クリス・エイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・エイモン
AmonChris19730706.jpg
基本情報
フルネーム クリストファー・アーサー・エイモン
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 同・ブルズ
生年月日 1943年7月20日(70歳)
F1での経歴
所属チーム レッグ・パーネル, RP,
イアン・ラビー, クーパー,
フェラーリ, マーチ,
マトラ, テクノ
ティレル, エイモン,
BRM, エンサイン,
ウィリアムズ
活動時期 1963 - 1976
出走回数 97
優勝回数 0
通算獲得ポイント 83
表彰台(3位以内)回数 11
ポールポジション 5
ファステストラップ 3
初戦 1963年モナコGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1976年カナダGP
タイトル -
テンプレートを表示

クリストファー・アーサー・エイモンChristopher Arthur Amon[1], 1943年7月20日 - )は、ニュージーランドの元レーシング・ドライバー1966年ル・マン24時間レース優勝者。

一般にクリス・エイモンChris Amon)として知られる。

人物紹介[編集]

ブルース・マクラーレンデニス・ハルムと共に、広く名を知られたニュージーランド人レーサー。1966年のル・マン優勝もマクラーレンと組んでのものだった。

F1では当時最年少記録でデビュー、「未来のチャンピオン候補」とまで呼ばれたにもかかわらず、ついに1勝も挙げることはできなかった(非選手権レースでは優勝経験がある)。ポールポジション(PP):5回、リーダーラップ(トップ走行での周回数):183周は、いずれもF1未勝利ドライバー最多であり、「勝てそうで勝てなかったドライバー」の筆頭とも称される。

低迷期のフェラーリを支えたドライバーでもあり、当時のフェラーリのエンジニアであったマウロ・フォルギエリは、「自分が一緒に仕事をしたドライバーの中では、エイモンが一番速かった」と評している。

キャリア[編集]

F1前・F1初期[編集]

ブルズ[1]の農家に生まれ[2]、13歳より国内を中心にレース活動を開始。一定の活躍後、ローラのプライベーター使用だったレッグ・パーネルチームより誘いがかかり、1963年にF1デビュー。まだ19歳であり、当時の最年少記録として話題となったが、マシンの戦闘力は高いとは言えず入賞なしに終わる。

1963年第9戦メキシコGPより、ロータスのプライベーター使用であるレッグ・パーネルに移籍、翌1964年第2戦オランダGPで5位に入り、初入賞を記録。しかし、以後は苦戦を強いられ、同年の入賞は1回となった。

1965年1966年にはチームを転々。それぞれ3戦・2戦のみの参戦に留まり、入賞も記録していない。

フェラーリ時代[編集]

1967年[編集]

前年のル・マン優勝などを評価され、1967年にフェラーリのワークス・チームに移籍。ここで一気に才能を花開かせることとなる。

フェラーリチームとしての初戦となった第2戦モナコGPでは、予選14位から追い上げ3位入賞[3]。シーズン当初はセカンドドライバー(エースはバンディーニ)の一人であったが、バンディーニの死によってチームの期待を一身に担うこととなり、その期待に応えるように連続入賞を重ねた。

最終的には4度の3位表彰台を含む、6度の入賞でランキング4位。「次世代のチャンピオン候補」との評価を得る。

1968年[編集]

1968年オランダGP

1968年には、第2戦スペインGPで初のPPを獲得。スタートで後退した後、16周目に首位に返り咲くが、残り20周余りとなった58周目に、燃料ポンプのトラブルでリタイヤ。

第3戦モナコGPを欠場後、第4戦ベルギーGP・第5戦オランダGPと連続PPを獲得、再び才能の片鱗を見せた。しかし、ベルギーGPでは2周目以降ジョン・サーティースに首位を奪われ、8周目にはラジエターのトラブルでリタイヤ。オランダGPでは、1周もリーダーラップを記録しないまま5位に終わっている。

その後も予選では2位・3位などの高位置につけるが、決勝ではリタイヤなどで結果を出せず、勝利に手が届かないレースが続いた。第7戦イギリスGPでは、予選3位から中盤よりジョー・シフェールの背後でレースを展開したが、そのまま抜けず2位でチェッカーを受けている。

予選では前年以上に飛躍したものの、決勝では2位・4位・6位各1回の3度の入賞に留まり、ランキングも10位に留まる。この年新たに加入したジャッキー・イクスが、安定した走りで1勝を挙げたのに対し、速さでは同等・もしくはそれを上回る場面を見せながら、対照的な成績しか残せなかった。

