シャドウ・レーシング・カーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャドウ
参戦年度 1973 - 1980
出走回数 112
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 1
通算獲得ポイント 67.5
表彰台(3位以内)回数 7
ポールポジション 3
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1973年南アフリカGP
初勝利 1977年オーストリアGP
最終勝利 1977年オーストリアGP
最終戦 1980年フランスGP
テンプレートを表示

シャドウShadow Racing Cars)は、1973年から1980年までF1に参戦したアメリカ及びイギリスのコンストラクター。

活動歴[編集]

Can-AM[編集]

1974年Can-Amチャンピオンとなったシャドウ・DN4

1968年、チームオーナーのドン・ニコルズがカリフォルニアでアドバンスト・ヴィーグル・システムズ(Advance Vehicle Systems)を設立。「AVSシャドウ」の名でレーシングカーを製造し、北米のCan-AmシリーズやF5000に参戦した。Can-Amシリーズ用1号車のMk.Iは空気抵抗を減らすため超低車身と小径タイヤに挑戦したが、斬新なアイデアも不発に終わった。

1971年には石油会社UOP(Universal Oil Products)がスポンサーとなり、チーム名も「UOPシャドウ」に変更。1972年にはBRMからデザイナーのトニー・サウスゲイトが移籍する。1974年にはジャッキー・オリバーがCan-Amのチャンピオンとなるが、これはマクラーレンポルシェの両ワークスが撤退したことが関係していた。

F1参戦[編集]

エンバシー・レーシングのDN1(2008年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて)

1973年にはイギリス支部を設け、Can-Amと平行してF1にも参戦を始める。サウスゲイトがフォード・コスワース・DFVエンジン搭載マシン「DN1」を開発。フォルマーとジャッキー・オリバーの2台体制のほか、グラハム・ヒルが設立したエンバシー・レーシングへも1台を供給した。初戦南アフリカGPで6位入賞し、スペインGP(フォルマー)とカナダGP(オリバー)で3位表彰台を獲得するなど新興チームとしては好成績を収めた。

ドン・ニコルズのイニシャルがつけられたマシン、DNシリーズはフロント部分にラジエーターを配置した「チセル()ノーズ」が特徴であり、チーム名の「影」を象徴するような漆黒に塗られたマシンも個性的であった。

1974年はマクラーレンで前年2度優勝したピーター・レブソンをエースドライバーとして迎え入れたが、第3戦南アフリカGP直前のテスト中、サスペンショントラブルでレブソンが事故死するという悲劇に見舞われる。チームメイトのヨーロッパF2選手権チャンピオンジャン=ピエール・ジャリエモナコGPで3位を獲得。トークンから途中加入したトム・プライスも才能の片鱗をみせてチームを救った。

シャドウDN7に搭載されたマトラV12エンジン

1975年はジャリエが開幕2戦連続ポールポジションを獲得して周囲を驚かせた。しかし、アルゼンチンGPでは決勝レース前に故障し、ポールポジショングリッドに着けないという失態を演じた。プライスもイギリスGPでポールポジションを獲得するなど、予選ではたびたび上位進出するものの信頼性に乏しく、目ぼしい結果はオーストリアGPの決勝3位(プライス)のみであった。シーズン終盤の2戦ではマトラV12エンジンを搭載した改良型マシンを投入した。

シャドウはUOPからの豊富なスポンサーマネーで活動していたが、1976年にはUOPが撤退したため資金難に陥る。プライスが3位1回を含む全得点を稼いだが、ジャリエは無得点に終わった。

悲劇と初勝利[編集]

1977年、因縁の南アフリカGPで再び悲劇が起こる。この年から加入したレンツォ・ゾルジがトラブルでコース脇に停車。消火しようとコースを横切ったマーシャルが後続のプライスのマシンに撥ねられ死亡。プライスもマーシャルの消火器がヘルメットを直撃して死亡した(事故の詳細はトム・プライス#事故死を参照)。

プライスの後任として加入したアラン・ジョーンズはしぶとく入賞を重ね、第12戦オーストリアGPでは予選14位から快走し、自身とチームの初優勝を達成した。コンストラクターズポイントも23点とチーム創設以来の最高成績を収めた。

しかしその年の終わり、アラン・リース、ジャッキー・オリバー、トニー・サウスゲイトらチームの主要メンバーが離脱し、新コンストラクターアロウズを設立した。シーズン途中にデビューし、後にF1出場256戦という大記録を残すリカルド・パトレーゼもアロウズへ移籍した。

分裂から消滅へ[編集]

アロウズと訴訟問題になったシャドウDN9

1978年はベテランのクレイ・レガッツォーニハンス=ヨアヒム・スタックが加入し、サウスゲイトが残した「DN9」で走ったものの下位に沈み、決勝5位が最高成績だった。

サウスゲイトは「DN9」の図面をもとにアロウズのマシン「FA1」を製造したが、シャドウはこれをデザインの盗用であると訴え、法廷闘争に持ちこみ勝訴した(FA1は使用禁止)。この一件はマシンデザインの知的財産権を巡り1990年代後半から論争となる「コピーマシン問題」の先例となった。

