日本グランプリ (4輪)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本グランプリ(にほんグランプリ または にっぽんグランプリ、Japanese Grand Prix)は、日本で開催される自動車レースの名称である。国内自動車レース界における最高位のレース(グランプリ)とされる。

概要[編集]

国内ツーリングカー・スポーツカー時代[編集]

1962年に鈴鹿サーキットが完成し、1963年5月に「第1回日本グランプリ自動車レース大会」が開催された。このレースは日本における本格的な自動車レースの始まりとされる。第2回までは市販車を改造したツーリングカースポーツカーを中心に、排気量ごとにクラス分けして行われた。1966年の第3回大会より富士スピードウェイに舞台を移し、プロトタイプレーシングカー耐久レースとなり、「TNT(トヨタ日産タキ・レーシング)」のビッグマシン対決などの話題で盛り上がった。

1970年には日産が「排ガス対策の開発に集中したい」との理由から日本グランプリの参戦取り止めを発表。トヨタもそれに追随したため、日本自動車連盟(JAF)はこの年の日本グランプリ開催を断念。スポーツカーによる日本グランプリは終焉を迎える。

国内フォーミュラ時代[編集]

1971年から日本グランプリはフォーミュラカーレースとして再スタート。1973年からは全日本F2000選手権シリーズの1戦として開催された。1974年オイルショックの影響で中止になったが、1976年まで同形式で開催された。

F1世界選手権化[編集]

1976年には日本で初めてF1シリーズ戦が富士スピードウェイで開催されたが、F1日程決定時に既に全日本F2000選手権最終戦『日本グランプリ』が組み込まれていたため、F1日本グランプリではなく「F1世界選手権イン・ジャパン」と命名された。1977年は晴れて『F1日本グランプリ』として開催されたが、レース中に観客死亡事故が発生。この影響などにより、翌年からF1選手権日本ラウンドの開催は中断し、「日本グランプリ」を冠したレースは10年間行われなかった。

1987年からは鈴鹿サーキットで「フジテレビジョン 日本グランプリ」と題して再び開催されるようになった。日程的にシリーズ終盤に開催[1]されていたため、チャンピオン争いが佳境にあることが多かったことでドラマチックなレースが展開されることが多かった。ハッピーマンデー制度が導入された2000年以降は体育の日を含む三連休中にレースが行われることが多い[2]

1987年から鈴鹿サーキットで開催されてきたF1日本GPだったが、コースの安全性や施設の老朽化が問題となり、2005年に大幅なコース及び施設改修を行い近代的なサーキットに生まれ変わった富士スピードウェイが招致に名乗りを上げたこともあって、2007年からは30年ぶりに富士スピードウェイで開催されることとなった。

その後、鈴鹿サーキット側が2008年以降の鈴鹿での開催再開を熱望しFOMと交渉を続けていたが、2007年9月8日にFOM・鈴鹿サーキット・富士スピードウェイの三者が、2007・2008年は富士、2009年は鈴鹿で開催することを発表した。

2010年以降については、富士と鈴鹿で隔年開催の予定であった。これは、FIA(国際自動車連盟)が、ドイツやイタリアでのGPと同様にF1の開催を完全に1カ国1開催の原則を通し、新規開催国でのGPを増加させたい意向であることも背景にあると思われている。この状況下、2009年7月7日、富士が2010年の開催中止を発表した。それにより2010年の日本グランプリの開催については不透明な状況になったが、2009年8月23日、モビリティランド(鈴鹿サーキットの運営会社)が「2010年のF1日本GPを鈴鹿で開催する契約をFOM(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)と締結した」旨を発表した。これにより2010年と2011年のF1日本GPは鈴鹿で開催されることが正式に決定した。その後契約は2018年まで延長されている[3]