1969年[編集]

1969年のニュルブルクリンク1000kmでフェラーリ・312Pをドライブするエイモン

1969年もフェラーリから参戦。この時期フェラーリは資金難であり、1969年はエイモン1台のみのエントリーであった。第2戦スペインGPでは、ヨッヘン・リントのリタイヤ後に首位に立ち、2位のジャッキー・スチュワートを約40秒突き放し独走。しかし残り24周となった57周目、エンジンが壊れストップ、またも初優勝はお預けとなった。

この年はフェラーリV12エンジンの信頼性が低く、6戦中5戦リタイヤという成績であった。ランキングは、3位1回による4ポイントで最終的に12位と更に低迷した。チームは1970年からは新しい水平対向12気筒エンジンで臨む事になっていたが、エイモンはこれ以上フェラーリチームに残る事を選ばず、フェラーリを駆るのはこの年で最後となった[4]

またこの年は、タスマン・チャンピオンシップ(V6タスマンディーノ)に参戦し、4勝でチャンピオンを獲得している。

マーチ時代[編集]

1970年[編集]

1970年はマーチから参戦。マーチにはジャッキー・スチュワートが加入すると思われていたが、最終的にシートを得たのはエイモンだった。

第4戦ベルギーGPではペドロ・ロドリゲスとトップ争いを展開、初のファステストラップ(FL)を記録するが、5周目以降は前に立てず、約1秒差の2位でフィニッシュ。これを含め、2位2回・3位1回・4位1回・5位2回の成績で、ランキングは7位。この年も初優勝は適わなかった。

マトラ時代[編集]

1971年[編集]

1971年よりマトラに移籍し、非選手権レースのアルゼンチンGPで優勝を決める[2][5]。第9戦イタリアGPでは3年ぶりとなるPPを獲得。決勝では6台による激しいトップ争いの末、エイモンが頭一つ抜け出すが、ヘルメットのシールドが外れるという信じがたい悲運[6]に見舞われ、6位に終わっている。

シーズンを終われば、入賞は3位1回・5位2回・6位1回の計4度であり、ランキングも9位と低迷した。

1972年[編集]

1972年もマトラに残留し、第5戦ベルギーGP終了時で2度の6位・1FLを記録。続く第6戦フランスGPにてPPを獲得、決勝でもスタートからトップを走るが、20周目にタイヤがパンク。その後、FLを出す走りで追い上げるが3位となり、またしても初優勝はならなかった。第10戦イタリアGPでは、予選2位からのスタートだったが、リタイアに終わっている。

この年の最終成績は、3位1回・4位1回・5位1回・6位3回であり、ランキングは前年同様9位だった。

1973年以後[編集]

前年をもってマトラがF1を撤退、以後は戦闘力が高いとは言い難いチームからの参戦が続くこととなる。1973年はテクノから5戦、ティレルから2戦に参戦したが、入賞は第5戦ベルギーGPの6位のみだった。フェラーリの中では、1974年のドライバーとしてエイモンを再度起用するというプランもあったが、結局実現しなかった。

1974年にチーム「エイモン」を設立。オーナー兼ドライバーとして参戦するが、マシンは戦闘力に欠けており、参戦した4戦中リタイヤ1回・DNS(予選は通過したが決勝を未走行)1回・予選落ち2回と、一度も完走出来なかった。資金も底を突き、第13戦イタリアGPをもって撤退、終盤2戦はBRMから参戦するも、最高位9位に終わった。

エンサイン時代のエイモン(1976年イギリスグランプリ

1975年はエンサインから2戦に出走したが、どちらも決勝は12位。1976年も引き続きエンサインから参戦し、第4戦スペインGPでは5位入賞。3年ぶりのポイント獲得となった。また、第7戦スウェーデンGPで予選3位、第9戦イギリスGPで予選6位につけるなど、下位チームながら時折存在をアピールしていた。

しかし、第10戦ドイツGPにおけるニキ・ラウダの事故に衝撃を受け、チームを離脱。第14戦カナダGPでは、ウィリアムズから1戦のみ復帰し予選を通過したが、決勝は走行しなかった。結局、この年をもってエイモンはレースキャリアを終えた。