1979年は若手のヤン・ラマースエリオ・デ・アンジェリスを起用したが、予選落ちを喫することもあった。最終戦で4位に入賞したアンジェリスは名門ロータスに引き抜かれた。

1980年香港の大富豪テディ・イップがスポンサーとなり、ステファン・ヨハンソンデビッド・ケネディジェフ・リース(後に日本のレース界で活躍する)らが出走したが予選落ちの常連となった。第5戦ベルギーGP後にイップがチームを買収。第7戦フランスGPをもってシャドウの名での活動を終え、マシンや施設などはセオドール(第二期)に引き継がれた。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1973年 UOP・シャドウ・レーシング・チーム
Embassy Racing (DN1)
DN1 G フォードDFV UOP ジョージ・フォルマー
ジャッキー・オリバー
グラハム・ヒル
ブライアン・レッドマン
8 0
1974年 UOP・シャドウ・レーシング・チーム DN1,DN3 G フォードDFV UOP ジャン=ピエール・ジャリエ
ピーター・レブソン
ブライアン・レッドマン
ベルティル・ルース
トム・プライス
8 0
1975年 シャドウ・レーシング・チーム DN3,DN5,DN7 G フォードDFV
マトラ
UOP,バルボリン ジャン=ピエール・ジャリエ
トム・プライス
6 0
1976年 シャドウ・レーシング・チーム
シャドウ・レーシング・ウィズ・タバティップ
Team PR Reilly (DN3B)
DN5B,DN8 G フォードDFV バルボリン ジャン=ピエール・ジャリエ
トム・プライス
マイク・ワイルズ
8 0
1977年 シャドウ・レーシング・チーム DN5B,DN8 G フォードDFV エルフ トム・プライス
レンツォ・ゾルツィ
アラン・ジョーンズ
リカルド・パトレーゼ
ジャッキー・オリバー
アルトゥーロ・メルツァリオ
ジャン=ピエール・ジャリエ
7 1
1978年 シャドウ・レーシング・チーム
インタースコープ・レーシング
DN8,DN9 G フォードDFV バルボリン クレイ・レガッツォーニ
ハンス=ヨアヒム・シュトゥック
ダニー・オンガイス
11 0
1979年 サムソン・シャドウ・レーシング・チーム
インタースコープ・シャドウ・レーシング・チーム
DN9 G フォードDFV バルボリン ヤン・ラマース
エリオ・デ・アンジェリス
10 0
1980年 シャドウ・カーズ
セオドール・シャドウ
DN11,DN12 G フォードDFV ステファン・ヨハンソン
デビッド・ケネディ
ジェフ・リース
- 0

エピソード[編集]

ドン・ニコルズと日本[編集]

チーム創設者のドン・ニコルズ (Don Nichols) は太平洋戦争後にアメリカ軍の軍人として来日。朝鮮戦争に従軍したのち、共産主義国工作活動を水際で食い止める隠密活動に従事した。退役後も日本に留まり、1960年代の日本の自動車レース黎明期に海外とのパイプ役として立ち回り、「ドンニコ」の愛称で親しまれた。

NASCARの交渉人として富士スピードウェイ建設計画の立ち上げに関わり[1]、コース設計のアドバイザーとしてスターリング・モスを招聘。サーキットの開業時にはジム・クラークの来日・試走を斡旋した。

また、レーシングカーやエンジン、タイヤ、オイルなどを輸入する代理人ビジネスで財を成した。1968年日本グランプリで優勝した日産・R381に搭載されたシボレーエンジンは、ニコルズの仲介によりムーン社がチューニングを施した。酒井正のマシンとして知られたデイトナ・コブラ(シャシーNo.CSX2300)も輸入している。

レーサーとしてもいすゞのワークスドライバーとして、1963年第1回日本グランプリベレルで出場し、同年の第1回ストックカーレースでは優勝している。1967年第4回日本グランプリでは「ロドニー・クラーク」名義でローラ・T70に乗り出走した。

なお、ニコルズはシャドウのメインスポンサーを探す際、アメリカの企業情報誌『Fortune 500』(日本の会社四季報のような書籍)に載っている企業名のAからアルファベット順に片っ端に電話をかけ、UOP石油に辿りついたという逸話を持つ。

コンストラクター名の由来[編集]

シャドウというコンストラクター名は、1930年代にアメリカのパルプコミックに連載されたダークヒーローものの漫画" The Shadow "を由来とする[2]。ニコルズは少年時代にこの作品を好み、オーソン・ウェルズが演じるラジオドラマも聴いていたという。チームのロゴマーク[3]は、黒マントにつば広帽子という漫画のキャラクターをモチーフにしていた。

脚注[編集]

  1. ^ JoeHondaReport2005inFujiSW - モータースポーツ写真家ジョー・ホンダのホームページ
  2. ^ 『CAR GRAPHIC 2012年5月号』、ニ玄社、2012年。
  3. ^ file:UOP Shadow logo.png

関連項目[編集]