記録し、うち第7戦オーストリアGPでは初優勝。また最終戦メキシコGPでの3位は、ファイナルラップでサーティースに2位の座を譲った結果であり、逆転チャンプ獲得に貢献するものだった。しかし同時にこのレースでは、ランキングトップだったグラハム・ヒルに追突し後退させており、「意図的にぶつけたのではないか」とも噂された。

フェラーリ・312をドライブするバンディーニ(1966年ドイツグランプリ)

1965年1966年もフェラーリから参戦。特に1966年は、サーティースがチームとの確執により開幕2戦で離脱したため、シーズン途中でNo.1ドライバーに昇格。エースとしての初陣となった第3フランスGPでは、予選で初のポールポジション(以下:PP)を獲得し、決勝でも優勝こそなかったもののファステストラップ(以下:FL)を記録。また、開幕戦のモナコGPでもFLを記録している。

事故死[編集]

1967年はフェラーリが開幕戦南アフリカGPを欠場したため、第2戦モナコGPが初陣となった。バンディーニはレースの終盤、トップのデニス・ハルムに次ぐ2位を走行しており、その差は徐々に縮まってきていた。

しかし88周目にヌーベル・シケインでコントロールを失いクラッシュした。マシンはパーツをばら撒きながら横転し出火。さらに漏れたガソリンに引火して爆発した。炎上するマシンに長時間取り残されたバンディーニは大火傷を負い、3日後に病院で死亡した。31歳だった。

事故の際、現場のマーシャルたちが防火服を脱いでいたことから、消火作業が遅れた。さらに、取材用のヘリコプターが接近しすぎたため、鎮火しかけたマシンが再度炎上し、救出作業をより遅らせる結果となった。

F1以外[編集]

F1以上にスポーツカーレースにおいて活躍した。1963年にフェラーリでル・マン24時間レースを制したのをはじめ、デイトナ24時間レースセブリング12時間レースなどでも優勝経験がある。

エピソード[編集]

  • 活躍当時、イタリアでは国民的人気だったという。
  • 事故死に際しイタリアのマスコミは過度にフェラーリを批判。エンツォ・フェラーリはこれにうんざりし、以後チームにイタリア人を乗せるのを躊躇うようになったといわれている。

ロレンツォ・バンディーニ賞[編集]

1992年にロレンツォ・バンディーニを追悼する意を込め、「ロレンツォ・バンディーニ賞」が設立された。モーターレーシングの成績やスピードの速さだけでなく、キャラクターやF1へのアプローチで強い印象を与えたドライバーに対して贈られる。基本的には前年活躍した若手F1ドライバーに贈られているが、ドライバーではなくF1関係者に送られる場合もある。

受賞者
1992年 イタリアの旗 イワン・カペリ
1993年 該当者無し
1995: for 1994年 イギリスの旗 デビッド・クルサード
1996: for 1995年 カナダの旗 ジャック・ビルヌーブ
1997: for 1996年 イタリアの旗 ルカ・ディ・モンテゼーモロ
1998: for 1997年 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
1999: for 1998年 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
2000: for 1999年 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
2001: for 2000年 イギリスの旗 ジェンソン・バトン
2002: for 2001年 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
2003: for 2002年 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
2004: for 2003年 フィンランドの旗 キミ・ライコネン
2005: for 2004年 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
2006: for 2005年 オーストラリアの旗 マーク・ウェーバー
2007: for 2006年 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ
2008: for 2007年 ポーランドの旗 ロバート・クビサ
2009: for 2008年 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
2010: for 2009年 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
2011: for 2010年 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
2012: for 2011年 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ
2013: for 2012年 イタリアの旗 ピエロ・ラルディ・フェラーリ

関連項目[編集]