エンサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンサイン
参戦年度 1973 - 1982
出走回数 99
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 19
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
F1デビュー戦 1973年フランスGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1982年アメリカGP
テンプレートを表示

エンサインEnsign)は1973年から1982年までコンストラクターとしてF1に参戦していたイギリスのレーシングチーム。チーム代表はモーリス・ナン

F1参戦[編集]

2012年シルバーストン・クラシックでのN173

1973年、ドライバーのリッキー・フォン・オペルF3シャーシコンストラクターであったモーリス・ナン率いるエンサインにマシン製作を依頼しF1参戦を開始。この年はオペルの1カーで第8-10,12-15戦のみのエントリーであった。

1974年にテディ・イップ率いるセオドール・レーシングのスポンサードを受けた。しかしノーポイントに終わる。この年も第4,5,8-14戦のみのスポット参戦となった。

1975年は第9戦から新車N175を使用した。それまではN174を使用していたが、入賞は第11戦での6位1回のみであった。

1976年は2年落ちのマシンであるN174を第3戦まで使用。それ以降はN176に切り替えられた。開幕戦ブラジルGPと最終戦日本GPのみ欠場。

1976年から1977年にかけてボロというコンストラクターが参戦していたが、このチームのマシンは「エンサイン N175」をベースとしていた。

2007年のシルバーストンを走行するN177

1977年には、フェラーリからクレイ・レガッツォーニの移籍に伴い、彼の個人スポンサーであるティソットがチームへのスポンサードを開始。また、フル参戦も開始。

この年に投入された新車N177は、前年の車であるN176からマイナーチェンジしか施されていない。しかもこのマシンは1979年まで使用されることとなる。

この頃から資金難に悩まされていたチームはドライバーを頻繁に変えていくことになる。その中で1978年ドイツGPにスポット参戦したのは後の3度のワールドチャンピオンとなるネルソン・ピケだった。

1980年型N180

1980年にはレガッツォーニがウィリアムズからエンサインに復帰した。しかし、第4戦アメリカ西GPで、ブレーキペダルの折損による大クラッシュでレガッツォーニは下半身不随となってしまい引退してしまった。

1981年にチーム唯一となるファステストラップをマルク・スレールが記録した。

チームは1982年末にコンストラクターとして活動していたセオドールと合併し、1983年はセオドールとして参戦したが、セオドール自身も1983年いっぱいでF1から撤退してしまった。ちなみに、1983年向けに開発されていた「エンサイン N183」は名前を変え、セオドールから「セオドール N183」として使用された。

F1撤退後、アメリカチャンプカーに参戦した。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 獲得点数
1973年 チーム・エンサイン N173(MN01) F フォードDFV バルボリン リッキー・フォン・オペル -位 0
1974年 チーム・エンサイン N174 F フォードDFV バルボリン リッキー・フォン・オペル
ヴァーン・シュッパン
マイク・ワイルズ
-位 0
1975年 HBビウェイキング・チーム・エンサイン N174
N175
G フォードDFV バルボリン ロエロフ・ヴンデリンク
ジイズ・ファン・レネップ
クリス・エイモン
13位 1
1976年 チーム・エンサイン N174
N176
G フォードDFV バルボリン クリス・エイモン
ジャッキー・イクス
パトリック・ネーヴェ
ハンス・ビンダー
12位 2
1977年 チーム・ティソット・エンサイン・ウィズ・カストロール
* Theodore Racing Hong Kong(N177)
N177 G フォードDFV カストロール
フィナ
クレイ・レガッツォーニ
パトリック・タンベイ
ジャッキー・イクス
10位 10
1978年 チーム・ティソット・エンサイン
* Sachs Racing(N177)
* Mario Deliotti Racing(N177)
N177 G フォードDFV フィナ ダニー・オンガイス
ランベルト・レオーニ
ジャッキー・イクス
ジェフ・リース
デレック・デイリー
ハラルド・アートル
ネルソン・ピケ
ブレット・ランガー
13位 1
1979年 チーム・エンサイン N177
N179
G フォードDFV バルボリン デレック・デイリー
パトリック・ガイヤール
マルク・スレール
-位 0
1980年 ユニパート・レーシング・チーム N180 G フォードDFV ユニパート クレイ・レガッツォーニ
ティフ・ニーデル
ヤン・ラマース
-位 0
1981年 エンサイン・レーシング・チーム N180B M


A

フォードDFV バルボリン マルク・スレール
エリセオ・サラザール
11位 5
1982年 エンサイン・レーシング N180B
N181
M


A

フォードDFV バルボリン ロベルト・ゲレーロ -位 0

*枝がついているチームに車体を供給(括弧内に供給した車体の型番を記載)
*斜体になっているドライバーはスポット参戦など

脚注[編集]


関連項目[編集]