2007年3月にFOAのバーニー・エクレストン会長が「早ければ2008年からの日本グランプリは夜間開催にしたい」という意向を示した。これは、FOAとしては時差の関係で日本を含め、アジア・オーストラリアでの開催では、ヨーロッパでの放送が早朝帯となり低視聴率となることから、これを解消する為に、今後夜間開催を推進していく考えであるというものである。しかし、実施にあたっては、夜間照明設備の整備を行う必要や、安全面での問題が出てくるため、夜間開催実現にはまだ紆余曲折があるものと見られる。

過去の主な出来事[編集]

F1以前[編集]

1964年
GT-IIクラスにおいてプリンス・スカイラインGTポルシェ・904の日欧車対決が行われた。式場壮吉が駆るポルシェが優勝したが、生沢徹が駆るスカイラインGTが1周だけポルシェを抜いてトップを走行し、「スカイライン伝説」の始まりとなった[4]
1966年
プリンス・R380(1966年型)
鈴鹿から富士へ舞台を移して開催。国産初のプロトタイププリンス・R380砂子義一のドライブにより優勝。日産との合併が決まっていたプリンスが有終の美を飾った。
1969年
大排気量スポーツカー時代の頂上決戦。日産、トヨタのライバル対決に加えて、西ドイツからポルシェのワークスチームも参戦し、日産の黒澤元治が駆るR382が優勝した。

F1以降[編集]

