フェラーリ・F138

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・F138
Felipe Massa 2013 Malaysia FP2 1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター スクーデリア・フェラーリ
デザイナー パット・フライ
ニコラス・トンバジス
シモーネ・レスタ
ルカ・マルモリーニ
先代 フェラーリ・F2012
後継 フェラーリ・F14_T
主要諸元
シャシー カーボンファイバーコンポジット/アルミニウムハニカムモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン 独立懸架 プルロッド式トーションスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン 独立懸架 プルロッド式トーションスプリング
エンジン フェラーリ Tipo056 2,398 cc 90度 V型8気筒 NA ミッドシップ
トランスミッション フェラーリ 7速 セミAT
重量 642 kg
燃料 シェル V-Power
オイル シェル Helix Ultra
タイヤ ピレリ P-Zero
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
ブラジルの旗 フェリペ・マッサ
出走時期 2013年
表彰台(3位以内)回数 10
通算獲得ポイント 354
初戦 2013年オーストラリアGP
初勝利 2013年中国GP
最終戦 2013年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
19 2 0 2
テンプレートを表示

フェラーリ F138 (Ferrari F138) は、スクーデリア・フェラーリ2013年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

F138は2013年2月1日にフェラーリの本拠地マラネッロで公開され、2月5日のヘレステストでシェイクダウンを行った。

F138という車名は「西暦2013年+V型8気筒エンジン」から命名された(開発コードは「664」)[1]。このネーミングには、現行のV8エンジンが最終年という意味も込められている[1]

翌2014年にターボエンジンの導入などの車両規定変更が控えていることから、フェラーリは開発スタッフを2班体制に再編し、2013年のマシンに関してはシモーネ・レスタが責任者となる[2]。また、問題の多かった自社風洞を当面閉鎖し、ケルントヨタ・モータースポーツ (TMG) の風洞で空力研究を行うとした[2]

フロントノーズにはレギュレーションで認められた化粧板(バニティパネル)を装着し、前年のF2012にあった様な段差を解消した[3]。ノーズ下面にはエアダクトを設けている[4]

車体前半部分のプルロッドサスペンションなどはF2012と共通しているが、後半部分はおもに空力面で改良が加えられた。リアサスペンションのアームやロッドの配置を変え、ドライブシャフトを整流カバーで覆う[5]など、レッドブルに似たレイアウトを採用した[6]。また、リアウィングの翼端板に縦方向のスリットを2列刻んでいる[6]

カラーリングはシンボルカラーの深紅の下に白と黒のラインを加えてイメージを変えている。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名:フェラーリ Tipo056
  • 気筒数・角度:V型8気筒・90度
  • 排気量:2,398cc
  • 最高回転数:18,000rpm(レギュレーションで規定)
  • シリンダーブロック:砂型鋳造アルミニウム
  • バルブ数:32
  • バルブ駆動:圧搾空気式
  • ピストンボア:98mm
  • 重量:95kg
  • 燃料シェル V-Power
  • 潤滑油:シェル Helix Ultra

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
KOR
韓国の旗
JPN
日本の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2013 3 スペインの旗 アロンソ 2 Ret 1 8 1 7 2 3 4 5 2 2 2 6 4 11 5 5 3 354 3位
4 ブラジルの旗 マッサ 4 5 6 15 3 Ret 8 6 Ret 8 7 4 6 9 10 4 8 12 7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "フェラーリ、2013年型車の名称は「F138」". Topnews.(2013年1月31日)2013年3月1日閲覧。
  2. ^ a b "フェラーリ、2014年を見据え技術体制を再編". オートスポーツ.(2012年12月21日)2013年3月1日閲覧。
  3. ^ "フェラーリ、段差カバー選択の理由は性能と美観". オートスポーツ.(2013年2月2日)2013年3月13日閲覧。
  4. ^ "Ferrari F138 - duct under nose section". Formula1.com.(2013年3月13日)2013年3月14日閲覧。
  5. ^ "Ferrari F138 - bodied driveshaft". Formula1.com.(2013年3月13日)2013年3月14日閲覧。
  6. ^ a b Mineoki YONEYA(2013年2月1日)"【新車解説】フェラーリF138 空力熟成に心血を注いだ正常進化型マシン". F1 LIFE. 2013年3月13日閲覧。
  7. ^ "フェラーリF138スペック表". Topnews. 2013年3月1日閲覧。
  8. ^ "フェラーリ「F138」解説&スペック". STINGER.(2013年2月2日)2013年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]