フェラーリ・F93A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・F93A
F93A(2008年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード)
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ジョン・バーナード
ジョージ・ライトン
先代 フェラーリ・F92AT
後継 フェラーリ・412T1
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) アクティブサスペンション
サスペンション(後) アクティブサスペンション
エンジン フェラーリ Tipo 041 (E2 A-93), 3497cc, 65度 V12, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション フェラーリ 6速 セミAT
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ SpA
ドライバー 27. フランスの旗 ジャン・アレジ
28. オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1993年南アフリカグランプリ
最終戦 1993年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

フェラーリ・F93A (Ferrari F93A) は、スクーデリア・フェラーリ1992年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー1993年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。設計者はジョン・バーナードジョージ・ライトン

概要[編集]

ハイテク競争の頂点となったこの年、F93Aにはフェラーリとしては初のアクティブサスペンションが搭載された。しかし、開発期間が短かったためトラブルが多発し、ドライバーが信用を置けないレベルだった。第8戦フランスGPより改良型のシステムが投入された。

モノコックの基本設計は前モデルのF92ATを元にしており、チームに復帰したジョン・バーナードが設計する412T1までのつなぎ的な位置付けにあった。F92Aの斬新なダブルフロアは廃止され、サイドポンツーンはコンベンショナルな形状に戻された。

セミATギアボックスはF92ATの横置き式を継続し、7速から6速に変更された[2]。Tipo 041エンジンは新たにニューマチック制御の5バルブを採用したが、第10戦ドイツGPより4バルブ仕様となった。この変更には、前年F1第2期活動を休止したホンダからの技術供与があった[3]

ボディカウルにはフェラーリ黄金期の1970年代(フェラーリ・312T)を再現するように、白いストライプが描かれた。発表時には白いストライプに赤と緑のラインも描かれていたが、実戦では緑と赤のラインは削除された。

1993年シーズン[編集]

この年、マクラーレンからゲルハルト・ベルガーが復帰し、ジャン・アレジとコンビを組んだ。シーズン中には元プジョー監督のジャン・トッドがチーム代表に就任した。

F93Aは時折上位に食い込んだものの、優勝を狙えるほどのポテンシャルはなく、年間順位通りウィリアムズ、マクラーレン、ベネトンに次ぐ4番手のマシンだった。

第14戦ポルトガルGPでは、ベルガーのマシンがタイヤ交換後ピットレーンで加速した際、アクティブサスペンションが誤作動してスピン状態となり、ホームストレートを横切ってクラッシュするというあわやのシーンがあった[4]ものの、ジャン・アレジが序盤トップを快走するなど速さの片鱗を見せた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

マシン No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
南アフリカ共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
EUR
欧州連合の旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1993 F93A 27 フランスの旗 ジャン・アレジ Ret 8 Ret Ret Ret 3 Ret Ret 9 7 Ret Ret 2 4 Ret 4 28 4位
28 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー 6 Ret Ret Ret 6 14 4 14 Ret 6 3 10 Ret Ret Ret 5

参照[編集]

  1. ^ http://www.statsf1.com/en/ferrari/modeles.aspx
  2. ^ Ferrari F93A” (英語). F1 technical.net. 2011年10月4日閲覧。
  3. ^ 小倉茂徳「ワークスグランプリマシン完全カタログ」、『スクーデリア・フェラーリ 1947 - 1977 50年全記録』、ソニーマガジンズ、1997年、 93頁。
  4. ^ 当時のピットレーンは速度規制が無かった。アクティブサス制御装置が車速を感知し、車高をレースモードまで低くしたところ、ピットレーンのバンプに底を擦ってスピンした。