★マークはドライバーズ・チャンピオン決定レース

1976年(F1世界選手権イン・ジャパン) ★
ニキ・ラウダのフェラーリ・312T2
1976年シーズンの最終戦としてF1が日本初上陸し、フェラーリニキ・ラウダマクラーレンジェームス・ハントとのチャンピオン決定戦となった。決勝当日の富士は豪雨に見舞われ、ラウダはコース状況が危険であるとして開始早々に自主リタイアしたが、その後天候は回復した。ハントは3位でフィニッシュし、わずか1ポイント差で逆転王座に輝くこととなった。また、予選1回目でコジマ・KE007に乗る長谷見昌弘がF1レギュラー陣を脅かす好タイムを記録。決勝では旧型ティレルを駆る星野一義が快走を見せ、一時は3位走行するも、用意していたタイヤを全て使い切ったため、レース半ばでリタイアした。
1977年
ロニー・ピーターソンのティレル・P34
富士での2回目のF1開催となったが、レース序盤にフェラーリのジル・ヴィルヌーヴがティレルのロニー・ピーターソンに追突してコースアウトを喫し、立入禁止区域にいた観客らを巻き込む死傷事故が発生した。主催者側が十分な利益を上げられなかったことなどもあり、日本GPはF1カレンダーから姿を消すことになった。
1987年
「F1最強エンジン」の名を得たホンダの地元である鈴鹿サーキットに舞台を移し、10年ぶりに日本グランプリが復活した。ウィリアムズ・ホンダのチームメイト、ネルソン・ピケナイジェル・マンセルのチャンピオン争いのかかる戦いであったが、予選中のクラッシュでマンセルが欠場し、戦わずしてピケの3回目のチャンピオンが決定した。レースではそれまで37レース勝利のなかったフェラーリが、ゲルハルト・ベルガーの力走により、2年ぶりの勝利を飾った。日本人初のF1フル参戦を果たした中嶋悟は6位入賞を果たした。
1988年
中嶋悟のロータス・100T
このレースまでにシーズン14戦13勝を挙げていたマクラーレン・ホンダのチームメイト、アイルトン・セナアラン・プロストの間でチャンピオンが争われた。ポールポジションのセナはスタートを大失敗したが、猛烈な追い上げでポジションを挽回。28周目にプロストをかわして優勝し、自身初のチャンピオンを獲得した。レース後、セナは「スプーンカーブで神を見た」と発言した。
また、マーチイヴァン・カペリが非力なNAエンジンを搭載しながらも、プロストを抜いて1周のみラップリーダーを記録した。
1989年
アイルトン・セナのマクラーレン・MP4/5
セナ対プロストの鈴鹿決戦第2幕。先行するプロストに対してセナが47周目のシケインで仕掛けたが、プロストが譲らず両者は接触。セナはトップチェッカーを受けたが、シケイン不通過により失格となり、プロストの3度目のチャンピオンが決まった。繰り上がり優勝となったアレッサンドロ・ナニーニは、これがF1唯一の勝利になった。
1990年
セナ対プロスト3度目の対決は、スタート直後の1コーナーでセナがプロストにぶつかり、両者リタイアでセナの2度目のチャンピオンが決定した(後にセナ自身が故意に衝突したと発言)。ベネトンがワンツー・フィニッシュを果たし、鈴木亜久里が母国で日本人として初の表彰台(3位)を獲得した。
1991年
セナとマンセルのチャンピオン争いとなったが、マンセルが10周目の1コーナーでコースアウトしてリタイアしたため、セナの2年連続3回目のチャンピオンが決定した。セナは最終ラップのゴール直前にチームメイトのベルガーを先行させ、勝利を譲った。この年限りで引退を表明していた中嶋はサスペンショントラブルのためリタイアした。
1993年
スポット参戦でF1デビューしたエディ・アーバインが、優勝したセナに周回遅れにされる際、素直に道を譲らなかったことでセナの怒りを買う。レース後、セナがアーバインへ直接クレームをつけにいき、乱闘寸前の口論となった。
1994年
激しい雨のため赤旗中断となり、2ヒート合計タイムで最終順位が決まった。ベネトンミハエル・シューマッハとウィリアムズのデイモン・ヒルとのチャンピオン争いは、ヒルが粘りの走りでタイムレースを制し、タイトル決定を最終戦へ持ち越した。
1996年
ヒルとジャック・ヴィルヌーヴのウィリアムズのチームメイト同士によるチャンピオン争いとなったが、37周目のホイール脱落によってヴィルヌーヴがリタイアし、ヒルの自身初のチャンピオンが決定した。ヒルは父グラハムとの史上初の父子二代チャンピオンとなった。
1998年
ミカ・ハッキネンとマクラーレン・MP4-13