引退後は母国に帰国し、家業の農業を継いでいる。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1963年 レグ・パーネル・
レーシング
ローラ Mk4A クライマックス V8 MON
DNS
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
7
GBR
7
GER
Ret
ITA
DNS
USA 18位
(NC)
0
ロータス 24 BRM V8 MEX
Ret
RSA
1964年 レグ・パーネル・レーシング ロータス 25 BRM V8 MON
DNQ
NED
5
BEL
Ret
FRA
10
GBR
Ret
GER
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
16位 2
クライマックス V8 AUT
Ret
ITA
1965年 レグ・パーネル・レーシング ロータス 25 BRM V8 RSA MON BEL FRA
Ret
GER
Ret
ITA USA MEX 32位
(NC)
0
イアン・ラビー・レーシング ブラバム BT3 BRM V8 GBR
DNS
NED
1966年 クーパー・カー・カンパニー クーパー T81 マセラティ V12 MON BEL FRA
8
GBR NED GER 23位
(NC)
0
クリス・エイモン ブラバム BT11 BRM V8 ITA
DNQ
USA MEX
1967年 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 312 フェラーリ V12 RSA MON
3
NED
4
BEL
3
FRA
Ret
GBR
3
GER
3
CAN
6
ITA
7
USA
Ret
MEX
9
5位 20
1968年 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 312 フェラーリ V12 RSA
4
ESP
Ret
MON
BEL
Ret
NED
6
FRA
10
GBR
2
GER
Ret
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
10位 10
1969年 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 312 フェラーリ V12 RSA
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
NED
3
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
ITA
CAN
USA
MEX
12位 4
1970年 マーチ・エンジニアリング マーチ 701 フォード V8 RSA
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
2
NED
Ret
FRA
2
GBR
5
GER
Ret
AUT
8
ITA
7
CAN
3
USA
5
MEX
4
8位 23
1971年 エキップ・マトラ・スポーツ マトラ MS120B マトラ V12 RSA
5
ESP
3
MON
Ret
NED
Ret
FRA
5
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
ITA
6
CAN
10
USA
12
11位 9
1972年 エキップ・マトラ・スポーツ マトラ MS120C マトラ V12 ARG
DNS
RSA
15
ESP
Ret
MON
6
BEL
6
GBR
4
10位 12
マトラ MS120D FRA
3
GER
15
AUT
5
ITA
Ret
CAN
6
USA
15
1973年 マルティニ・レーシング テクノ PA123/6 テクノ F12 ARG
BRA
RSA
ESP
BEL
6
MON
Ret
SWE
FRA
GBR
Ret
NED
Ret
GER
AUT
DNS
ITA
21位 1
エルフ チーム・ティレル ティレル 005 フォード V8 CAN
10
USA
DNS
1974年 クリス・エイモン・レーシング エイモン AF101 フォード V8 ARG
BRA
RSA
ESP
Ret
BEL
MON
DNS
SWE
NED
FRA
GBR
GER
DNQ
AUT
ITA
DNQ
30位
(NC)
0
チーム・モチュール BRM BRM P201 BRM V12 CAN
NC
USA
9
1975年 HBビウェイキング・チーム・エンサイン エンサイン N175 フォード V8 ARG
BRA
RSA
ESP
MON
BEL
SWE
NED
FRA
GBR
GER
AUT
12
ITA
12
USA
33位
(NC)
0
1976年 チーム・エンサイン エンサイン N174 フォード V8 BRA
RSA
14
USW
8
ESP
5
18位 2
エンサイン N176 BEL
Ret
MON
13
SWE
Ret
FRA
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
NED
ITA
フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ ウィリアムズ FW05 CAN
DNS
USA
JPN

補足[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b Chris Amon ドライバー”. ESPN F1. 2013年5月1日閲覧。
  2. ^ a b Chris Amon Profile”. Grandprix.com. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ ただしこのレースは、エースのロレンツォ・バンディーニが他界したGPでもあり、手放しで喜べる状態ではなかった。
  4. ^ しかし、皮肉な事にこの水平対向12気筒エンジンにより翌年からのフェラーリは躍進する事となる。
  5. ^ オートスポーツ』 1976年11月15日号、80頁。
  6. ^ 『F1 RACING日本版』(三栄書房) 2009年10月情報号、88頁。

関連項目[編集]

スポーツのタイトル
先代:
ヨッヘン・リント
マステン・グレゴリー
ル・マン24時間優勝
1966 with:
ブルース・マクラーレン
次代:
ダン・ガーニー
A.J.フォイト