アルトゥーロ・メルツァリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥーロ・メルツァリオ
Mezario holds court.jpg
アルトゥーロ・メルツァリオ (2009年)
基本情報
フルネーム アルトゥーロ・フランチェスコ・メルツァリオ
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・コモ県チヴェンナ
生年月日 1943年3月11日(71歳)
F1での経歴
所属チーム '72,'73 フェラーリ
'74 イソ・マールボロ (ウィリアムズ)
'75,'76 ウィリアムズ
'75 フィッティパルディ
'76,'77 マーチ
'77 シャドウ
'78-'79 メルツァリオ
活動時期 1972-1979
出走回数 85 (57スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 11
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1972年イギリスGP
最終戦 1979年アメリカGP
テンプレートを表示

アルトゥーロ・メルツァリオArturo Francesco Merzario, 1943年3月11日 - )は、イタリアの元F1ドライバー。また1978年から1979年にかけて参戦したコンストラクター「メルツァリオ」のチームオーナー。姓は「メルザリオ/メルヅァリオ」と表記されることもある。マールボロテンガロンハットがトレードマーク。

プロフィール[編集]

コモ県チヴェンナ出身。コクピット内部に潜り込むようなドライビングスタイルが特徴[1]

60年代からスポーツカーレースで活躍しており、1972年にスポンサーのマールボロの支援によりスポット参戦ながらフェラーリからF1デビューし6位入賞。 この年はスポーツカーレースを優先し、同年のスパ1000kmタルガ・フローリオなどを制した。

フェラーリ・312PBをドライブするメルツァリオ(1973年ニュルブルクリンク1000km)

1973年はフェラーリからF1にフル参戦。フェラーリからのイタリア人ドライバーのF1フル参戦としては、1967年シーズン中に事故死したロレンツォ・バンディーニ以来のことであったが、この年のフェラーリは1勝も挙げられないほどの低迷ぶりを見せ、同僚のジャッキー・イクスと共に悪戦苦闘を強いられる。結局最高位は2度の4位に留まり、チームとしても合計12ポイントしか獲得できないという惨憺たる結果に終わる。 このことについて当時のフェラーリ総帥だったエンツォ・フェラーリは、生前「彼にはすまない事をした」と語っている。

1974年からはフェラーリを離脱しフランク・ウィリアムズのチーム(フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ)から参戦。度重なるマシントラブルに泣かされたが、1974年の地元イタリアGPでは4位入賞を果たす。また1975年のイタリアGPのみ、指の骨折で欠場したウィルソン・フィッティパルディの代役としてフィッティパルディから出走した(11位完走)。

1976年はマーチから参戦するも、シーズン途中でウィリアムズに復帰。その復帰初戦となったドイツGPではニキ・ラウダの大事故に遭遇したが、ブレット・ランガーガイ・エドワーズハラルド・アートルらと共にラウダの救出にあたり、ラウダは顔面に大やけどを負ったものの一命を取り留めた。

自チームの設立[編集]

メルツァリオ
参戦年度 1977-1979
出走回数 38
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1977年スペインGP
最終戦 1979年アメリカGP
テンプレートを表示

1977年には自らがオーナーとなり、自チーム「チーム・メルツァリオ」を設立。初年度はマーチのシャーシを購入しての参戦だったが、完走は出走した7戦中1戦のみに終わる。また第12戦オーストリアGPのみ、自チームからではなくシャドウから出走している(決勝リタイア)。

チーム2年目となった1978年は、マーチのシャーシを改造し「メルツァリオA1」を制作。コンストラクターとして参戦したものの、16戦中完走ゼロ,予選落ち6回,予備予選落ち2回という散々な成績に終わる。またイタリアGPのみではあるが、アルベルト・コロンボを2台目として出走させている(メルツァリオ:決勝リタイア/コロンボ:予備予選落ち)。

1979年は、序盤4戦は前作の改良版「メルツァリオA1B」で参戦するも完走ゼロ(うち2回予選落ち)、その後新車「メルツァリオA2」を投入。またシーズン途中で撤退したカウーゼンからマシンパーツを買い取って「メルツァリオA4」も制作したが、A2を投入した第5戦以降全戦で予選落ちを喫してしまい、メルツァリオはチームと共にこの年をもってF1から退いた。なおこの年のモナコGPのみメルツァリオの代役として、カウーゼンのドライバーだったジャンフランコ・ブランカテリが出走した(予備予選落ち)。

しかし現在もモータースポーツへの情熱は衰えておらず、近年もスポーツカー選手権に参戦している。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1972年 フェラーリ 312B2 ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR
6
GER
12
AUT ITA CAN USA 20位 1
1973年 ARG
9
BRA
4
RSA
4
ESP BEL 12位 6
312B3 MON
Ret
SWE FRA
7
GBR NED GER AUT
7
ITA
Ret
CAN
15
USA
16
1974年 イソ・マールボロ (ウィリアムズ) FW ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
6
ESP
Ret
BEL
Ret
MON
Ret
SWE
DNS
NED
Ret
FRA
9
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
4
CAN
Ret
USA
Ret
17位 4
1975年 ウィリアムズ FW03 ARG
NC
BRA
Ret
RSA
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
SWE NED FRA GBR GER AUT NC
(31位)
0
FW04 ESP
Ret
フィッティパルディ FD03 ITA
11
USA
1976年 マーチ 761 BRA RSA USW
DNQ
ESP
Ret
BEL
Ret
MON
DNQ
SWE
14
FRA
9
GBR
Ret
NC
(26位)
0
ウィリアムズウルフ FW05 GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
DNS
CAN
Ret
USA
Ret
JPN
Ret
1977年 マーチ/メルツァリオ 761B ARG BRA RSA USW ESP
Ret
MON
DNQ
BEL
14
SWE FRA
Ret
GBR
Ret
GER
DNQ
NED
DNQ
ITA USA CAN JPN NC
(41位)
0
シャドウ DN8 AUT
Ret
1978年 メルツァリオ A1 ARG
Ret
BRA
DNQ
RSA
Ret
USW
Ret
MON
DNPQ
BEL
DNPQ
ESP
DNQ
SWE
NC
FRA
DNQ
GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
DNQ
NED
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
CAN
DNQ
NC
(34位)
0
1979年 A1B ARG
Ret
BRA
DNQ
RSA
DNQ
USW
Ret
NC
(34位)
0
A2 ESP
DNQ
BEL
DNQ
MON FRA
DNQ
A4 GBR
DNQ
GER
DNQ
AUT
DNQ
NED
DNQ
ITA
DNQ
CAN
DNQ
USA
DNQ

(key)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GRAND PRIX SPECIALエムオン・エンタテインメント、 2013年9月号、92 - 93頁。

関連項目[編集]