マクラーレンのミカ・ハッキネンが独走優勝し、自身初のチャンピオンを獲得。ブリヂストンタイヤユーザーが初めてタイトルを獲得した。ハッキネンとは4ポイント差だったフェラーリのシューマッハはスタート前にエンジンストールし、最後方からの追い上げ中、リアタイヤのバーストによりリタイアした。
2000年
3年連続チャンピオンを目指すハッキネンとシューマッハが予選から最速タイムを出し合い、シューマッハが3年連続ポールポジションを獲得。決勝のスタートでトップに立ったハッキネンに対し、シューマッハは得意のピット作戦で形勢を逆転し、自身3度目かつフェラーリ移籍後悲願だったチャンピオンを獲得した。
2003年
チャンピオンに王手をかけたシューマッハに、マクラーレンのキミ・ライコネンが挑むレースとなった。雨の影響で予選14位と出遅れたシューマッハは我慢のレースを強いられ、辛うじて8位でフィニッシュして4年連続通算6度目のチャンピオンを決めた。
また、ヴィルヌーヴの欠場によりB・A・Rから急遽出場した佐藤琢磨は6位でフィニッシュし、チームのコンストラクターズ・ランキング5位獲得に貢献した。
2004年
グランプリ期間に入ってから接近した台風22号の影響で土曜日のセッションが全てキャンセルとなり、日曜日の午前中に2回の予選セッションを行い、午後に決勝レースを行うという、史上初の「ワンデイ・グランプリ」となった。
佐藤は同年のアメリカGPに続く母国での表彰台が期待されたが、チームメイトのジェンソン・バトンに先行され惜しくも4位に終わった。
2005年
予選ではトヨタが日本のコンストラクターとしては初めて日本GPのポールポジションを獲得。決勝は17番グリッドからスタートしたライコネンが激しい追い上げを見せ、最終ラップの1コーナーでジャンカルロ・フィジケラを抜いてトップに立つという劇的な勝利を収めた。
2007年
鈴鹿から富士へ移転してのF1開催は予選から降り続く雨に祟られ、サーキット内の道路陥没などにより観客輸送計画が破綻。被害を被った観客達がサーキット運営者を訴えるという不祥事を招いた。
2010年
悪天候のため土曜予選が順延され、2004年以来2度目の「ワンデイ・グランプリ」となった。決勝ではザウバー小林可夢偉がヘアピンで5度のオーバーテイクを連発し、7位に入賞した。
2011年
この年に発生した東日本大震災の影響で起きた、福島第一原子力発電所事故のよる放射能の悪影響を懸念する声がいくつかあったが、FOM会長のバーニー・エクレストン、日本人ドライバーの小林可夢偉鈴鹿サーキットランド広報である海野勝の3名が第10戦ドイツGPで記者会見を行い鈴鹿は「完全に安全」であること、日本GPは予定通り行うこと、エクレストンがチケット1500組3,000枚を用意して被災者を招待することなどが発表された。
中低速コーナーが連続する鈴鹿ではレース前、レッドブル・RB7が優勢と考えられていたがフリー走行が始まるとマクラーレンジェンソン・バトンが全3セッションのトップタイムを記録するなどマクラーレン・MP4-26の好調さが際立った。予選Q3の最初のアタックではマクラーレンの2台が1,2位を占め次にレッドブルの2台が続いていたが最終アタックでレッドブルセバスチャン・ベッテルがコース幅を目一杯使う渾身の走りを見せ、その後アタックしたバトンも更新を狙うがわずか0.009秒及ばずベッテルの3年連続ポールポジションが決定した。このポールポジションにより開幕から続くレッドブルの連続ポールポジションは15戦に伸びた。決勝ではバトンがスタートをうまく決めベッテルに並びかけるが、ベッテルの幅寄せにあい行き場を失ったバトンは3位に後退する。ベッテルは得意の逃げ切り体勢に入り、ハミルトンとの差を徐々に広げた。2位のハミルトンは急激にラップタイムが落ち、8周目にバトンにかわされるとピットインし、最初のタイヤ交換を行った。2位のバトンはタイヤの状態が良く、ベッテルとの差を詰めていった。ベッテルは19周目に2回目のピットイン。バトンも20周目にピットインし、ベッテルの鼻先でコースに復帰して先頭に立った。その後25周目から27周目までセーフティカーがはいるもののバトンがうまくタイヤを使いそのまま優勝。最終的に3位でフィニッシュしたベッテルはこの15ポイントで2011年のワールドチャンピオンが確定した。
2012年
予選4位からスタートした小林が、マクラーレンのバトンとの接戦を制し、自身初の3位表彰台を獲得。1990年の鈴木亜久里以来となる日本人ドライバーの母国GP表彰台を達成し、来場の観客から「カムイコール」を送られた。

