セオドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドール
徳利賽車隊・香港
Theodore Racing
参戦年度 1978 , 1981 - 1983
出走回数 34
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1978年南アフリカGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1983年ヨーロッパGP
テンプレートを表示

セオドール中国語名:徳利賽車隊・香港英語名:Theodore Racing)は、1978年と、1981年から1983年までF1に、その後はF3CARTなどに参戦していたイギリス香港のレーシングチーム。F1時代の本拠地はイギリスにあった。

概要[編集]

徳利賽車隊のフォーミュラマシン
徳利賽車隊のF3マシン(アイルトン・セナ車)

チーム設立[編集]

オランダ植民地オランダ領東インド生まれで、当時イギリスの植民地であった香港を拠点として活躍していた東南アジア有数の大富豪で、複数の企業を経営する実業家テディ・イップ(本名:セオドール・"テディ"・イップ)は、1950年代から自らドライバーとしてマカオグランプリなどに参戦した。

その後自らが参戦するだけでは飽き足らず、マカオグランプリの主要運営メンバーとなったほか、同グランプリに「セオドール」の名を冠したF3などのレーシングチームのオーナーとしても参戦することになった。

F1参入[編集]

その後イップは、1974年にF1のエンサイン・チームに「セオドール」の名で同チームのメイン級のスポンサーとして参入した。さらに1978年には同チームを買収しオーナーとして1983年までF1に参戦した。

その他[編集]

F1活動停止後もマカオを拠点に、地元のマカオグランプリや、日本で行われた国際格式レースであるインターF3リーグインターTECなど、F3やツーリングカーレースに1990年代まで同名での参戦を継続し、マカオグランプリの強豪(名物)チームとしてアジアを中心にモータースポーツ界にその名を轟かせた。

なお、マカオグランプリにおいては、アイルトン・セナミカ・ハッキネンなど、その後F1でワールドチャンピオンとなる多くのドライバーがセオドールからエントリーしたため、F1撤退後もヨーロッパ南アメリカにおいてもその知名度は高かった。

アジア最初のF1チームオーナー[編集]

なおイップは、マカオの中心部に建てられた「マカオグランプリ博物館」に大きな展示コーナーを供されるなど、マカオグランプリの立役者として、そしてアジアで最初のF1チームのオーナーとして歴史にその名を留めることとなった。

F1における歴史[編集]

第1期[編集]

セオドール・TR1

参戦初年度の1978年のドライバーは、後にワールドチャンピオンとなるフィンランド人ドライバーのケケ・ロズベルグとアメリカ人のエディ・チーバーを揃えた。早くも同年にイギリスで行われた非選手権レースで、ロズベルグが優勝するなど幸先のいいスタートを飾る。しかし、このレース以外ではまともな成績を上げられず、途中からウルフ1977年型シャーシである「WR1」を購入して参戦を継続した。この年をもって一旦撤退しスポンサーとしての活動に戻る。

1978年[編集]

  • マシン:セオドールTR1・コスワース、ウルフWR1・コスワース
  • ドライバー:ケケ・ロズベルグ/エディー・チーバー

第2期[編集]

1980年シャドウにスポンサーとして参画したセオドールは後にチームを買収。1981年より再参入をし、評価の高い若手ドライバーを揃え2回の入賞をするものの、戦闘力が高くないことから優勝を飾ることはなく1983年をもってF1から撤退する。なお、4年間に合計51レースにエントリーし獲得ポイントは2点と、当時のプライベートチームとしては上々の結果であった。

1981年[編集]

1982年[編集]

1983年[編集]

所属ドライバー[編集]

F1[編集]

F3[編集]

関連項目[編集]