過去の結果[編集]

1963年〜1976年[編集]

年度 サーキット ドライバー 優勝車 結果
1 1963年 鈴鹿 ピーター・ウォー ロータス・23コスワース 詳細
2 1964年 鈴鹿 マイケル・ナイト ブラバム・BT6 詳細
3 1966年 富士 砂子義一 プリンス・R380 詳細
4 1967年 富士 生沢徹 ポルシェ・906 詳細
  1968年 富士 北野元 日産・R381 詳細
  1969年 富士 黒澤元治 日産・R382 詳細
  1970年 中止
  1971年 富士 永松邦臣 コルト・F2000 詳細
  1972年 富士 ジョン・サーティース サーティース・TS15 詳細
  1973年 富士 黒澤元治 マーチ・722BMW 詳細
  1974年 中止
  1975年 富士 長谷見昌弘 スリーボンドマーチ 詳細
  1976年 鈴鹿 ジャック・ラフィット シェブロンB35BMW 詳細

※ 1967年までは「第○回日本グランプリ」と回数表記、以降は「'68日本グランプリ」のように年度下2桁表記となる。

F1日本グランプリ(1976年〜)[編集]

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 所属チーム 結果
1976年 10月24日 16 富士 マリオ・アンドレッティ ロータス 詳細
1977年 10月23日 17 富士 ジェームス・ハント マクラーレン 詳細
1978年 - 1986年は開催されず
1987年 11月1日 15 鈴鹿 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 詳細
1988年 10月30日 15 鈴鹿 アイルトン・セナ マクラーレン 詳細
1989年 10月22日 15 鈴鹿 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン 詳細
1990年 10月21日 15 鈴鹿 ネルソン・ピケ ベネトン 詳細
1991年 10月20日 15 鈴鹿 ゲルハルト・ベルガー マクラーレン 詳細
1992年 10月25日 15 鈴鹿 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ 詳細
1993年 10月24日 15 鈴鹿 アイルトン・セナ マクラーレン 詳細
1994年 11月6日 15 鈴鹿 デイモン・ヒル ウィリアムズ 詳細
1995年 10月29日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ ベネトン 詳細
1996年 10月13日 16 鈴鹿 デイモン・ヒル ウィリアムズ 詳細
1997年 10月12日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
1998年 11月1日 16 鈴鹿 ミカ・ハッキネン マクラーレン 詳細
1999年 10月31日 16 鈴鹿 ミカ・ハッキネン マクラーレン 詳細
2000年 10月8日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2001年 10月14日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2002年 10月13日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2003年 10月12日 16 鈴鹿 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 詳細
2004年 10月10日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2005年 10月9日 18 鈴鹿 キミ・ライコネン マクラーレン 詳細
2006年 10月8日 17 鈴鹿 フェルナンド・アロンソ ルノー 詳細
2007年 9月30日 15 富士 ルイス・ハミルトン マクラーレン 詳細
2008年 10月12日 16 富士 フェルナルド・アロンソ ルノー 詳細
2009年 10月4日 15 鈴鹿 セバスチャン・ベッテル レッドブル 詳細
2010年 10月10日 16 鈴鹿 セバスチャン・ベッテル レッドブル 詳細
2011年 10月9日 15 鈴鹿 ジェンソン・バトン マクラーレン 詳細
2012年 10月7日 15 鈴鹿 セバスチャン・ベッテル レッドブル 詳細
2013年 10月13日 15 鈴鹿 セバスチャン・ベッテル レッドブル 詳細
2014年 10月5日 15 鈴鹿 詳細

※ 1976年は「F1世界選手権・イン・ジャパン」の名称で開催。

冠スポンサー[編集]

日本グランプリの冠スポンサーは、鈴鹿初開催の1987年から2009年までフジテレビジョンが務め、1つのグランプリの連続契約年数でF1史上最も長いパートナーシップだったが、2010年は金融危機に発する経済不況等の為、冠スポンサーを降りる事になった。

歴代グリッドガール一覧[編集]

このフジテレビで放送される日本グランプリをPRする“グリッドガール”が存在していた。毎年オーディションで選出され、その中からグランプリと準グランプリを選出しプロモーション活動を行っていたが、2008年と2009年はその位置付けが行われなかった。

なお、開催当日は下記のメンバーに加え、さらに十数名のグリッドガールがレースに参加していた。

脚注[編集]

  1. ^ これは日本の天候が良い10月に開催を希望している事情による。10月10日前後、11月3日などは晴れの特異日として知られている。尚、10月は同じ日本で、世界ラリー選手権(WRC)ラリージャパン世界ツーリングカー選手権(WTCC)レースオブジャパンも開催されるため、FIA(国際自動車連盟)主催のモータースポーツイベントが同じ月・同じ国で3度行われる事となる。
  2. ^ 2013年のF1スケジュールにおいては当初10月6日に設定されていたが、体育の日を含む三連休内の開催(10月13日)変更となった。
  3. ^ F1日本GP、2012年も鈴鹿での開催が決定. F1-Gate.com. (2011-03-08). http://f1-gate.com/japan_gp/f1_11018.html 2011年3月9日閲覧。. 
  4. ^ "スカイライン伝説の始まり". 日産自動車.(2012年12月12日)2013年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

F1日本グランプリ - 鈴鹿サーキット